夢ナビ 夢ナビ

検索結果一覧へ戻る

講義No.01087

「決定的瞬間」的感覚が活性酸素分析の極意

いろいろな種類の活性酸素

 活性酸素をインターネットで検索すると、だいたいは「病気を起こす」「肌トラブルの元凶」のように、活性酸素=悪玉という図式が出来上がっています。しかし活性酸素を少し勉強すると、これはあまりにも単純な話であることは判ってもらえると思います。例えば病原体から体を守ったり、傷の治りを早くしたり、と、ここでは書ききれないほどのさまざまな場面で私たちの体は活性酸素を上手に利用して健康な生活を送っているのです。
 しかし、このような活性酸素ですが、時には頑張りすぎて(=たくさん作られすぎて)、あるいは役目が終わったのになかなか消えてくれなくて(=お呼びでない)、体に迷惑をかけることがあります。この、不必要な活性酸素などによる体への障害を「酸化ストレス」と呼び、酸化ストレスが高まれば、免疫力や自己回復力が低下し、病気にかかりやすくなったりします。
 活性酸素の寿命はとても短く、十億分の一秒から数秒という、はかない命。さらに、温度や光、まわりの微妙な環境にも大いに影響を受けるということもわかっています。

決定的瞬間、という観察イメージ

 そんな超短命の活性酸素ですから、旧来の活性酸素の分析法の多くは、活性酸素そのものの動きを見るのではなく、活性酸素が暴れた結果の傷ついた体の成分を見ているだけでした。しかし傷ついた体の成分は活性酸素だけでなくほかの原因でも発生するために、活性酸素で痛んだのか確定できません。また、「さぁ、実験しますよ」と、試薬などを用いて活性酸素を観察しようとしても、準備しているうちに活性酸素が消えてしまうこともありえます。
 そこで、活性酸素が今まさに働いている瞬間を観察する、活性酸素の新しい分析ツールが開発されました。このツールの開発は、活性酸素の新しい側面を私たちに示してくれる可能性を秘めています。
 私たちの体の中でどんな物質が、どういう状態で活性酸素と接触しているのか。今、活性酸素をしっかりと見極める確かな分析技術が求められています。


この学問が向いているかも 薬学部

徳島大学
薬学部  教授
土屋 浩一郎 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 今、日本国内には70を超える薬学部がありますが、「薬学部ならどこでも同じ」と考えていませんか? 徳島大学薬学部では、薬剤師を養成する薬学科と、薬学研究者養成の創製薬科学科を備えています。徳島大学薬学部が目標としている薬剤師は、薬を売る(渡す)という受け身の姿勢ではなく、医療の中で頼りにされ、かつ研究的思考を持った薬剤師です。また徳島大学薬学部は薬学研究者の養成にも力を注いでおり、世界の創薬を牽引する次世代の研究者を育てることに情熱を持っています。詳しくは徳島大学薬学部のホームページをご覧ください。

大学アイコン
土屋 浩一郎 先生がいらっしゃる
徳島大学に関心を持ったら

 徳島大学は有為な人材の育成と学術研究を推進することにより、人類の福祉と文化の向上に資するため、自主・自律の精神に基づき、真理の探究と知の創造に努め、卓越した学術及び文化を継承し、世界に開かれた大学として豊かで健全な未来社会の実現に貢献することを理念としています。豊かな緑、澄み切った水、爽やかな風、温暖な気候に恵まれた徳島の地にあって、「知を創り、地域に生き、世界に羽ばたく徳島大学」として、発展を目指しています。

TOPへもどる