一覧へ戻る

カーデザイナーの仕事とは?

夢ナビライブ2019名古屋会場にて収録

1分動画1

車のデザインはどのように決まるの?

1分動画2

エクステリアデザイン(外側の形)

1分動画3

モデルを作って考える

30分動画

講義を視聴する(30分)

関心ワード
  • クレイモデラー 、
  • 安全 、
  • 景観 、
  • 街・町・まち 、
  • ユニバーサルデザイン 、
  • 工業デザイン 、
  • 自動車 、
  • カーデザイナー 、
  • 快適 、
  • エクステリア

講義No.g007935

デザインの力で、街の景観を変え、人々をハッピーにする

多岐にわたり細分化されているカーデザイン

 毎年登場する新しい自動車のデザインはどのように作られるのでしょうか?
 カーデザイナーには、ボディをデザインする「エクステリアデザイナー」、内装のデザインを行う「インテリアデザイナー」、ボディや内装の色彩を考える「カラーデザイナー」のほか、専用の粘土で立体を作る「クレイモデラー」、パソコンでビジュアル化する「デジタルモデラー」、これらのデザイナーをまとめる「チーフデザイナー」などがおり、その仕事は細分化され、多岐にわたります。例えば、インテリアには安全性や快適さなどというように、担当ごとに求められるニーズが異なり、技術の進歩によって求められるデザインも年々変化しています。

デザインには街の景観を変える力がある

 さらに、量産化する際にどういったデザインやカラーなら、今ある製造ラインで対応できるかといった、生産技術との調整も欠かせません。デザイナーには専門的な知識や技術はもちろん、デザインチームや技術部門とのコミュニケーション力、調整力も非常に重要になるのです。
 こうして作られた自動車は街並みの一部となり、景観や環境を作ります。美しい文具や美しい家具と同じように、美しい移動機器には街の景色を変える力があります。そして、工業デザインは、普遍的・論理的でなければ長く愛されるものにはなりません。

デザインの力で人々の気持ちをハッピーに

 私たちの生活においては、自動車のほか、パーソナルモビリティや自転車、ベビーカー、シニアカー、車いすなどのさまざまな移動手段があります。ユニバーサルデザインはもちろん、自転車が快適に移動できるような道路や歩道を考えることや、例えば電車にシニアカーを積んで移動するといったモビリティミックスなど、デザインにできることはまだまだたくさんあります。移動に関連したデザインを通じて、安全で快適なより良いまちづくり、環境づくりを実現することで、人々の気持ちをハッピーにできるのです。

この学問が向いているかも 工業デザイン学

静岡文化芸術大学
デザイン学部 デザイン学科 教授
服部 守悦 先生

メッセージ

 デザイナーは、トレンドばかりに目を向けていると思われがちですが、決してそうではありません。あなたに、ぜひしておいてほしいのが、音楽を聴いたりライブに行ったり、映画を見たり、おいしいものを食べるといった、数多くの実体験を得ることです。ネット上の疑似体験ではなく、実際に足を運び、その場所の空気や熱気、匂いを体感することが大切です。
 それが記憶に残り、デザイナーになった時にたくさんの発想の引き出しになってくれます。実際に経験したことは、ジャンルを問わず、後の人生に生きてきます。

先生の学問へのきっかけ

 30年余りにわたってスズキ自動車でカーデザインのチーフデザイナーとして勤務してきました。
 子どもの頃から、ミニカーを集めたり、世界中の自動車の写真を見て車種が言えるくらい自動車が大好きでした。高校生の時は「カーデザイナーになるのは無理だろうから、公務員になろうかな」と思っていましたが、友人が「油絵の画家になりたい」と言って美術大学をめざしている姿を見て、「デザイナーをめざしてもいいんだ」と、進む道を決めました。美大に進学し、スズキ自動車に就職して、カーデザイナーになるという夢を実現しました。

大学アイコン
服部 守悦 先生がいらっしゃる
静岡文化芸術大学に関心を持ったら

 静岡文化芸術大学は、文化政策学部、デザイン学部からなる大学です。「文化」と「デザイン」の融合が新しい価値の創造を可能にするという理念のもと、時代の要請に応えられる創造性と実践力を持った人材を育成します。社会に貢献できる人材の育成を目標に各領域を段階的に学び、多方面から物事にアプローチできる力を養う教育を目指しています。
 キャンパスは静岡県浜松市の中心市街地に位置します。多彩な産業を擁する地域特性を活かし、企業や公共機関での実習を積極的に取り入れ、学内だけでは得られない貴重な経験を生み出します。