夢ナビWebセレクション

神戸大学 経済学部の教員による講義

関心ワード
  • 平等、
  • 民主主義、
  • 税金、
  • 経済学、
  • 金持ち、
  • 年収、
  • 社会、
  • 経済、
  • 東京都

みんなが豊かに暮らす方法を経済学的に考えると、どうなる?

平等な社会って、どんな社会?

 社会Aは、年収10億200万円のお金持ちが1人、年収ゼロの人が1人、残りの庶民は年収200万円です。社会Bは、年収10億円のお金持ちが1人、残りは年収200万円の庶民です。社会Aのお金持ちから200万円税金をとって、年収ゼロの人に配ると社会Bになるわけです。社会Cは、年収10億200万10円のお金持ちが1人、残りは庶民が1億人で全員年収200万円です。社会Cでお金持ちから10億円を税金として徴収し、1億人の庶民に配ると全員が平等に200万10円になります。これでみんなが平等だから「よい」社会になったと言えるのでしょうか。

民主主義の意外な盲点

 民主政治では庶民に支持される政策が実現します。だから社会Cで「お金持ちから税金をとって、みんなに分配します」と主張する政治家がいれば、その人が当選する可能性は高いでしょう。そうなると、お金持ちから10億円もの税金をとって、みんなに分配するような社会が実現することもありえます。実はこれと似たようなことが、日本では行われてきました。東京がしっかり稼いだ分を政府が税金として吸い上げ、地方に分配してきたのです。その結果、東京の力は衰退し、アジアの中心は東京を離れてシンガポールや上海に移ってしまったのです。

「機会の平等」と「結果の平等」

 富の分配に関して経済学には、「機会の平等」と「結果の平等」という2つの考え方があります。人生には運不運があるのだから、不運な人には社会が手を差し伸べて、みんなが平等になるべきだと考えるのが「結果の平等」です。
 一方で、お金持ちになるならないは、個人の努力によるはずであり、みんなが同じスタートラインから出発して差がつくのなら、それは認めるべきではないかというのが「機会の平等」の考え方です。2つの考え方のどちらかが正解というわけではありません。どちらをどれだけ重視するのかを考え、みんなが豊かになる案を作るのが経済学の重要な役割なのです。

参考資料
1:経済学とは
この学問が向いているかも 理論経済学、ミクロ経済学


経済学部  教授
芦谷 政浩 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 経済学は、どんな学問だと思いますか。もしかすると「お金儲けをするための学問」とか、「会社が儲かる方法を研究する学問」と受け止めている人がいるかもしれません。実は経済学は、「みんなが豊かに暮らす方法を考える学問」なのです。もちろん、誰もが豊かに暮らすためには、たくさん給料をもらう必要がありますし、そのために会社は利益を出さなければなりません。けれども、ほかにも考慮すべきことがたくさんあるのです。ぜひ経済学部で一緒に、経済と世の中の仕組みについていろいろなことを学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 大学で受講したミクロ経済学の講義が、とても面白かったことから経済学の研究を始めました。特に面白かったのが、「『政府は人々の頭の中身を覗くことができない』という一見当たり前の事実が、旧ソ連や東ヨーロッパ諸国の経済崩壊をもたらした」という話でした。ほかにも「弱者を助けるために制定された借地借家法が、ファミリー向け賃貸住宅の供給不足を生み出した」という話や、「東京ディズニーランドで園内のアトラクションが乗り放題なのは、それが一番儲かるから」という話など興味深いテーマがたくさん出てきたのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

公認会計士/国税専門官/国家一般職/機械メーカー営業/住宅内装メーカー総務/鉄道会社総務 など

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.