夢ナビ 夢ナビ

TOPへ戻る

講義No.03632

銀杏を食べ過ぎると大変なことになる!?

食べ過ぎ注意! 銀杏中毒

 イチョウの実、銀杏(ぎんなん)は古くから日本や中国、韓国で食べられてきました。もちもちした食感でおいしいからと、ついつい手が伸びてしまう銀杏ですが、実は、食べ過ぎは禁物です。銀杏に含まれる毒素成分には食中毒を引き起こす恐れがあるからです。

毒素と栄養素の不思議な関係

 銀杏中毒は、すでに明治時代には症例の報告がされていましたが、その原因は長い間はっきりせず、青梅に含まれる毒素と同じであると言われてきました。原因がわからないため、特効薬もないままの状態でした。
 「銀杏と青梅の毒素は本当に同じなのだろうか」ふとした疑問から進められた研究の結果、銀杏の毒素が解明されました。銀杏に含まれる毒素「メトキシピリドキシン」はビタミンB6という栄養素に分子構造が非常によく似ていることがわかったのです。よく似ているがためにビタミンB6の働きを阻害してしまい、中枢神経で悪さをしてけいれんなどの中毒症状を引き起こしてしまうのです。

特効薬発見!

 銀杏を食べて数時間後、けいれん症状が起きたら銀杏中毒の可能性があります。血液中に毒素成分が認められたら、すぐに治療が必要ですが、その特効薬となるのが銀杏の毒素とよく似たビタミンB6です。銀杏の毒素成分以上にビタミンB6を投与すると、毒の働きが相対的に弱くなり、たちまち中毒症状が治まります。小児の感受性が高いことも知られています。
 銀杏中毒は人間だけが起こすわけではありません。あるとき、ペットとして飼われていたミニブタが飼い主の目を盗んで皿に盛られた銀杏を食べ、食中毒を起こしたことがありました。そのときもやはりビタミンB6の注射をすることによって中毒症状は治まりました。
 銀杏の毒素は、青梅と毒素が同じであるという言い伝えに疑問を持ったことをきっかけに解明されました。当たり前だと思われているところにメスを入れることが新発見のカギとなることもあるのです。


この学問が向いているかも 医学、薬学、栄養学

北海道医療大学
薬学部 薬学科 衛生薬学講座 教授
和田 啓爾 先生

メッセージ

 世の中にはまだまだ私たちの知らない世界がたくさんあります。その未知の世界を解明していくのが私たち研究者の仕事です。研究とは、身の回りにある「不思議だな」「どうしてかな」と思うことを追究し、なぞを解明していく作業です。研究はときに苦しく、根気と努力のいるものですが、「知りたい」「わかりたい」と努力を続け、ほかの誰も成し遂げることのできなかったなぞを解き明かすことができたときの喜びはひとしおです。何ものにも代えがたい達成感を味わうことができるのが科学を研究する者の醍醐味なのです。

先生の学問へのきっかけ

 1968年、私が高校生の時、札幌医科大学で行われた日本初の心臓移植手術に、いろいろな意味でショックを受けました。また、それと同時に、いのちの大切さや医学のすごさを実感したのです。現在の専門分野の研究の道に進んだのは、「生命とは何か」をテーマに、遺伝子など、医学のより基本的なことから研究していきたいと思ったのがきっかけでした。

大学アイコン
和田 啓爾 先生がいらっしゃる
北海道医療大学に関心を持ったら

 北海道医療大学は、薬学・歯学・看護学・臨床福祉学・臨床心理学・理学療法学・作業療法学・言語聴覚療法学・臨床検査学の6学部9学科を擁する、医療系総合大学です。9つの学科と歯学部附属歯科衛生士専門学校が密接にかかわり合い、「チーム医療」に最適な教育環境を提供しています。当別と札幌あいの里、2つのキャンパスには約3,500名が集い、学生の約3割は道外出身です。2万人を超える卒業生が、医療の担い手として全国各地で活躍中。本学に寄せられる求人は年間約30,000人にも及び、高い就職率を誇っています。

※夢ナビ講義はそれぞれの先生の見解にもとづく講義内容としてご理解ください。

TOPへもどる