夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

TOPへ戻る

講義No.04676

現在の内容とはかなり違っていた中世の『源氏物語』

あれ、こんな話あった?

 私たちは現代語訳やマンガ、映画など、いろいろな方法で『源氏物語』に触れることができます。では、昔の人々はどうだったのでしょうか? 鎌倉時代から室町時代にかけての中世において、本は大変貴重で高価なものでしたから、人々は『源氏物語』を簡易な梗概(こうがい:ダイジェスト)書や注釈書、絵画などで楽しんでいました。
 当時の解釈やあらすじには、現在の『源氏物語』とはまったく違う部分があることがわかっています。例えば室町時代の梗概書には、「葵」の帖の「車争い」の後に、六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)が夜ごと鴨川で相手を呪う話があります。呪う場面を詠んだ当時の和歌もあり、広く知られていた話のようです。しかし実際の『源氏物語』に鴨川のシーンはありません。後世の人の手によって書かれた梗概書には、より面白くするためか、私たちが読むと「あれ?」と不思議に思うようなエピソードがしばしば付け加えられていたのです。

二つの場面を一枚に

 絵画の例を挙げてみましょう。光源氏と頭中将(とうのちゅうじょう)が、末摘花(すえつむはな)が弾く琴の音を戸外で聴いている絵があります。しかし『源氏物語』では、光源氏は彼女の部屋で琴を聴いていて、家の外に出たところで頭中将と出会います。つまりこの絵は二つの場面を一緒に描いているわけです。これは「異時同図法(いじどうずほう)」という画法で、当時の絵の特徴の一つです。

昔もさまざまな形で読まれていた

 江戸時代に国学の研究が始まると、こういった『源氏物語』本文と異なる中世の荒唐無稽な解釈や話は、意味がないナンセンスなものとして切り捨てられ、だんだんと忘れられていきました。しかし現在は、当時の注釈書や梗概書がその後の文学に直接影響を与えたとして価値が見直されており、研究が進んでいます。つまり、それらは今あなたがマンガや映画で『源氏物語』の世界を知るのと同じように、中世の人々もさまざまな形で『源氏物語』を享受していたことを示す史料でもあるのです。


もう一つの『源氏物語』

この学問が向いているかも 国文学、日本文学

同志社大学
文学部 国文学科 教授
岩坪 健 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 『源氏物語』は単なるプレイボーイの話ではありません。先入観を捨て、口語訳本でもマンガでも映画でもなんでもかまいませんから、まずは物語に親しんでみましょう。また、『源氏物語』は五感で楽しむことができます。例えば、『源氏物語』の映画を観れば視覚、光源氏のセリフを聞けば聴覚、『源氏物語』ゆかりのお菓子を食べれば味覚、『源氏物語』にちなんだ香りを嗅げば嗅覚、『源氏物語』をモチーフにした和小物を手にとれば触覚でというように、いろいろな楽しみ方があるのです。『源氏物語』をどうぞ五感で味わってみてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は、京都御所の木立が見える場所で、日々、『源氏物語』の研究をしています。『源氏物語』を読んだことがありますか? 私が初めて『源氏物語』を読んだのは中学3年生の時で、教科書に載っていた「胡蝶」の巻の古文と谷崎潤一郎の現代語訳でした。自然描写の美しさが登場人物の心理描写とマッチしていることに感動し、たまらなく好きになりました。その後、高校生の時に円地文子(えんちふみこ)さんの現代語訳を読み、ますますのめり込んでいったのです。

大学アイコン
岩坪 健 先生がいらっしゃる
同志社大学に関心を持ったら

 同志社の創立者新島襄は、1864年、日本の将来を憂い、国禁を犯して脱国、欧米で学び、帰国。そして、1875年、京都に前身となる同志社英学校を設立しました。現在、同志社大学の校地は2つあります。今出川校地は同志社大学の誕生の地であり、140年以上にわたる同志社の歴史を感じることができるキャンパスです。キャンパス内の5棟は国の重要文化財に指定されています。京田辺校地は緑豊かな自然に包まれ、79万m2という広大な敷地に最新の施設・設備を有し、現代建築の精緻さを誇る学舎が並んでいます。

TOPへもどる