夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.04345

放射性物質と放射線について正しく知る

大切なのは「正しく怖さを知る」こと

 2011年3月の福島第一原子力発電所の事故によって、放射性物質による環境汚染、および放射線による人体への影響が問題になっています。私たちに必要なことは、この問題についての科学的な知識を持って、「正しく怖さを知る」ことです。つまり「必要以上に心配しない」とともに「必要な心配はきちんとする」という姿勢です。
 そのために、放射線や放射性物質について、正確に理解することが大切です。

原子力発電で生成した放射性物質が放射線を出す

 原子力発電とは、ウラン235という原子核に中性子を当てて分裂させ、そのときに出るエネルギーで水蒸気を発生させてタービンを回し、発電するものです。たった1gのウランで学校のプールの水をお湯にできるほど、このエネルギーは膨大です。
 ウランの原子核が割れると、大小のカケラができます。このカケラは、ヨウ素131、セシウム134や137、ストロンチウム90など数10種類に及び、多くが不安定な原子核です。一般に放射性核種とか放射性同位体と呼びますが、これが放射性物質の正体です。放射性物質は不安定な状態にあるため、安定した状態になろうとして放射線を放出します。放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線などがあり、放射性物質の種類によって、放出される放射線の種類やエネルギーが違います。

放射性物質よ、どこへ行く

 福島原発の事故後に、現場から遠く離れた場所の放射線量が上昇したのは、現場から発せられる放射線が直接届いたのではなく、爆発によって飛ばされた放射性物質が、風にのって空中を舞い、木々や屋根や地面に付着し、行く先々で放射線を出し続けているからなのです。
 放射性物質が、放射線を出す能力(放射能)や期間には差があります。物質の放射能が半分になる期間を「半減期」と言いますが、ヨウ素131の半減期は8日、セシウム137やストロンチウム90の半減期は約30年あります。私たちは、放射性物質の動きと、それによる放射線の影響を、しっかりと見ていかなくてはいけません。


半減期について他の講義をみてみよう!
この学問が向いているかも 環境放射化学、原子核物理学

東京大学
大学院総合文化研究科 広域科学専攻 助教
小豆川 勝見 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
先生がめざすSDGs
メッセージ

 2011年3月の福島第一原子力発電所の事故は、今後長期にわたって私たちに影響を及ぼします。原発を廃炉にするとしても、数10年もかかります。高校生のあなたが社会の第一線に出る頃も、まだ解決できていないことは間違いありません。また海外の福島への関心はとても高く、あなたが海外に行けば、福島の話題は必ず出てくるでしょう。そのとき、この問題をきちんと説明できなかったら、やはり日本人としてよくありません。しっかりとこの問題を知ることも、将来の国際人として大事なことなのです。

大学アイコン
小豆川 勝見 先生がいらっしゃる
東京大学に関心を持ったら

 東京大学は、学界の代表的権威を集めた教授陣、多彩をきわめる学部・学科等組織、充実した諸施設、世界的業績などを誇っています。10学部、15の大学院研究科等、11の附置研究所、10の全学センター等で構成されています。「自ら原理に立ち戻って考える力」、「忍耐強く考え続ける力」、「自ら新しい発想を生み出す力」の3つの基礎力を鍛え、「知のプロフェッショナル」が育つ場でありたいと決意しています。

TOPへもどる