一覧へ戻る

音楽を進路にするもう一つの方法

関心ワード
  • ライブスタッフ 、
  • 照明 、
  • レコーディング 、
  • CD 、
  • 音響 、
  • ミュージシャン 、
  • 音楽

講義No.g009727

演奏家だけじゃない。音楽ビジネスの世界は多彩で、刺激に満ちている!

音楽の世界にはプロがいっぱい

 音楽業界と聞くと、多くの人はミュージシャンを思い浮かべます。しかし実際には、ステージ上で演奏を行うには音響や照明というスタッフの力も必要です。特殊効果なども、ステージを盛り上げる上では欠かせません。しかも絶妙のタイミングと専門知識が要求されるため、専任のプロがいて、その人たちも音楽業界の一員です。
 さらに言えばCDショップの店員も、楽器の販売スタッフやメンテナンススタッフも、みんなそれぞれの形で音楽に関わっています。事務職としてなら音楽プロダクションで働く道があり、そこには商品開発や制作、予算管理や企画など、さまざまな部門があります。

気軽にチャレンジできる点も魅力

 IT技術などの発展とともに、音楽の世界も進化しています。例えば「レコーディングエンジニア」という仕事があります。音楽を記録し、CDや配信音源を製作する仕事で、技術力と機材を駆使してあなたが聴いている音楽の「サウンド」を作ります。
 かつてはレコーディングスタジオがその仕事場でした。この仕事に就くためには、必ずスタジオに採用される必要があったのです。ところが今は大きな音を出すなど、スタジオでしかできない作業以外は、ほぼ同様の作業がパソコンやタブレットでできてしまいます。「プロの機材は大きくて重く、高価」という時代は終わろうとしていて、その分、自宅でスキルを磨くことができる職業になってきているのです。

得意や個性を生かせる環境が待っている

 音楽業界は決して特殊な世界ではありません。商品やサービスを求められる人に提供する点では、全く他業種と変わることはないのです。基本的にコミュニケーション能力は大きな武器ですが、それが得意でない人は専門技術を身につけて、職人として技術を提供することもできます。音楽業界は個々の適性に合った活躍フィールドが見つけやすい分野として、注目を集めています。

この学問が向いているかも 音楽、音響学

名古屋音楽大学
音楽学部 音楽学科 音楽ビジネスコース 講師
川井 敏生 先生

メッセージ

 あなたには、まず音楽をとことん好きになってほしいと思っています。その上で、自分の得意なところを伸ばしてください。例えば楽器経験があるなら、演奏者に寄り添うサポートができますし、物理や数学が好きなら、技術を生かして音楽と関わるのもいいでしょう。
 音楽はいつの時代もなくなりませんが、演奏をする人だけでは成り立ちません。名古屋音楽大学で音楽を学び、演奏家の人たちから信頼され、頼られる人材をめざしてください。

先生の学問へのきっかけ

 中学時代にフォークソングやロックと出会い、高校から大学にかけてはバンド活動に励んでいました。学生の頃には録音スタジオでアルバイトをし、そこでイベントの企画や舞台監督の手伝いをしたのが、音楽業界に進むきっかけです。その後はフリーランスの音響エンジニアとしてレコーディング、PA、テレビ、ラジオの世界で活動し、さらにコンサート制作や、アメリカでのサービスエンジニアなどの仕事に携わりました。現在は教育者として、将来の進路を決める役に立つよう、自分の経験を若い人たちに伝えて、後進の指導にあたっています。

大学アイコン
川井 敏生 先生がいらっしゃる
名古屋音楽大学に関心を持ったら

 名古屋音楽大学は音楽を通じて人間力を育てます。
 
 音楽が大好きな人、真剣に学びたい人は集まれ!クラシック、ジャズ・ポピュラーといったジャンルはもちろん、演奏者だけでなく、音響や録音、ステージマネジメントといった演奏者を支える裏方、音楽療法士、教員に至るまで幅広く学ぶことができます。疑問や不安、思いのすべてをぶつけてください。めいおんの講師が、音楽とともに生きていく道をお伝えします。熱く語り合いましょう!