夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.04825

子どもとふれあう、教師という仕事のやりがい

毎日忙しい小学校の教師

 小学校の教師は、あわただしい毎日を送っています。教材研究やテストの採点など、勉強に関することばかりではなく、小学校では給食の時間や子ども同士のケンカ、休み時間中のケガなど、さまざまな場面で子どもたちは先生を必要としています。忙しくても、教師の心までなくしてしまってはいけません。教師になりたいと思った時の初心をいつまでも忘れないことです。

なぜ高学年になると手を挙げなくなるの?

 例えば、国語の授業で、「このときの<ごんぎつね>はどんな気持ちだったのでしょう?」と、子どもたちに意見を求めます。子どもたち一人ひとりの目の置き所や関心の赴くところは違います。それでも、指導時間は限られているので、個々の意見を聞きながらも、結果としては、指導書に書かれている通りの、「定型模範解答」を教える(覚えさせる)、ということになりかねません。そのため、低学年の教室では、活発に意見を発表する姿がよく見られますが、学年が上がるにつれて、自分の考えを発表する子どもの数が減ってきます。「自分で考える」、という姿勢から、まとめの「模範解答を覚える」、という姿勢に、知らず知らずのうちに変わっていくのです。これからの国語教室では、「自分で考え(思考力を鍛え)」、「一人ひとりの子どもたちの感性を伸ばす(感じる心を育てる)」授業づくりが期待されています。

子どもたちを観察しよう

 生活科の授業で野外観察をしたとき、手を泥だらけにして土を掘り、嬉々として虫を見つけたものの、それをうまくまとめられない(絵や文に表すことが苦手な)子どももいれば、野外観察は消極的だが、あとで図鑑の虫の絵を見て上手にまとめてしまう、そんな子どももいます。子どもの様子をよく見ていないと、教師自身が子どもをほめ損なうことになります。子どもたちの、いろいろな思いや行動に寄り添い、ほんの一瞬ですが、子どもたちの人生に伴走できるのも教師の喜びの一つです。

先生ってすばらしい~子どもの言葉に学ぶ~

夢ナビライブ2018 大阪会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 初等教育学

太成学院大学
人間学部 子ども発達学科 教授
佐々木 豊 先生

先生の著書
メッセージ

 私の好きな言葉は「夢は叶う」です。太成学院大学で、「先生になりたい」という、あなたの夢を実現させませんか? 小学校の先生、幼稚園の先生、保育園の保育士。ここに来れば、「子どもたちと共に学び合いたい」という、あなたの夢が叶います。私はあなたの夢を精一杯支援します。夢は必ず叶います。
 私は、子どもたちのつくる詩について研究しています。子どもの表現は、うれしいことも悲しいことも、うわべの心ではなく、本当の心で輝いています。明日という日に希望を与えてくれます。一緒に、子どもの詩を学びましょう。

先生の学問へのきっかけ

 小学生の頃、担任の先生に憧れていました。その先生は放課後、教室で詩集や文集を謄写版で印刷していました。私はその手伝いがうれしかったのです。中学生の時、まだ若い先生が担任になりました。休みの日にその先生の家に行ってレコードを聴かせてもらったりしました。高校では国語の先生の授業に憧れ、授業に夢中になりました。大学では、子どもの詩を研究している恩師と出会いました。小学校から大学まで、ずっとずっと教師に憧れ、自分も子どもをこんなにひきつける教師になりたい、そんな憧れが私を教師の道に導いてくれたのです。

大学アイコン
佐々木 豊 先生がいらっしゃる
太成学院大学に関心を持ったら

 7月24日(水)にインテックス大阪で開催される大学研究&学問発見のための国公私立大 合同進学ガイダンス「夢ナビライブ2019大阪会場」で、佐々木豊先生が【先生ってすばらしい~子どもの言葉に学ぶ~】というタイトルの講義ライブを12:40から実施!全部で266名の大学教授が講義ライブを実施するほか、本学を含む183大学が個別ガイダンスを実施します。詳しくは
 https://yumenavi.osaka(パソコン、スマホ、ケータイ共通)をご覧ください。

TOPへもどる