一覧へ戻る

サッカーボール型「キャリア」開発

夢ナビライブ2017大阪会場にて収録

1分動画1

「自分」というブランド

1分動画2

社会人に「偏差値」は重要?

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 わかりやすかった。自分たちで体験できるものとかもあり、たのしかった。熱がつたわった。
高校1年生 地方にもこんな魅力のある大学があるんだと分かった。あきらめないことが大切だと感じた。
高校2年生 将来のために留学がしたいので、この学校も視野に入れようと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 サッカーボールとキャリアは最初、何がどう関係しているのかきになっていましたが、先生の話を聞いて、理解をすることができました。
高校1年生 岡山県の素晴らしさが伝わった。努力をする意味を知り、夢をおいかける力の意味を学んだ!
高校1年生 アピールがよかった。岡山について詳しく知れた。
高校1年生 英語や海外に興味があるのでためになりました。
高校1年生 大学についてよくわかった。アメリカに文通を送ったことがすごいと思った。歯みがき粉を食べてしまったのにはおどろいた。
高校1年生 やったことのないことに挑戦し、キャリアを積むことの大切さについて学んだ。
高校1年生 話がわかりやすかった。
高校1年生 32面のサッカーボールをうめるための経けんをつむことが必要だとおもいました。
高校1年生 自分も岡山に住んでいたためわかりやすく先生もおもしろくてぜひオープンスクールに行きたいと思いました。
高校1年生 外国のことを知ることのよさを知った。キャリアが大切であると思った。
高校2年生 キャリアについてのことがよくわかった。
高校1年生 夢を持ち続けること成功するまでやめないことなどとても重要なものを知れました。とてもよかったです。
高校1年生 岡山の魅力を知れた。
高校1年生 夢を持って頑張ります。
高校1年生 体験をもとにお話がきけてよかったです。
高校2年生 分かりやすいお話、ありがとうございました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。
高校1年生 大学についてよく分かったアメリカに文通を送ったのがすごいと思った。
高校1年生 岡山を非常に知れた。
高校1年生 ありがとうございました。
高校2年生 もう少しサッカーボール型キャリアについて、詳しく解説してほしかったです。でも、ありがとうございました。
高校1年生 大学についてよく知ることができました。ハロウィンパーティーやセブ島への留学が楽しそうだなと思いました。
高校1年生 大学に少しきょうみがでた。歯みがき粉をたべたのはびっくり。
高校2年生 先生が話しをしている内容がキャリヤなどのことがすごくたのしく話しがきけた。
高校1年生 学歴よりもキャリアが大切だということがよく分かりました。
高校1年生 岡山への魅力をかたっていて、わかりやすかった。
高校1年生 色々な経験をなされていてとても凄いと思いました。
高校1年生 話が分かりやすくて、興味がわいた。岡山のよさ、中国学園のよさがとても伝わった。留学に行きたくなった。
高校2年生 英語のすばらしさがわかりました。
高校1年生 偏差値よりもキャリアが大事だということがよく分かりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • グローバル 、
  • 国際交流 、
  • 語学 、
  • 志 、
  • 夢 、
  • キャリアデザイン 、
  • 経験 、
  • 創造力

講義No.g008272

夢・志を実現するためのグローバルな「キャリアデザイン」

夢や志の実現に必要なことは?

 これからの社会では「論理的思考はAI(人工知能)」「肉体労働はロボット」に任せる時代が来ると語られ、人間にはAIにも、ロボットにもできない「創造力」が求められています。そんな時代を生きるあなたが、夢を実現するために必要なことは何だと思いますか? あなたが今描いている夢は、大学で学ぶうちに志に変わってくるでしょう。夢や志の実現には、そのための計画を立て、語学や資格などの必要なツール取得や、さまざまな経験を積み重ねることが必要で、これを「キャリアデザイン」と言います。

32面あるサッカーボールにキャリアを書き込もう

 キャリアデザインにはさまざまな方法があります。最初のアプローチとしては、世界で起業家として活躍する人たちの成功も失敗も含めたキャリアの積み重ね方を知り、どれが一番響いたか考え・分析することが有効です。また、自分のキャリアの積み重ねを測る手法のひとつに「サッカーボール型キャリア開発」があります。32面あるサッカーボールの面に自信があるキャリアを書き込み、その時点での自分を評価するもので、多くの学生は最初数個しか書けません。しかしこれを数年ごとに繰り返すことで、夢の実現に必要なことを確認することができます。

大切なのはどれだけ経験を積んだか

 多くの学生が就職を決めようとする時、不安に感じるのは、自分が選んだ船(会社)が大丈夫かということです。しかし、世界に船はたくさんあります。人生には幸運なことや大変なことが突発的に起こり、そこで小さな舟から大きな船に移る人もいるし、その逆もありますが、どんな船でもそこでの経験は次に生きてきます。大切なのはどれだけの経験を持っているかです。
 また、たくさんの船に巡り会うチャンスは海外が多いので、世界に通じるグローバルなキャリアデザインを意識することも重要です。そういう人は、仕事だけでなく国際交流を担う人としても活躍できるでしょう。これもAIやロボットにはできないことです。

この学問が向いているかも 国際関係学、海外事業キャリア開発学

中国学園大学
国際教養学部 国際教養学科 教授
岩谷 英昭

メッセージ

 「AI(人工知能)やロボット技術の発展により人間が必要なくなる仕事が増えるのではないか」というニュースを耳にしたことがあるでしょう。ですから、人間にしかできないことを意識しながらキャリア形成していくことがあなたの力になると思います。
 その時に大切なのが「出身校」や「偏差値」にとらわれないということです。32あるサッカーボールの面に自信がある経験を書き込んでいくように、「人生を豊かにする」「選択肢を増やす」キャリアを積み重ねていきましょう。それが仕事の上での肥やしにもなるはずです。

先生の学問へのきっかけ

 大学教員になるまでのほとんどを、日本の民間企業の社員として過ごしました。そのうちの30年間はアメリカで仕事をし、最終的には本社取締役および、その会社のアメリカ法人の会長兼CEO(最高執行責任者)を務め、経験とキャリアを積みました。
 その後、会社員時代の経験を買われて、学生にグローバルビジネスやキャリア開発を教えることになりました。自分の講義に素直に反応してくれる学生と接して、「この学生たちが新しい世界をつくっていくんだ」と可能性とやりがいを感じ、大学で研究と人材育成に取り組んでいます。

大学アイコン
中国学園大学に関心を持ったら

 中国学園大学で「楽習力」を身につけよう。
 中国学園大学は岡山市内にあり、中国短期大学を併設している大学です。人は楽しいことには自然と前向きになり、もっと深く知りたいと思って夢中になれます。この体験こそが「楽習力」なのです。本学は、学生一人ひとりが知ることを楽しむ大学として、「楽習力」を養い、発見力・発想力・生きる力を育て、無限の可能性を引き出す教育を実践しています。


一覧へ戻る