夢ナビWebセレクション

神戸大学 経済学部の教員による講義

関心ワード
  • 経済学、
  • 煙草(タバコ)、
  • 税金、
  • がん、
  • 健康、
  • 年金、
  • 政府、
  • 寿命、
  • 社会問題、
  • 医療費

当たり前の論理から、アッと驚く結論を導き出す経済学

タバコは体に悪い、だからタバコ税を上げる

 タバコは、健康を害する可能性が高いと言われます。確かにタバコを吸うと酸素を取り込む能力が低下し、長年吸い続けると肺がんや食道がん、舌がんになるリスクが高まります。また毛細血管が機能しなくなるため、歯肉が悪くなって歯がボロボロになるなどします。若い頃からずっとタバコを吸っている人は、平均寿命が5年ぐらい短くなると言われています。これほど健康に悪いタバコなのですから、その税金を上げれば吸う人も減るでしょう。

タバコ税を増税すれば「一石三鳥」?

 タバコ税を上げれば、税収が増えます。日本政府は税収不足で困っているのだから、少しでも税収が増えるのはとてもよいことです。タバコを吸う人が減れば、健康を害する人も減るでしょう。元気な人が増えれば、医療費も抑えられるはずです。つまりタバコ税増税は「一石三鳥」の政策に思えます。でも、本当にそうでしょうか?
 健康を害する人が減り、寿命が伸びると年金の支給額が膨らみ、政府の財政に悪影響を及ぼすでしょう。健康な人でも死ぬ直前には、何らかの形で医療費がかかります。ですから、タバコの害による医療費は減るけれども、ほかの医療費が増えるのです。ある経済学者がタバコ税増税の影響を計算したところ、トータルではプラスマイナス変わらずとなりました。

増税により犯罪が増えるリスクもある!

 タバコ税増税には別の問題を引き起こす危険性もあります。偽造タバコです。増税によりタバコの値段が上がると、印紙を偽造してニセモノのタバコを作っても「割に合う」可能性が出てくるのです。実際に偽造タバコは、ヨーロッパでマフィアの資金源となり、社会問題化しています。偽造タバコが出まわれば、正規のタバコの売上が減り、税収は減るばかりです。しかも反社会的な勢力の資金が増えることになり、社会には悪影響をもたらします。経済学の考え方を使って、一歩先を考えると、こうした結果を見通すこともできるのです。

参考資料
1:経済学とは
この学問が向いているかも 理論経済学、ミクロ経済学


経済学部  教授
芦谷 政浩 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 経済学は、どんな学問だと思いますか。もしかすると「お金儲けをするための学問」とか、「会社が儲かる方法を研究する学問」と受け止めている人がいるかもしれません。実は経済学は、「みんなが豊かに暮らす方法を考える学問」なのです。もちろん、誰もが豊かに暮らすためには、たくさん給料をもらう必要がありますし、そのために会社は利益を出さなければなりません。けれども、ほかにも考慮すべきことがたくさんあるのです。ぜひ経済学部で一緒に、経済と世の中の仕組みについていろいろなことを学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 大学で受講したミクロ経済学の講義が、とても面白かったことから経済学の研究を始めました。特に面白かったのが、「『政府は人々の頭の中身を覗くことができない』という一見当たり前の事実が、旧ソ連や東ヨーロッパ諸国の経済崩壊をもたらした」という話でした。ほかにも「弱者を助けるために制定された借地借家法が、ファミリー向け賃貸住宅の供給不足を生み出した」という話や、「東京ディズニーランドで園内のアトラクションが乗り放題なのは、それが一番儲かるから」という話など興味深いテーマがたくさん出てきたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公認会計士/国税専門官/国家一般職/機械メーカー営業/住宅内装メーカー総務/鉄道会社総務 など

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.