夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.01569

同じ植物でも品種によって違いがある

植物の分類カテゴリーを知る

 自然に自生している植物には、名札がついているわけではありません。だから、それが何という名前なのか、何の仲間なのかを見分けることは難しいですが、それが植物研究の原点です。一般に生物の分類カテゴリーとしては、大きなカテゴリー順に「界」、「門(もん)」、「綱(こう)」、「目(もく)」があり、次に「科」、「属」、「種」と続き、その下に亜種、変種に細分化されています。
 ある野生の植物を見て、ここに自生しているものと、山をひとつ隔てて自生としているものとの違いは何か。種(しゅ)が違うのか、その違いは何であり、環境が要因なのか遺伝的要因なのかを形態や遺伝子レベルで研究を進めて行きます。
 品種開発は、植物の細かな違いや特徴を見分け、従来その植物にはない新しい形質を導入していくことです。その取り掛かりとして植物を分類し、見分けることができる知識が必要であり、これが園芸植物を含めた植物研究の基本になるのです。

青いバラや青いカーネーションも誕生

 園芸植物でも外見的な部分は同じように見えても、ある遺伝子が特異的に異なっていることがあります。それを理解するためには、園芸植物の起源を研究したり、その植物の親を特定したりすることもあります。
 園芸植物に関しては、「どこから導入されたものなのか」という来歴の研究や、新しい品種の開発が日夜進められています。自然界ではありえないと言われていた青いバラや青いカーネーションも品種開発技術によって生まれました。これは、人工的にほかの花の遺伝子を組み込んで開発されたものです。このように品種開発には交配だけでなく、遺伝子の導入や組み換え、より新しい培養技術なども必要となっているのです。もちろん品種開発だけでなく、その植物に適した効率的な増殖技術や生産(栽培)技術、出荷技術も重要です。このように新しい花を世の中に誕生させるためには、さまざまな技術を駆使し、多くの研究者や技術者、生産者が関わっているのです。


この学問が向いているかも 園芸学研究科

千葉大学
園芸学研究科 生物資源科学コース 准教授
渡辺 均 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 自分たちの身の回りにある自然に興味があって、生き物が好きであれば、園芸学部で学ぶことはたくさんあります。そして、学び始めれば必ず何かのめりこんでいくことが見つけられるようになります。花は栄養源ではありませんので、人間が生きていくために必ずしもなくてはならないものではありません。しかし、花を見れば心が安らぎ豊かにもなるのです。そんな、植物を研究していくことは、地道ではありますが、熱い思いで取り組めば取り組んでいくほど、研究材料は尽きないのです。園芸学とはそんな学問です。

大学アイコン
渡辺 均 先生がいらっしゃる
千葉大学に関心を持ったら

 千葉大学は、他大学にないユニークな学部を含む全10学部を擁する総合大学です。学際的文理融合の精神のもとに、教育研究の高度化、産官学の連携推進、国際交流の拡充を進めています。近隣には放送大学、国立歴史民族博物館などがあり、各分野で共同研究が行われています。「つねに、より高きものをめざして」の理念のもと、世界を先導する創造的な教育・研究活動を通しての社会貢献を使命とし、生命のいっそうの輝きをめざす未来志向型大学として、たゆみない挑戦を続けます。

TOPへもどる