夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.02339

プロの選手の微妙な感覚を取り戻すスポーツ医学のリハビリとは

目を閉じても膝の曲がり具合がわかるのはなぜ?

 例えばプロのサッカー選手、それも一流と言われるプレイヤーたちの感覚が、どれぐらい繊細か想像できるでしょうか。角度にしてわずか1度ずれただけでも、ボールが飛んでいく方向は微妙に狂うのです。キーパーを避けるようゴールポストぎりぎりを狙ったシュートなら、本当に少しの違いで外れる可能性もあります。
 ここで一つ実験をしてみましょう。目をつぶって膝を曲げていってみてください。曲がり具合はだいたいわかりますね。膝のまわりには感覚を感知するセンサーがたくさんあって、それらがつかんだ位置情報は脳に伝えらます。だから目を閉じていても膝がどれぐらい曲がっているかがわかるのです。
 この感覚が普通の人より優れているのが、一流のアスリートです。と言っても彼らが、膝の角度を数字で正確に言えるわけではありません。けれども微妙な「感じ」の違いは的確につかんでいます。

ケガをしたスポーツ選手のリハビリで大切なこと

 サッカー選手は、プレイ中にじん帯を切ることがあります。たいていは手術で元通りに治りますが、一流選手ほど手術後に「何か感じが違う」と違和感を訴えるようです。「感じ」ですから、極めて微妙な感覚のズレなのでしょう。とはいえシュートの角度が1度違うだけでゴールが決まる、決まらないといったレベルで戦っている選手にとっては、この感じこそが大事。しっくりこないと、ケガをする前のようなプレイができません。
 普通は手術後のリハビリと言えば筋力回復が主な目的です。これまでは、手術した箇所がきちんと治り、落ちた筋力を回復できれば問題ないと考えられてきました。
 ところがこれでは微妙な「感じ」の狂いは未修整です。そこで、どうすればいいのか。大切なのは、膝の動きだけではなく、膝のセンサーの感度も元通りにすることです。感覚面までを含めたリハビリが必要なのです。そこで、今では手術にはいる前からセンサーの感度を落とさないようなリハビリも考えられています。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 医学部

島根大学
医学部 医学科 教授
内尾 祐司 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 人がやらないことや、「正しい」とか「これが標準だ」と誰も疑問に思わなかったことを、本当かどうかと疑ってみる。このリサーチマインドが、医学の世界ではとても重要です。医学には、どこまで突き詰めても、これで終わりという限界がありません。正解のさらに先に新しい正解が待っています。しっかりとした知識を身につけ、その上で新しい道を拓いていくこと。この気持ちこそが医療医学を進歩させるのです。医学をめざす人はぜひ、こうした気概を持って、この世界に飛び込んできてください。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

製薬会社研究員、義肢装具製作所所員、医療機器メーカー研究員、健康保健活動指導員

大学アイコン
内尾 祐司 先生がいらっしゃる
島根大学に関心を持ったら

 島根大学は、学術の中心として深く真理を探究し、専門の学芸を教授研究するとともに、教育・研究・医療及び社会貢献を通じて、自然と共生する豊かな社会の発展に努めています。とりわけ、世界的視野を持って、平和な国際社会の発展と社会進歩のために奉仕する人材を養成することを使命とします。この使命を実現するため、知と文化の拠点として培った伝統と精神を重んじ、「地域に根ざし、地域社会から世界に発信する個性輝く大学」を目指すとともに、学生・教職員の協同のもと、学生が育ち、学生とともに育つ大学づくりを推進しています。

TOPへもどる