夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.05032

規制緩和を受け、さまざまな道を模索するバス

タクシーのようなバスの登場

 2002年の規制緩和以降、バス会社は交通手段に乏しい地域の路線を維持するため、さまざまな手法を模索し始めました。そのひとつが利用者の必要に応じて路線外も走行する、タクシーのような乗合バスです。降車の際に寄り道をすることは以前からありましたが、事前に連絡を受けることである程度、乗車時刻や乗車地点の要求にも応じるようになり、使い勝手をよくしたのです。そのために進められたのがバスの小型化で、輸送力を落とす代わりにルートや停車場所の融通が利くようになりました。また少し遅れてタクシー業界も乗合タクシーを導入し、現在では両者が入り交じった状態で運行されています。

規制緩和の弊害

 運行上、最も難しいのが輸送の効率を上げることです。病院などを別にすれば同時間、同方向に行く人を乗り合わせさせるのは難しく、その点が課題となっています。運賃を既存のバスよりやや高めに設定し、地方自治体から補助金も充てられていますが、各会社とも利益を出すのに四苦八苦しているのが現状です。また配車トラブルを避けるために事前登録制を採っている地域も多く、ハイキングや観光目的の利用者を取り込めないという欠点もあります。

都市部での試み

 都市部では主要道路や行き先の限られた山村部以上に人の動きが読みにくく、タクシーのようなバスの導入には基本的に慎重です。代わりに導入されつつあるのが、急行バスです。ブラジルやヨーロッパの一部でも運行されていますが、東京ディズニーリゾートと北部の駅を結ぶ「環七シャトルバス」など、日本でも急行バスが増えつつあります。専用道路こそありませんが、路面電車や地下鉄と違い用地買収の必要がなく、PTPS(公共車両優先システム)を利用すれば信号での停車時間も短いため、既存のバスよりもスピードに優れています。急行バスをそのまま導入しているところはまだ少ないですが、ノウハウを応用した高速バスは増えており、利用者の交通選択肢が広がっていると言えるのです。

参考資料
1:日本の乗合パス補助のイメージ
2:飯田市のデマンド型乗合タクシー

この学問が向いているかも 交通経済学、都市交通論

東京海洋大学
海洋工学部 流通情報工学科 教授
寺田 一薫 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 自分に好きなものがあるならば、それを学べる大学・学部を選ぶべきです。好きなものの方がいい研究ができますし、好きな仕事に就くチャンスに繋がるからです。逆に関心のあるものが見つからない場合、例えば1人で旅行をするのはどうでしょう。気の向くまま、電車やバスに乗って終点まで行くのです。日本か治安のいい外国の、できたら観光地ではなく、人が生活している集落が望ましいです。知らない土地で暮らしている人の生活を見ることは刺激を受けますし、必ず面白いもの、興味のあることが見つかるでしょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から電車とバスが好きでした。中学・高校時代、漢字や英単語を覚えるのは苦手でしたが、駅やバス停の名前はすぐ覚えました。
 大学は商学部に入学し、3年生のとき、たまたま「交通論」という電車に関係のありそうなゼミに軽い気持ちで入ったのですが、想像とは大違いで、あまり好きではなかった経済学の基礎をみっちり仕込まれました。ところが半年くらいして、その経済学を面白く感じるようになったのです。勉強していて、「面白いな」と感じたのは初めてのことでした。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

自動車メーカー技術職、物流会社商品開発、倉庫会社システム開発、商社事務、リース会社事務、化学・住宅メーカー事務、鉄道会社プロフェッショナル職、パソコン量販店営業、地方公務員産業誘致、私立大学事務、タンカー会社船舶職員

大学アイコン
寺田 一薫 先生がいらっしゃる
東京海洋大学に関心を持ったら

 東京海洋大学は、全国で唯一の海洋にかかわる専門大学です。2大学の統合により新しい学問領域を広げ、海を中心とした最先端の研究を行っています。海洋の活用・保全に係る科学技術の向上に資するため、海洋を巡る理学的・工学的・農学的・社会科学的・人文科学的諸科学を教授するとともに、これらに係わる諸技術の開発に必要な基礎的・応用的教育研究を行うことを理念に掲げています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる