一覧へ戻る

細胞の死の物語~私たちの生を支える細胞死

関心ワード
  • 健康 、
  • アポトーシス 、
  • 細胞死 、
  • がん細胞 、
  • 免疫細胞 、
  • 細胞 、
  • がん(癌) 、
  • 体(からだ) 、
  • アルツハイマー病

講義No.g008876

細胞の死、私たちの健康を守っている!

約3000億個の細胞が毎日生まれ、死んでいる

 私たちの体の中では毎日、約3000億個もの細胞が新たに生まれています。これだけ多くの細胞が生まれているのに、体は肥大化を続けるわけではありません。それは毎日、生まれる数と同じくらい多くの細胞が死んでいるからです。
 細胞の死に方はさまざまです。寿命で死ぬ細胞もあれば、ほかの細胞に殺される細胞、中にはアポトーシスといって自殺する細胞もあります。では、何のために死ぬのかというと、それは人の健康を守るためです。

細胞が体内秩序を維持するメカニズム

 私たちの体は約60兆個の細胞から成り立っています。それはまるで一つの国家や社会のようで、細胞の世界ではいろいろな現象が起こっています。
 例えば免疫細胞は、健康に害を及ぼす細胞やがん細胞、微生物などを駆除する役割を担い、体内の秩序を保っています。また、細胞は死ぬ間際に、遺言のような信号を出します。残された細胞は「遺言」に従って分裂することで減った数を補うなどし、何事もなかったように原状回復を果たします。一方、死んだ細胞の死がいは、ほかの細胞が食べて処理します。こうして体の中は、クリーンに保たれているのです。

がん、アルツハイマー病も細胞死が関係している

 このように、細胞は影響し合い協力し合って、私たちの健康を守っています。つまり、「細胞の死が人の健康を支えている」と言えるのです。最近の研究では、細胞が死なないと病気になることが明らかになっています。がんはその代表例です。がん細胞は異物であるため、免疫細胞に攻撃されますが、攻撃がきかなかった場合、がんを発症します。逆に、アルツハイマー病などの神経疾患は、細胞の死に過ぎが原因です。つまり、適切なときに適切な細胞が死ぬという奇跡のようなバランスによって、私たちの生命は維持されているのです。
 細胞死をコントロールできれば、さまざまな疾患の根本治療も夢ではありません。世界中の研究者は今、そのゴールに向かって研究に打ち込んでいます。

この学問が向いているかも 生命科学

京都産業大学
生命科学部 ※2019年4月学部新設  准教授
川根 公樹 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 細胞の死は、決して受動的でネガティブなものではありません。それぞれが全体の秩序を保つという役割を“まっとう”するために死んでいるのです。そこに自然の神秘、ドラマを感じます。
 研究する上では、ちょっとしたきっかけから仮説や実験方法などのアイデアが生まれます。そのベースは、何に対しても疑問を持ち、掘り下げて考える姿勢にあります。あなたが今、生命科学に興味を持ち、研究してみたいと思っているのなら、ぜひ、いろいろなことに疑問を持ち、考える習慣をつけてほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 小さい頃から動物や昆虫を飼うのが好きで、生き物に興味を持っていました。ターニングポイントは、中学・高校での理科の先生との出会いでした。温かい人柄はもちろん、教科書に載っていないことも教えてくれる情熱に感銘を受け、同時に、生命が物質の化学反応で成り立っているという神秘に興味が膨らみました。大学では細胞死という現象を知り、大学院ではその研究に没頭します。研究は、受験勉強と違って答えはありません。仮説を立て、それが正しいことを証明するまでの一連のプロセスはエキサイティングで、何ものにも替えがたいです。

大学アイコン
川根 公樹 先生がいらっしゃる
京都産業大学に関心を持ったら

 京都・洛北の地に位置する京都産業大学。甲子園球場の約15倍という広大な敷地に、文系・理系10学部を擁し、13,000名の学生がひとつのキャンパスで学ぶ総合大学です。この理想的な教育環境が学部・学科の枠を超えた学習や学生間の交流を可能にしており、活気あふれるキャンパスを実現しています。いろいろなタイプの人との出会いには豊かな人間関係を築き、互いに自己を大きく成長させる魅力があります。さまざまな夢や目標を持った学生が全国から集うキャンパスには、無限の可能性が広がっています。