夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員による講義

関心ワード
  • 野生動物、
  • 産業動物、
  • 獣医師、
  • 猫、
  • ペット、
  • 犬(イヌ・いぬ)、
  • 酪農、
  • エキゾチックアニマル、
  • 治療、
  • 診断、
  • 動物、
  • 環境

獣医師の仕事について

動物のお医者さんのイメージ

 以前は、獣医師といえば牛や馬といった大きな動物を診るというイメージでした。最近はペットを飼う人が増えてきたこともあって、犬や猫といった小動物を診察することが多くなりました。ペットを飼う人が増えた理由の一つは住環境が整ってきたことです。一戸建てに限らず、マンションでもペットを飼っていいところも増えてきました。もうひとつの理由は、ストレスが多い社会になり、ペットと暮らして癒やされたいと思う人が増えたためです。その結果、ペットがどんどん家族に近づいていて、お金をかけてでも治療を進めたいという希望が高まりました。ペットの寿命も長くなり、15、6才まで生きる犬も珍しくありません。そのため、今までかからなかった病気にかかってしまうことも多くなりました。腫瘍や認知症など、人と同じような病気になったり、ストレスを感じるペットもいます。例えば勝手気ままといわれている猫でも、病院に来るとごはんを食べなくなることもあり、飼い主との分離不安を訴えることもあります。鳥はとてもデリケートなので、手で持っただけで、死ぬ寸前までいってしまうこともあるくらいです。獣医師は、そのようなペットと、そして飼い主の心の両方をサポートします。

獣医師の役割

 もちろん、獣医師が診察する動物の種類は多岐にわたります。牛や豚などの産業動物、エキゾチックアニマルといわれる野生動物に近い動物、野外の野生動物などもそうです。
 また、動物の健康状態が、収入に直接関係してくる酪農家にとっては、獣医師の果たす役割は大きなものです。また、動物を診るだけではなく、環境衛生や食品衛生、狂犬病のことなど、多方面で仕事をしています。動物や海洋生物の身体の状態を調べると、大気の汚染など、環境について知ることもできます。獣医師は地球規模で物事を考えることのできる幅広い視野が求められると同時に、今後はさらに高度な診断や治療が求められています。

この学問が向いているかも 農学部


農学部 共同獣医学科 教授
竹内 崇 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 獣医師は、動物はもちろん、人間が好きという気持ちも必要だと思います。また、医学を学ぶためには科学への関心は不可欠です。多様化する獣医師の仕事に対応するためには、やはり一生勉強を続けていくという姿勢が大切ですね。とはいえ、言葉を話さない動物の心を察知し、1頭ずつ違う表情を読み取り、心を通じ合わせることができるのは嬉しいことです。鳥取大学の獣医学科は診療科どうしの連係がよいので、あなたもさまざまな知識や考え方を身につけることができるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃、家で数頭の牛を飼っていました。その牛の往診にやってくる獣医さんが、とてもまぶしい存在でした。つまり、小さい頃からの憧れの職業が獣医師だったのです。その夢をかなえ、現在、獣医師として、さまざまな動物の病気治療にあたるかたわら、牛、豚、鶏などの家畜の健康管理や、食品衛生、環境汚染の分野も携わっています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.