夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.04317

人と人との交流の力で、日本と地域を元気にする「観光学」

「観光」は国の政策の根幹をなす一大産業

 日本は今、「観光立国」をめざしています。その背景には人口の減少によって経済活動が停滞してしまうことへの心配があります。そこで、「定住人口(=住んでいる人の数)」が減少するなら、「交流人口(=一時的に滞在する人の数)」を増やし、経済を活性化しようというわけです。したがって観光とは、単なる余暇や遊びだけの産業ではなく、国の政策の根幹にかかわる一大事業なのです。

「観光」は裾野の広い総合集客産業

 観光産業とはホテルや旅行会社だけを言うのではありません。観光の基本は「人と人との出会い」ですから、それを引き起こすもの、あるいはそれによって必要となるすべてのものが観光産業の一環と言えます。飲食業、出版業などはもちろん、クリーニング業、清掃業なども例外ではありません。
 また、国内外から企業などのミーティング(Meeting)、報奨旅行(Incentive)、国際会議(Convention)、イベント(Event)など(頭文字を取って「MICE(マイス)」と言います)を誘致することも、観光の一環です。ほとんどすべての産業が、観光という視点でつながることがわかります。

地域を元気にし、文化的・精神的な豊かさを

 観光は経済を活性化するだけではありません。観光は、地域の魅力を発掘し発信するという文化的・精神的な営みも刺激することになります。
 例えば新潟県上越市は、「日本におけるスキー発祥の地」という歴史的事実を観光資源の一つと位置づけ、スキーを日本に伝えたレルヒ少佐をモチーフにした「ゆるキャラ」を創出するなど、誇りをもって地域活性化に取り組んでいます。また東京・秋葉原は、「日本のポップカルチャーの聖地」として、海外から熱い視線を浴びており、観光的な成功をおさめています。今まで何の観光資源もなかった地域が、映画のロケ地となることで観光地としてアピールが可能になり、人々が元気になる例も生まれています。
 「観光学」とは、これらすべてにかかわる、広大で魅力的な学問分野なのです。

ロケツーリズムとは何か。日本を元気に!

夢ナビライブ2018 東京会場

アイコン

ロケツーリズムとは?

アイコン

地域活性プランニング

アイコン

ロケ誘致4つの指標

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 観光学

跡見学園女子大学
観光コミュニティ学部 観光デザイン学科 准教授
村上 雅巳 先生

メッセージ

 今、日本は国をあげて観光に取り組み、「外国人旅行者を日本に呼ぼう」「地域の交流人口を拡大して、日本を元気にしよう」としています。そのためには、旅行会社やホテル、旅館だけでなく、いろいろな分野の活動が必要で、それらすべてが「観光」へとつながります。2011年3月の東日本大震災でも、観光による地域の復興が大きな目標になると思います。観光は『女性力(細やかな気配り)』を生かせる分野でもあります。ぜひ跡見学園女子大学で観光学を学んで、日本を、地域を、そして自分自身を豊かに元気にしましょう。

大学アイコン
村上 雅巳 先生がいらっしゃる
跡見学園女子大学に関心を持ったら

 跡見学園女子大学では、1875(明治8)年の「跡見学校」開校以来、社会に柔軟に対応できる自立した女性を育成しています。この伝統を背景に、学生一人ひとりが4年間を通して、自分らしい生き方を見つけ、社会に出てからも自分の人生をデザインするための「ライフデザイン教育」を推進しています。その拠点になるのが2つのキャンパス。1・2年次は緑豊かな新座キャンパスでじっくり学び、3年次からは都心の文京キャンパスで学修。社会と関わりを持ちながら成長していくことができます。

TOPへもどる