夢ナビWebセレクション

九州工業大学 大学院生命体工学研究科の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 人工知能(AI)、
  • 脳科学、
  • 脳、
  • 犬、
  • 経験、
  • チェス、
  • 優しさ

人工知能と犬、賢いのはどっち? ~知能って何だろうか?~

人工知能VS生きている犬

 現代の人工知能の技術はとても進んでいて、チェスの世界チャンピオンも打ち負かし、将棋のプロにも勝ちました。では人工知能と犬を比べたら、本当に賢いのはどっちでしょう? もちろん犬はチェスで勝つことはおろか、ルールを覚えることも理解することもできません。でも人工知能はチェスを楽しむことができません。犬は飼い主と遊んで楽しいことを知っていますし、また盲導犬は実に賢く飼い主を導くことができます。真に賢いのはどちらなのでしょうか?

脳科学をヒントに知的システムをつくる

 人工知能が日々の日常生活に入り込み、人間社会の一員になるには、クリアしなければいけない課題がまだたくさんあります。例えば、私たちの生活は決して単調な繰り返しではなく、必ず今日とは違う明日が待っています。過去の経験の丸暗記だけでは未知の経験に対処できません。そのためには、過去の経験から「コツ」や「知識」を抽出し、習得する必要があります。私たち人間や、犬も含めた動物たちはそれをやっています。それは「脳」がやっているはずです。脳科学の成果をヒントに脳型の人工知能を開発する研究が進んでいます。

「やさしさ」を持つ人工知能は実現するのか

 『星の王子さま』には「本当に大事なものは目に見えない」という言葉が出てきます。目や耳に入ってくる情報よりも、その背後に隠された真の情報が大事なのです。だから「真の知りたいことはいつも隠されている」という前提に立ち、過去の経験からそれを推論する方法を見つける、そんなアプローチの研究が進んでいます。例えば「今までの経験を地図のように表現する」という方法の研究があります。経験を重ねながら自分だけの地図を育てるのです。そうすれば地図を頼りに明日を生きていけますし、目に見えない「コツ」や「知識」も地図の中に見つけられます。将来は「やさしさ」や「思いやり」という目に見えない、直接はプログラムできないものも発見できる知能の開発につながればと考えています。

人工知能は「こころの目」を持てるか?

夢ナビライブ2018 大阪会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 脳型人工知能


大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 教授
古川 徹生

メッセージ

 勉強の一番の楽しみは、「つながる」ということです。国語も社会も数学も、勉強すればするほどそれぞれの知識がつながっていき、それが進めば進むほど楽しくなっていきます。脳もコンピュータも、さらに言えば、あなたと私も、つながることで世界は広がっていきます。大学で勉強するということは、自分の力でさまざまな知識をつなげ、世界を広げていくことです。それはどのような仕事にも通じる力です。自分の力でつなげる楽しさを知るために、あなたの今があるのではないでしょうか。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃、生物は暗記することが多くて嫌気がさし、「生物も物理や数学みたいに定理や法則から理論的に理解できたらいいのに」と思っていました。やがて、生物のような複雑な現象を、数学や物理の力を借りて理論的に理解できるようになりたいと思うようになりました。そんな時に、生物工学という分野を知り、志しました。また、パソコンが初めて発売され、高校生でもコンピュータを使えるようになった頃だったので、情報工学的な視点から脳や知能などの原理が理解できるかにも関心が向いて、今の専門分野を研究するに至りました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

IT関係を中心に、情報・電気・通信系企業への就職が主です。また博士課程への進学者も多く2〜3割は進学します。ITベンチャーを起業する卒業生もおり、その会社へ就職する人もいます。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.