夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.03020

経済学で世の中の仕組みを説明する

経済学は人の生活に密着した学問

 経済学は、私たちの生活に非常に密着した学問です。基本的に「制約」と「選択」という2つの観点で、その現象が起こるメカニズムを考えていきます。例えば、「朝ごはんにパンとご飯をどれぐらい食べるか」という選択も経済学で説明することができます。この場合、ご飯とパンを両方同時にたべるのは食べ過ぎで健康にも悪いので、どちらか自分が満足するほうを選ぶわけです。

都会空間の用途はどのように決まっていくの?

 「都市経済学」でも、「制約」と「選択」を基準に、都市空間をどのように使っているのかを分析しています。例えば、都市の中心には商業地域があり、その周りに住宅地域、さらにその外側に工業や農業を営む地域があります。
 土地の利用はどのように決まっていくのでしょうか? 土地は1つの用途にしか使えないという「制約」があります。ある土地にスーパーマーケットを建てて食料品を売ることに使えば、同じ土地に工場を建てて商品を作ることはできません。
 では、都市内のそれぞれの土地をどのように使うのが良いのでしょうか? 経済学で考えれば、最も有効に利用できる用途に必要な分だけ使うのが社会全体として効率的であり、その分配方法に市場原理を生かせばよいということになります。人々は生活を豊かにするために、企業は儲けるために、自らの活動にあった土地を探し、それぞれの土地の利用が決まっていきます。

損得のあるところに経済学あり!?

 経済学といえば、金融機関の活動や政府の財政政策を考える“お金の学問”というイメージがあるかもしれませんが、それがすべてではありません。経済学はもっと幅広い学問で、お金が絡むか否かに関係なく、人々が合理的に“損得”を考える限り、何が対象であっても活躍する場があるのです。「なぜ電車で席を譲らない人が増えたのか」や「学校に行かずに遊びにいった方がよいのか」など、一見、素朴であっても、まともに考えるのは難しい疑問に対しても、経済学ならその答えを導き出すことができるのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経済学、都市経済学

中京大学
経済学部 経済学科 教授
鈴木 崇児 先生

メッセージ

 目の前にあることを主体的に楽しんでほしいと思います。人の意見ばかり聞いていても、自分で決断しなければならないときに勇気が湧いてきません。「これでいいですか?」ではなく、「自分はこうしたいと思います」と意見を出すことが大切です。もちろん人の意見を聞くことは大切ですが、最後はあなた自身が選ばなければそれを正解だと信じることができないでしょう。世の中の成功した人のように生きるのではなく、あなたが面白いと思うことを探してください。自分が見つけたものに喜びを感じるのは、素晴らしいことだと思います。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

JR、旅行会社、商社、物流業者、地方上級公務員、都市銀行、地方銀行、信用金庫、不動産業、ハウスメーカー、証券会社、ゼネコンなど

大学アイコン
鈴木 崇児 先生がいらっしゃる
中京大学に関心を持ったら

 中京大学は10学部18学科を擁する総合大学です。
 中京大学ではそのスケールメリットを活かした履修システム(学部の枠を超えた他学部専門科目履修システム)やキャリアサポート・留学サポート・資格取得サポートなどのプログラムを提供しています。中京大学では、成長の好循環を生み出す3つの場(経験を通じて自らの可能性に気づく「気づきの場」、目標を持って専門性を身につける「学びの場」、そして身につけた知識を社会に活かす「実践の場」)を提供し、自ら行動し成長する人材を育成します。

TOPへもどる