夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.00321

シルクロードからバイオロードへ

蚕がつむぎだす新たな可能性

 今ではあまり利用されていませんが、昔の日本では、衣類の生地はシルクが主流でした。19世紀初頭から産業化され、明治、大正には日本はシルク大国となり、一時は日本の輸出量の約6割を占めるほどでした。そのシルクを生み出すのが蚕という虫。蚕と人間との歴史は古く、約5000年前から養蚕は行われていたようです。蚕は、もはや人間の管理の下でないと生きていけません。
 そんな蚕もシルクが使われなくなったことで需要が減少し、飼育農家も減ってきました。今では日本に代わって、インドや中国がシルク大国となりつつあります。ところが、日本の養蚕業に新たなビジネスチャンスが訪れようとしています。バイオテクノロジー分野です。

次はバイオでスターをめざす

 蚕の病気に微粒子病があります。かつての難病も20世紀に入って一転。その原因がウィルスとわかると、それを機に蚕のバイオテクノロジーへの利用が始まったのです。
 ウィルスの中に蚕を殺す遺伝子がありますが、それを削除し、代わりにタンパク質を作る遺伝子を入れます。すると蚕はシルクでなくタンパク質を作り出すのです。例えば、医療に使われるインターフェロンというタンパク質の遺伝子を組み込めばインターフェロンを大量に生産します。これを利用すれば、人間に必要なタンパク質を安価で世界中に販売することが可能となります。
 さらに、養蚕の利点は飼育の容易さと安全性にもあります。蚕の飼育には大掛かりな設備や特定の環境を準備する必要がありません。また、蚕は人間の元を離れることができませんから、遺伝子操作をされた蚕が自然界に悪影響を及ぼすこともありません。なにより、人間との長い付き合いが安全性を証明しています。
 蚕のようにバイオテクノロジーに利用できそうな虫は他にもいますが、実用まで時間が掛かるのです。蚕は数千年かけて人間が改良してきたからこそ、すぐに応用することができました。「シルク」から「バイオ」へ。一旦はスターの座からその姿を消した蚕ですが、再び表舞台で活躍する日も近いかもしれません。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも バイオ

静岡大学
農学部 応用生命科学科 教授
朴 龍洙 先生

メッセージ

 蚕は、漢字で“天の下に虫”と書かれており、立派なシルクを人類に与えた恵みの昆虫です。最近バイオテクノロジー分野ではタンパク質を作る研究にこの昆虫を使用しています。細胞は、遺伝子の指令とおりにタンパク質を作りますが、蚕はもともとシルクというタンパク質を作り続けてきたので、遺伝子由来のタンパク質を大量に作ることができます。インターフェロンのような薬が代表的な例です。もはや蚕はタンパク質の生産工場として活躍しており、これから欧米にバイオロード築いていくための研究が行われています。

大学アイコン
朴 龍洙 先生がいらっしゃる
静岡大学に関心を持ったら

 静岡大学は、6学部19学科と全学横断型教育プログラム「地域創造学環」を擁する総合大学のメリットを生かし、学生の知的探究心に応えることができる幅広い学問領域の教育を実施しています。大学のビジョンは「自由啓発・未来創成」であり、これは自由によってこそ自己啓発を可能にし、それを通じて、平和かつ幸福な未来を創り出すとの力強い思いを表明しています。

TOPへもどる