夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.04340

環境の値段はいくら?

環境には値段がついていない場合が多い

 今日の社会においては、さまざまなものに値段がつくことで、それらが市場でやりとりされています。環境にはさまざまな価値がありますが、その多くは値段がついていません。このため、市場での取引にまかせておくと、環境破壊が進んでしまいます。
 しかし、値段がついていないからといって価値がないわけではありません。近年、環境の価値を金額で表す試みが、盛んに行われています。

森林の価値を算出するには

 森林の価値を金額で算出する場合、森林がどんな種類の価値を持っているかを知る必要があります。森林は木材や食料の提供、土砂災害防止、ハイキングの場所の提供、生物多様性の維持などの非常にさまざまな機能があります。それぞれの機能に応じて、適切と思われる計算方法が研究されています。例えば、ハイキングの場所としての価値を算出したいなら、旅行者がその森林へ出かけるための費用を調べます。一方、誰も出かけないような場所に存在する多様な生態系の価値を計算するのは難しいのですが、森林を守るためにいくらなら支出してもよいと思うかをアンケートで調査し、その金額をもとにして価値を算出するなどいろいろな方法が研究されています。

メリットとデメリットを把握

 このようにして算出された金額は、例えば、森林を伐採してダムや道路などを建設するかどうかを考える際の参考にすることができます。それは森林保全派の人たちと、開発推進派の人たちの対話において重要な役割を果たすと言えます。ある活動が環境に大きなインパクトを与える場合には、環境への影響も含めてそのメリットとデメリットを洗い出し、全体像を把握した上で両者を比較し、対話を進めることが不可欠だからです。近年ますます複雑化する社会で、経済活動と環境保全とのバランスを取るための有効な手段を考える「環境経済学」への期待が高まっています。


この学問が向いているかも 環境経済学

名古屋大学
経済学部  准教授
中野 牧子 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 「○と×、どちらを取るか」というような二者択一的な考え方は単純でわかりやすいため、つい飛びつきたくなるものです。しかし社会は複雑で、そのわかりやすい結論ではうまくいかないこともたくさんあります。環境問題もその一つです。経済成長を重視した戦後の日本で深刻な公害が発生したように、世界各地で取り返しのつかない環境破壊が起きてしまいます。だからと言って、環境保全だけを重視して大昔の生活に戻るのも非現実的です。両者のバランスをいかに取るか、環境経済学を学んで考えてみましょう。

大学アイコン
中野 牧子 先生がいらっしゃる
名古屋大学に関心を持ったら

 名古屋大学は、研究と教育の創造的な活動を通じて、豊かな文化の構築と科学・技術の発展に貢献してきました。「創造的な研究によって真理を探究」することをめざします。また名古屋大学は、「勇気ある知識人」を育てることを理念としています。基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土のもと、既存の権威にとらわれない自由・闊達で国際性に富んだ学風を特色としています。この学風の上に、未来を切り拓く人を育てます。

TOPへもどる