夢ナビ 夢ナビ

TOPへ戻る

講義No.03743

運動すると気分がすっきりするのはなぜ?

ストレスは悪者ではない!?

 脳には行動を制御する役割がある一方、行動が脳に影響を及ぼすこともわかってきました。行動が刺激となって神経細胞が活性化し、脳の機能や構造に変化を与えるのです。こうした刺激を一般的にストレスと呼びますが、ストレスがまったくない状態では神経細胞が活性化せず、脳が衰えてしまいます。悪者に思われがちですが、適度なストレスは脳に必要な刺激だと言えます。
 ただ震災時のような不安や衝撃は、脳にとって過剰なストレスとなり、心身に悪影響を与えます。1995年に起こった阪神淡路大震災の際は、PTSD(心的外傷後ストレス障がい)が問題になりました。このように深刻な場合は、脳の回路をブロックする薬が処方されることもありますが、それほど深刻でなければ、薬を用いなくても別の刺激を与えることでストレスを軽減させることもできます。その代表的なものが「運動」です。

運動でセロトニンを活性化

 実験室のネズミを掃除の時などに、いつものケージから別のケージに移し、再び元のケージに戻した際、回し車を走る回数が増えたことがありました。これは環境が変わったストレスを無意識のうちに運動で解消しているのです。うつ病に関係すると言われる脳の伝達物質セロトニンは、神経活動が高まると分泌されるのですが、運動をすることでセロトニンの分泌が増え、不安行動やうつ症状が軽減されることがわかっています。

運動による予防と治療

 こうした運動は、自発的か強制的かで効果に違いがあります。自分のペースで自発的に運動した方が、強制的に運動させられた時よりもセロトニンの数値が高いという結果が出ています。しかし、強制的な運動に効果がまったくないわけではなく、日常的に運動を続けていれば強制的な運動でもセロトニンの数値は高まり、抗うつ効果が見られます。
 運動はうつ病などの予防対策としてだけでなく、治療にも使われます。薬物療法と比べると効果自体は同じでも、運動療法の方が再発率が低いというデータもあり、今後のさらなる研究が期待されています。


この学問が向いているかも 行動生理学

東京都立大学(旧・首都大学東京)
人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域 教授
北 一郎 先生

先生の他の講義を見る 先生の著書
メッセージ

 大学で勉強していくには、自分の専門についてはもちろんのこと、いろいろな分野について話せる知識を身につけておくことをお勧めします。ひとつの分野の専門家になっても、違う分野の専門家と話せないのはもったいないことです。専門を1とすれば、0.5程度のほかの分野の知識があると望ましいです。物事をさまざまな角度から見られるようになり、分野を超えたコミュニケーションも容易になるでしょう。専門外の分野でも、気になることがあれば自分で調べ、積極的に勉強してみることです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学教員/製薬会社研究開発・MR/食品会社研究開発・営業/IT企業システム管理・SE/広告会社総合職

大学アイコン
北 一郎 先生がいらっしゃる
東京都立大学(旧・首都大学東京)に関心を持ったら

 東京都立大学は「大都市における人間社会の理想像の追求」を使命とし、東京都が設置している公立の総合大学です。人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部、都市環境学部、システムデザイン学部、健康福祉学部の7学部23学科で広範な学問領域を網羅。学部、領域を越え自由に学ぶカリキュラムやインターンシップなどの特色あるプログラムや、各分野の高度な専門教育が、充実した環境の中で受けられます。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる