夢ナビWebセレクション

鳥取大学 農学部の教員による講義

関心ワード
  • ラクトフェリン、
  • 母乳、
  • 免疫、
  • ストレス、
  • 炎症、
  • サプリメント、
  • 牛、
  • 医学、
  • 獣医学

ミルクの中のすぐれた成分

子牛が生まれたら初乳を急いで飲ませる

 ミルクの中に含まれるラクトフェリンという成分。CMなどで耳にしたことありませんか。牛では子牛を生んですぐの初乳というものには1リットルあたりに1gぐらい、人間だとその6倍の6gぐらいの高濃度で含まれています。これだけ高い濃度で存在するものはほかには免疫グロブリンだけです。こんなにたくさん入っている意味はなんだろう、という疑問から研究がスタートしました。それまでに知られていたラクトフェリンの効果は、鉄分を吸収しやすくする、免疫を高める、細菌を殺すなど、主に免疫系への影響でした。ところが研究が進むにつれ、痛みを抑える鎮痛作用、ストレスを軽くする抗ストレス作用、炎症を抑える作用など、神経系の発達にも影響を及ぼすことがわかってきました。
 人間の場合、免疫はすでに赤ちゃんがお腹の中にいるときから胎盤を通じてある程度伝わっています。もちろん、母乳を飲んだ方がいいのは言うまでもありません。牛の場合は生後16時間以内に初乳を飲まないといけません。生まれてすぐは、腸の粘膜のふるいが大きいのでたくさん吸収できるのですが、16時間経つとぴたっとくっついて、外から入ってくるものを防ごうとするからです。腸は病原菌を防ぐバリアの役目を果たしています。免疫たんぱくは大きい分子なので、16時間以降はこのバリアを通過できなくなるのです。ですから、生まれて16時間以内に最低1回は初乳を飲ませる必要があります。

医学の進歩につながる

 このラクトフェリンを精製したものが、すでにサプリメントとして販売されています。たんぱく質なので繰り返し注射するとアレルギー反応を引き起こす可能性があり、まだ注射で使える状態にはなっていません。今後、たんぱく質を改良し、アレルギーを起こさない形で使えるようになる可能性はあります。このように動物の研究を通じて、人間の疾患にも応用できる薬ができることは珍しくありません。動物も人も健康になれる研究が獣医学科で行われているのです。

この学問が向いているかも 農学部


農学部 共同獣医学科 教授
竹内 崇 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 獣医師は、動物はもちろん、人間が好きという気持ちも必要だと思います。また、医学を学ぶためには科学への関心は不可欠です。多様化する獣医師の仕事に対応するためには、やはり一生勉強を続けていくという姿勢が大切ですね。とはいえ、言葉を話さない動物の心を察知し、1頭ずつ違う表情を読み取り、心を通じ合わせることができるのは嬉しいことです。鳥取大学の獣医学科は診療科どうしの連係がよいので、あなたもさまざまな知識や考え方を身につけることができるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃、家で数頭の牛を飼っていました。その牛の往診にやってくる獣医さんが、とてもまぶしい存在でした。つまり、小さい頃からの憧れの職業が獣医師だったのです。その夢をかなえ、現在、獣医師として、さまざまな動物の病気治療にあたるかたわら、牛、豚、鶏などの家畜の健康管理や、食品衛生、環境汚染の分野も携わっています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.