夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.03158

エコな未来社会を支える電力エネルギー技術

半導体生産の世界シェアは日本・韓国・台湾が上位

 半導体は、電気を通しやすい金属などの「導体」と、電気を通さないゴムなどの「絶縁体」との中間の性質を持つ、“産業のコメ”とも呼ばれる重要な物質です。携帯電話やパソコンはもとより、世界中で数多くの電化製品に使われています。
 ところが、それほど大切な物質なのに、生産国は日本・韓国・台湾に偏っています。なぜかと言うと、半導体の生産工程では、「電力」が決定的な役割を担っているからです。電力が安定供給されないと、企業は安心して半導体作りに取り組むことができません。雷が落ちて、瞬間的に数秒間停電しただけでも数億円という損害が出ます。そのため半導体の生産地は、電力が安定して供給されている国や地域に限られるのです。

自然エネルギーの問題点

 日本は、電力供給が世界で最も安定している国です。日本では少しの停電でもニュースになりますが、これは停電しないことが普通だからです。このような国は世界でも極めて珍しいと言えます。しかし、今後はこの状況が変わる可能性があります。
 地球温暖化を防ぐために、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーの活用が考えられています。これらのエネルギーは、CO2を出さない点では理想的ですが、両方とも天候に左右されます。電力を安定供給するためには、安定して電力を供給できる供給源が必要なのです。

安定かつエコな電力は原子力が担う

 そのための確実なエネルギー源となるのが原子力です。東日本大震災では原子力発電所からの放射能漏れを起こし危機管理と原子炉設計に課題を残しました。しかし石油を燃やす火力発電では、ほぼ全量を輸入に頼る原油がいつまでも手に入る保証はありません。また、CO2排出の問題もあります。CO2を増やさず、現状レベルの電力を安定的に確保するには、原子力をメインとして、自然エネルギーを補助的に使うという考え方もあります。さらに、将来的には核融合発電により、より安定なエネルギーを確保することが期待されます。

街を創る 社会を支える その主役は電気!

夢ナビライブ2017 東京会場

アイコン

「電気」が必要なものは?

アイコン

どんな分野でも大活躍の「電気」

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 工学、電力工学

東京都市大学
工学部 電気電子通信工学科 ※2019年4月設置認可申請中 教授
岩尾 徹 先生

メッセージ

 電気電子の規格決定などに関する世界的な会議は、ほとんどがフランスなどヨーロッパで開かれます。これから“電気”の世界でグローバルな活躍をめざす人は、最低でも国語力と英語力、さらに社会情勢を理解する力を身につけてください。人々の暮らしを支えるエネルギー源として、今後、電気への依存度はどんどん高まっていくでしょう。電気はまさに、生活に直結するインフラ〈基盤〉なのです。企業も“電気”がわかる人材を求めているので、電気を扱う学科は就職率が高いのも魅力です。

先生の学問へのきっかけ

 今の専門に興味を持ったきっかけは雷です。激しく、明るく、危険な雷が「なぜ発生し」「なぜ明るく」「なぜ危険なのか」を調べていくと、雷はプラズマ現象であり、災害や停電をもたらすなど生活を脅かす存在だとわかりました。そこで、雷のエネルギーを研究し、雷から暮らしを守りたいと考えたのです。研究により、停電を起こさない技術を開発しました。また、プラズマを活用して、溶接、照明、遮断器、廃棄物処理などができることがわかりました。研究で、暮らしを豊かで、便利で、安全で、快適にすることができることを学んだのです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

電力会社 総合職、鉄道会社 総合職・技術職、電力機器メーカー 研究・設計・開発・生産技術、電子部品メーカー 研究・設計・開発・生産技術、電力設備工事会社 設計・開発・施工管理、財団法人 総合職、公務員(電気)

大学アイコン
岩尾 徹 先生がいらっしゃる
東京都市大学に関心を持ったら

 東京都市大学は2009年4月に武蔵工業大学からへ校名を変更。新たに文系2学部、理系2学部、文理複合系1学部を擁する総合大学として発足しました。前身の武蔵工業大学は80年の歴史を持ち多くの卒業生を輩出、日本の産業発展に貢献して来ました。97年には文系・理系複合の環境情報学部、09年には文系の都市生活学部と人間科学部を設立し、工学部から分かれた知識工学部を加えて学問の分野が大きく広がっています。80年の歴史を携え、キラリと光る特徴をもち存在感のある大学を目指す東京都市大学は、常に進化を続けています。

TOPへもどる