夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.03808

モンゴル文字と古代エジプト文字「ヒエログリフ」の謎のつながり

モンゴル帝国の創設者チンギス・ハン

 もともとモンゴル人は、モンゴル高原北東部に暮らす小さな遊牧民でした。そこに登場したのが、モンゴル帝国を築いた英雄チンギス・ハンです。
 チンギス・ハンの登場以降、トルコ系やチベット系の言語を持つ民族までもが、次々と自分たちもモンゴル人であると宣言し始め、モンゴル人であることが一種のブランドとなり、モンゴル高原一帯に広まっていったのです。

さかのぼれば古代エジプト文字のヒエログリフに

 やがてチンギス・ハンは縦書きのモンゴル文字を作らせ、その文字で「大ヤサ」と呼ばれる法典も編纂(へんさん)しました。モンゴル文字は、10世紀から13世紀にかけて中央アジアで使われていた「中世ウイグル文字」をもとにして作られました。中世ウイグル文字の由来をさかのぼっていくと、より西の地域で使われていた「ソグド文字」、その先祖とされる「アラム文字」へとつながっていきます。さらにその先をたどれば、はるか古代エジプトの文字「ヒエログリフ」にまでつながっていくのです。
 一方で、3000年ぐらい前のモンゴル高原一帯には、インド・ヨーロッパ系語族に属する白人の遊牧民がいたとも言われており、歴史の雄大なロマンを感じさせます。

民族分断の歴史も

 現在、モンゴル国で使われているのはロシア文字で、これは1941年から実施された文字改革の結果です。またモンゴル民族が暮らす国にはもう1つ、ロシア連邦のブリヤート共和国があります。ここでのモンゴル語の表記にも、ロシア文字が使われています。モンゴル帝国由来のモンゴル文字は、中国にある内モンゴル自治区で今でも使われ続けています。
 モンゴル民族はモンゴル、中国、ロシアと合わせて3つの国に分断されました。中国やロシアは、分断されたモンゴル民族の人々の間で、祖国統一の機運が盛り上がることを恐れていると推測されます。そうした機運を少しでも削ぐために、同じモンゴル語を使う民族であるにもかかわらず、あえて異なる文字での表記が行われているという側面もあるのです。

アジアとヨーロッパの言語と文字

夢ナビライブ2014 名古屋会場

アイコン

満州文字を読んでみよう

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 国際文化学、東洋史学、地域文化学

神戸大学
国際文化学部 国際文化学科 教授
萩原 守 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 将来、外国文化の研究をしたいなら、まずは英語をみっちりと学んでください。そして特に辺境について学びたい人は、複数の語学に強いと有利です。語学を学ぶコツは、言葉に対してこだわりを持つことです。文章の中で、なぜその言葉が使われているのかを少し立ち止まって考えてみましょう。日本語でも新しい熟語や故事成語と出会うたびに、言葉の意味を調べるとよい勉強になります。
 神戸大学国際文化学部は活発な人が多く、多くの卒業生が海外で活躍しています。あなたもしっかり学び、世界へと羽ばたいてください。

先生の学問へのきっかけ

 テレビ人形劇『ひょっこりひょうたん島』の「博士」というあだ名の物知り少年に憧れて、なんでも知っている少年になりたいと思ったり、偉人の伝記を読みあさって学者という生き方を意識し始めたのは小学生の頃です。内陸アジア地域の歴史の研究に興味を持ったのは、高校時代の世界史の先生の影響で、モンゴル民族史に決めたのは、大学2年生の時に「モンゴル語研修会」に参加してからのことです。それから大学院、モンゴル留学とひたすら学者への道を歩みました。自分の憧れる強い夢に向かって早くから行動し続けてきた結果だと思います。

大学アイコン
萩原 守 先生がいらっしゃる
神戸大学に関心を持ったら

 神戸大学は、国際都市神戸のもつ開放的な環境の中にあって、人間性・創造性・国際性・専門性を高める教育を行っています。
 また、神戸大学では、人文・人間系、社会系、自然系、生命・医学系のいずれの学術分野においても世界トップレベルの学術研究を推進すると共に、世界に開かれた国際都市神戸に立地する大学として、 国際的で先端的な研究・教育の拠点になることを目指します。

TOPへもどる