夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

検索結果一覧へ戻る

講義No.00865

あなたの先祖は源氏? 平氏?

日本人のほとんどが「源平藤橘」

 歴史学は過去の事実だけを検証する学問ではありません。歴史を動かしたものを、たとえ虚構であっても考察の対象とします。例えば、「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」を例に挙げてみましょう。「氏(うじ)」というと、今日では苗字の意味で使われることが多いですが、本来は苗字とは別の氏が日本人の名前にありました。現在の日本人の氏を探ると「源」か「藤原」が大半で、「平」と「橘」を加えた「源平藤橘」の四つの氏に日本人のほとんどが収まってしまうのです。
 檀家寺の過去帳を見ることができれば、あなたの先祖も江戸時代ぐらいまでわかるかもしれません。また、親戚中のどこかに家系図が残っていれば、容易に「源平藤橘」にたどり着けるでしょう。しかし実際に源氏や藤原氏などの子孫なのかどうかは疑問があります。江戸時代後期には、庶民も自分の家系についての関心が高まり、そのため、武士と同様に源氏や平氏の英雄を始祖にした家系図を作られるようになりました。つまり、武士も庶民も家という小さなレベルでの歴史を記し、それを大事に子孫に残していくようになったわけです。

家族国家を作った明治政府

 江戸時代、源氏を氏とする大名・旗本が多くなっています。それは徳川将軍家が、源氏の長である源氏長者(みなもとのうじのちょうじゃ)であったため、将軍に従う意思を表したものと考えられます。でも、加賀百万石の前田家は、珍しく「源平藤橘」以外の菅原氏を称します。これについて、学問の神様菅原道真の子孫だから武力で徳川家に逆らう気持ちはまったくない、と前田家はアピールしたかったとする説もあります。
 こうした「源平藤橘」をうまく利用したのが明治政府です。明治政府は、「日本人のほとんどが四つの氏につながるから日本は家族国家であり、天皇家はその総本家である」とすることで国をまとめようとしました。歴史は過ぎ去った昔のことだけではなく、現在にも関係していることがたくさんあることを知ることが大切です。


この学問が向いているかも 人文学部

南山大学
人文学部 人類文化学科 教授
青山 幹哉 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 高校までの教科書に載っている日本史は、あまり面白くないかもしれません。しかし、歴史は一方からの見方だけでなく、いろいろな角度からの見方ができます。例えば、悪法と言われている五代将軍徳川綱吉の「生類憐みの令」も、犬だけを大事にしたのではなく、当時の殺伐とした気風を一掃し、生き物すべての命を守ろうとした、平和的で情操育成をふまえた法律だとする考え方もあります。大学で学んで、自分の頭で再構成すると、歴史はもっともっと面白くなります。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

高校教員、官公庁事務、銀行員、保険会社事務、製造会社事務、社会福祉法人事務、家庭教師派遣会社企画、郵便事業会社事務

大学アイコン
青山 幹哉 先生がいらっしゃる
南山大学に関心を持ったら

 南山大学は、7学部16学科を擁するカトリック系の総合大学です。文系学部には、人文、外国語、経済、経営、法の5学部があり、理系学部には、理工学部があります。複合系の学部として、総合政策学部があります。
 本学の大きな特長は、国際性です。国際性の象徴的なポイントは、学長がドイツ人ということです。外国籍を持つ教員は、約60名もいます。また、外国人留学生は、毎年約300名以上在籍しています。本学からも、毎年100名以上の学生が海外に留学します。

TOPへもどる