夢ナビWebセレクション

大阪大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • スポーツ、
  • 国際協力、
  • 開発途上国、
  • 野球、
  • エイズ(AIDS)、
  • NPO、
  • 民族、
  • 貧困、
  • 保健、
  • サッカー

国際協力におけるスポーツの役割

スポーツに秘められた力

 スポーツをする人なら、プレイする楽しさや技術が向上する達成感、仲間との連帯感など、スポーツのもたらす多くのメリットを実感していることでしょう。また個々の体力に合わせて工夫することで、老若男女が楽しめるのもスポーツのよいところです。
 近年、このようなスポーツの特長を「社会開発」に役立てようという動きが広がりつつあります。スポーツを貧困、紛争、保健、教育など、開発途上国が抱える社会的課題を解決する糸口にして、生活環境の改善・向上を図ろうというのです。

伝えたい層に草の根アプローチ

 例えば、ジンバブエの若者にエイズ啓蒙を行うとき、野球が役立ちました。地域のコミュニティでは、保健所や診療所がそのような知識を伝える拠点になりますが、伝えたい相手である若者はあまりそういう場所を訪れません。教会では性的な話はタブーです。学校ではそこに通えない若者もいますし、先生たちもエイズに対する知識がありませんでした。そこで野球の普及を行い、練習に来る若者に、エイズの専門家であるNGO職員が正しい知識を教えたのです。

今後さらに重要になるスポーツを通じた社会開発

 国際協力のあり方を考えたとき、スポーツを通じた社会開発は今後ますます重要になっていくでしょう。日本に住む私たちからみれば、途上国の貧困や紛争などは縁遠く感じる問題かもしれません。しかし、家族、友だち、地域、日本、世界と意識を広げ、考えることが大切です。
 21世紀に入り、国連では紛争・復興地域や貧困地域などでスポーツ活動を推進しています。また実績のあるスポーツ選手が途上国を訪ねて子どもたちにサッカーや野球を教えたり、NPOがマラソン大会の運営に協力したりと、民間でもスポーツによる国際協力が行われています。喜びや楽しさを共有し、民族や宗教、言語の違いをも超える力を持つスポーツは、国際的な課題の解決に貢献する大きな可能性を秘めているのです。

スポーツでできる国際協力、社会貢献

夢ナビライブ2015 名古屋会場

アイコン

現地の人たちとの国際協力という形

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも スポーツ社会学、開発学、国際協力学


人間科学部 附属未来共創センター 准教授
岡田 千あき

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 私の研究は、日本ではまだ珍しい「スポーツを通じた社会貢献」、中でも「開発途上国の社会的課題の解決」を目的としています。多くの開発途上国では、貧困、紛争など、さまざまな社会的課題を抱えています。スポーツは、これらを直接解決することはできませんが、個人の生活の質を上げることに貢献します。まさに今、部活動などで熱心にスポーツに打ち込んでいる人もいることでしょう。そんなスポーツのよさや価値を一番わかっているあなたに、スポーツを通じて社会に貢献できることを一緒に考えてほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 「スポーツに関する仕事がしたい」と、青年海外協力隊に入り、体育教師としてジンバブエに駐在しました。しかしそこは、食べ物が不足し、勉強も満足にできない環境にありました。「ここで体育を教える意味とは何だろう」と疑問を感じ、今度はNGOに所属して、コソボ共和国に行きました。その頃コソボは、難民が国に戻り始めた厳しい状態でしたが、あかりもないボロボロの体育館で、懐中電灯を頼りに人々がバスケットボールを楽しむ姿を見て「スポーツをしてきた経験が国際協力に役立つのではないか」と研究に道に進んだのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

外務省職員、公益法人職員、JICA職員、社団法人事務局長、開発コンサルコンサルタント、国際交流基金職員、大学国際課職員、大学教員、国際協力NGO駐在代表、新聞記者、民間企業社員ほか

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.