夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.02747

環境、健康、行動から社会問題を考える環境心理学とは

「環境」の意味は幅広い

 環境とは、私たち人間の周りにあるあらゆる状況のことを指します。辞書で調べると、「人間や生物の周囲にあって、意識や行動の面でそれらと何らかの相互作用をおよぼし合うもの」とあるように、非常に幅広い意味を持っています。風土や気候、周辺地域、事情、立場や境遇、雰囲気などと言い換えることもできるのです。自然や物理的なもののほかに、文化や生活スタイルにつながるものも含まれています。

個人だけでなく、集団の動きを考える

 環境心理学は、人間を中心にした環境と、意識や行動の相互作用を取りあつかう学問です。心理学のなかでも、人の行動や反応・心理的な状況を、例えば数値などの客観的なものさしで表す「行動学」の側面を特に強く持っています。
 「行動」は英語で言うと、「behavior」ですが、環境心理学で言う行動とは、「movement」の概念も含んでいます。movementには動きや動作のほかに、政治的・社会的な運動、活動、動向、傾向などの意味があります。世の中のたくさんの人が、ある状況下で同じように行動すると、それが社会的な流れになります。環境心理学では、ある環境での個人の行動を見るだけでなく、集団としての動きも考えなければならないのです。

環境の変化から生まれる問題を考える

 さらに環境心理学では、「健康」も重要なキーワードになります。健康とは、「肉体的、精神的、社会的に調和のとれたよい状態にあること」です。「環境」と「健康」にはどちらも社会的な意味合いが含まれていて、環境衛生(environmental health)という言葉にも見られるように、両者は切り離せない関係にあります。環境心理学では、ある意味、同義語と言ってもよいでしょう。
 人間のさまざまな活動によって、環境は大きく変化を遂げています。そして人間は、その変化の影響を受けています。そこで生まれた問題を、「環境」「健康」「行動」の三方向から考えていくのが環境心理学の役割なのです。


この学問が向いているかも 環境心理学、心理学、行動学

大阪大学
人間科学部  准教授
青野 正二 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私が大学生のときを振り返ると、自分の専門科目に関係のない講義は役に立たない、つまらないと思って受けていたことがありました。しかし、どの講義にも一つ二つ印象に残っている話があります。今、自分が担当する講義の準備をするとき、たくさんの資料を調べますが、ふと気が付くと当時の講義で聴いた話が役に立っています。大学は垣根を越えて、複数の学問領域がオーバーラップするところです。いろいろな学問が背景でつながりあっているので、敬遠せずに学びましょう。後で役に立つことがきっとあるはずですよ。

大学アイコン
青野 正二 先生がいらっしゃる
大阪大学に関心を持ったら

 自由な学風と進取の精神が伝統である大阪大学は、学術研究でも生命科学をはじめ各分野で多くの研究者が世界を舞台に活躍、阪大の名を高めています。その理由は、モットーである「地域に生き世界に伸びる」を忠実に実践してきたからです。阪大の特色は、この理念に全てが集約されています。また、大阪大学は、常に発展し続ける大学です。新たな試みに果敢に挑戦し、異質なものを迎え入れ、脱皮を繰り返すみずみずしい息吹がキャンパスに満ち溢れています。

TOPへもどる