夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.03770

フランスにおける異文化の意味

始まりは興味本位

 15世紀から17世紀前半ごろまで続いた大航海時代、ヨーロッパの列強は非ヨーロッパ圏の国々で覇権争いを続けました。
 フランスもインドシナ半島やアフリカなどを植民地化しています。当初彼らにとって植民地は、フランス語の教育やキリスト教の布教を一方的に行う場でした。しかし18世紀になると、自分たちが持たないエキゾチックな文化を取り入れようと考えます。特に19世紀以降、フランスの絵画や音楽に、アジアやアフリカの影響が現れます。日本の浮世絵なども「ジャポニズム」として珍しがられていました。

植民地から文化を発信

 1900年のパリ万博では、「オッペケペー節」で有名な役者・川上音二郎が大好評を得て、妻である貞奴が着たドレスが社交界で流行したと言われています。しかし、フランス人が考える「エキゾチック」とは、あくまで物珍しさの域を出ない程度で、自分たちが絶対と信じる価値観を曲げることはありませんでした。
 ところが20世紀も後半を迎えると、「前衛(アヴァンギャルド)」と呼ばれた芸術や文学も息詰まりを迎えます。その時に現れたのが、かつて植民地だった国々の人たちです。例えば、カリブ海に浮かぶフランス領マルティニーク島出身のパトリック・シャモワゾーは、1992年に『テキサコ』という小説で、フランスの芥川賞と言われる「ゴンクール賞」を受賞しています。

文化は国境を越える

 現代のフランス文化はどうかと言うと、言葉の問題がある文学はともかく、映画界ではかつてのフランス映画のイメージを覆す作品が数多くつくられています。その代表が『エターナル・サンシャイン』などで知られる監督、ミシェル・ゴンドリーです。彼の活躍の場は、今やハリウッドにもおよんでいます。
 日本の映画監督・北野武や作家・村上春樹などもフランス国内で高い評価を得ています。今や「おもしろい」「素晴らしい」に、国境はなくなりつつあります。つまり、かつて政治や社会の動きに翻弄された文化が、現代では何より先に、ボーダーレス化を果たしたと考えられるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 外国文学、教養学、芸術学、国際関係学

愛知県立大学
外国語学部 ヨーロッパ学科 フランス語圏専攻 准教授
原 潮巳 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 「外国語」と聞くと一般的には英語を思い浮かべがちですが、世の中にはじつに多くの言語があり、それぞれの国に文化があります。例えばフランス人は芸術への関心が高い人が多く、映画館では失業者割引まであったり、無料のコンサートなども頻繁に開かれています。「言語圏」という基準で世界を見れば、まだまだあなたの知らない世界があるはずです。学生時代はもちろん、社会に出てからも、一面的にモノをとらえるのでなく、さまざまな情報を収集し、それを多彩な角度から眺めてみる、そんな姿勢を養ってほしいと思います。

大学アイコン
原 潮巳 先生がいらっしゃる
愛知県立大学に関心を持ったら

 愛知県立大学は「良質の研究に基づく良質の教育」をモットーに「手づくりの少人数教育」を心掛けます。
 21 世紀のグローバル社会、知識基盤社会、成熟した共生社会及び地方分権社会といった新しい時代の要請に応えるため、愛知県の公立大学として、研究者の高度の研究に裏打ちされた良質の教育を行い、国際社会と地域社会に貢献できる自立した市民を育成することを目標としています。
 愛知県立大学は、高い志と瑞々しい感性を備えた入学生との出会いを待っています。

TOPへもどる