夢ナビ 夢ナビ

TOPへ戻る

講義No.04363

水の惑星・地球の水循環の詳細は、「水の同位体」が教えてくれる

複雑な地球上の水循環

 地球は、「水の惑星」と言われるほど、豊かな水に恵まれています。この水は、気体、液体、固体と姿を変えながら、地球上を循環しています。
 この水の循環は非常に複雑で、わかっていないことがたくさんあります。例えば東京で降る雨がどこからきたものなのか、森林を伐採するとどんな影響が降水に表れるのか、さらに、いつどのくらいの量の降水がどの地点で起こるのか、などの予測もじゅうぶんにできないのです。

水循環の様子を教えてくれる「水の同位体」とは

 こうした複雑な地球上の水循環の様子を教えてくれるものの一つに、「水の同位体」があります。
 「同位体」とは、質量数のちがう元素のことです。水は通常「H₂O」で表されます。ところが水の中には「H₂ 18O」や「HD 16O」などで表される「安定同位体」と呼ばれるものが含まれているのです。
 水の同位体は、質量数が「H₂O」より大きいので「重い水」と呼ばれます。重い分だけ常温付近では「H₂O」より蒸発しにくく、凝固しやすいものです。

「タイムカプセル」のような情報の宝庫

 「重い水」に注目することで、地球上の水循環の様相を探ることができます。例えば、水蒸気の中の「重い水」は、液体(雨)になりやすいため、結果として赤道付近の低緯度や低地で降る雨は重い水の含有率(同位体比)が高く、高緯度や標高の高いところでは低くなります。また大気は移動するため、同じ場所でも日によって同位体比は変動します。
 こうしたことを詳細に調べたり、シミュレーションしたりすることによって、ある地点で降った雨がどこからきたのか、いつ水蒸気になったのか、などを解明することが可能になります。
 さらに、数十万年も前に凍結した南極の氷や、数百年間生きている樹木の水由来の成分の同位体を調べることによって、その時点の地球上の様子を探ることもできます。人類が観測を始める遥か以前の地球の情報が得られる点で、水の同位体はまさに「情報のタイムカプセル」なのです。

参考資料
1:水の同位体とは

この学問が向いているかも 水文(すいもん)学、気象学、海洋学

東京大学
大気海洋研究所 気候システム研究系 気候水循環研究分野 准教授
芳村 圭 先生

先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 人生がどう展開していくのかは、本人にもわからないものです。だからこそ、どんな道に進んでもその道を楽しめるように、努力できるときに努力することが大切です。人があまりやっていない分野を見つけて、その道のオンリーワンをめざすのも面白いと思いますし、一見、何の役に立ちそうもないことでも一生懸命追求していると、思わぬ成果につながることもあります。高校時代は可能性に満ちています。自分で枠を決めず、積極的にチャレンジしてください。そしてチャンスがあれば海外に出て、視野を広げてください。

大学アイコン
芳村 圭 先生がいらっしゃる
東京大学に関心を持ったら

 東京大学は、学界の代表的権威を集めた教授陣、多彩をきわめる学部・学科等組織、充実した諸施設、世界的業績などを誇っています。10学部、15の大学院研究科等、11の附置研究所、10の全学センター等で構成されています。「自ら原理に立ち戻って考える力」、「忍耐強く考え続ける力」、「自ら新しい発想を生み出す力」の3つの基礎力を鍛え、「知のプロフェッショナル」が育つ場でありたいと決意しています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる