夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 歯科、
  • 睡眠、
  • 睡眠時無呼吸症候群、
  • 呼吸、
  • マウスピース、
  • 治療、
  • いびき、
  • 噛み合わせ、
  • 居眠り

睡眠時の呼吸トラブルを歯からのアプローチで治す

寝ている間に繰り返し呼吸が止まる

 「睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:以下SAS)」は、寝ている間に呼吸が何度も止まる「無呼吸」や、気道の空気の流れが悪くなり呼吸量が減少する「低呼吸」を繰り返す病気です。女性より男性の方が圧倒的にかかりやすく、SASになると本人は眠っているつもりでも十分な睡眠がとれず、頭痛や日中の居眠りを引き起こします。ひどい場合には日常生活に支障をきたし、睡眠時の呼吸停止から突然死を引き起こしかねません。チェルノブイリ原発事故(1986年)などは、SASによる作業員の誤操作だという説もあります。

息がしづらい原因は

 SASの原因は、睡眠時に空気の通り道である気道がふさがって狭くなり、呼吸がしづらくなることです。原因はいくつかありますが、加齢で舌の筋力が低下すると、寝る姿勢になった時に重力で舌が沈んで気道をふさいでしまうこともあります。また肥満で首周りについた脂肪や骨格の問題、アデノイドや生まれつき舌が大きい場合なども、睡眠時に気道を狭める原因になります。
 SASの診療は呼吸器科や循環器科、あるいは「いびき外来」などと呼ばれる専門科などで行われており、「CPAP(シーパップ)」という鼻に装着したマスクから持続的に空気を送り込む治療法が一般的です。しかしこれは装置が大掛かりで、手軽に快眠が得られるとは言えません。

歯科治療は新たなステージへと進化する

 そこで、歯科医が行う治療が注目を集めています。歯科装具、いわゆるマウスピースを使って気道が広がるように噛み合わせを調節して、空気を通しやすくするのです。最近では、内視鏡を使って気道の状態を確認し、効果判定を行う臨床研究も進められています。この方法で症状が改善した人たちを追跡調査し、SASがほかの病気の症状に悪影響を及ぼすこともわかってきました。
 歯科は虫歯の治療や義歯などを作るだけではなく、幅広い病気の治療を担う新たなステージへと進化しているのです。

口腔の専門医をめざして~歯学部の新展開~

夢ナビライブ2018 大阪会場

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 歯学、口腔外科学、顎口腔機能治療学


歯学部 顎口腔機能治療学教室 教授
阪井 丘芳

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 歯科治療は虫歯や歯周病から、口腔がん、口唇裂・口蓋裂、摂食・嚥下障がい、睡眠時無呼吸症候群、ドライマウスなど、そのフィールドは広がっています。また研究では、歯や骨、唾液腺の再生医療など、さまざまな分野で発展してきています。歯学は今後の可能性を秘めた魅力的な学問です。「歯科医院の数はコンビニの数より多い」などと言われますが、新しい分野では人材が不足しているのが現状なのです。最先端の歯学に興味があるならぜひチャレンジして、未来の歯科医療と研究を担ってください。

先生の学問へのきっかけ

 中学生になるまでは体が弱く、少年時代は病院に通うことが多かったです。剣道部に入ってからは、病気をしなくなり、将来は医療の分野で恩返しをしたいと思いました。近所の先生にあこがれて、歯科医師をめざしましたが、大学時代に訪れたドイツの病院で口腔外科医として口腔がんに取り組む先生に出会い、進路を決めました。がんを摘出した後も、口の機能障がいがおこり、食べること、話すことができず、苦しむ患者さんがおられます。この方々のために、さまざまな器官を回復できないかと考えるようになり、再生研究を始めました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

歯科医師/口腔外科医/博士/大学教授/大学院教授/研究者

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.