夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.00379

人との関わり、その中に「政治」は生まれる

目には見えない、政治に隠された力関係

 学校で教わる「政治」やニュースで流れる「政治」。あなたは、自分にとって「政治」は関係ないものだと感じていませんか。でも政治は身近なところにあります。例えば運動部で、部長が、ほかの部員に、新しい練習メニューを行わせたとします。この場合、部長は、ほかの部員に対して権力を持っていることになります。
 なぜほかの部員は、部長に従ったのでしょうか。「部長」という立場にいる人の指示だったからでしょうか。それとも部長に従わないと、制裁が加えられるからでしょうか。あるいは部長に、人徳やリーダーシップが備わっていたからでしょうか。
 政治とは、社会を統合するために必要なもので、そのときに権力が用いられます。どの人や集団が、どのような手段を用いて、ほかの人や集団を動かしていったのか。簡単にいえば、政治学はそれを明らかにする学問です。政治学は、高校で学ぶ公民のように、制度的なものを暗記するようなものではありません。

好き嫌い、温度でわかる選挙のかたち

 国民の政治参加の方法の一つに、選挙があります。最近の選挙の結果を分析すると、政党の党首の人気が投票行動に与える影響が大きくなってきていることがわかります。
 政治意識調査では、「感情温度計」という指標が使われることがあります。人間や集団に対する感情を測る温度計です。0 度~100 度までの範囲で、好きでも嫌いでもない50 度を基準に度合いを測っていくものです。これによって、政党やその党首、さまざまな集団や制度に対する国民の感情温度の平均や分布を調べることができます。このように政治は、人間の感情から分析することも可能なのです。
 でも党首の人気以外に、国民の社会経済的地位、政党支持、そのときの争点に対する態度、その他の政治意識など、さまざまな要因が投票行動に影響しているでしょう。個々の選挙で、またどの選挙にも共通して、影響のある要因は何か。政治学は、そんなことも分析する学問です。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 社会国際学群社会学類

筑波大学
人文社会系  教授
竹中 佳彦 先生

メッセージ

 広義の政治学は、政治外交史や政治思想も研究対象です。私の研究領域は、 1.昭和期の政治思想、 2.戦後日本の政治史、 3.現代日本人のイデオロギーや政治意識、投票行動などですが、近年は 3.を中心にしています。
 複雑な現代の諸問題を解決するために、学問は学際化し、総合的な視点で物事をとらえて政策的に思考する人材が求められています。筑波大学の社会学類では、社会科学を広く学びながら政治学を学べるというメリットがあります。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

官公庁一般職、大学職員総合職、マスコミ一般職、金融業一般職、電力会社一般職、鉄道会社一般職、メーカー一般職、大学院進学、その他

大学アイコン
竹中 佳彦 先生がいらっしゃる
筑波大学に関心を持ったら

 筑波大学は、我が国を代表する研究機関集積地の筑波研究学園都市の中核を占める総合大学です。東京教育大学の伝統を受け継ぎ、柔軟な教育システムと専門分野を備え、学際性を重視しています。「学群・学類」制による学部段階教育、全教員の大学院所属による研究の重視、学生宿舎や課外活動など充実した学生生活支援などが特色です。今や“Tsukuba”ブランドは, 研究成果とともに国際的にも高い評価があります。

TOPへもどる