一覧へ戻る

動物にだってあるでしょ……「血液型」

夢ナビライブ2018福岡会場にて収録

1分動画1

血液型に大きく関係!糖鎖とは

1分動画2

血液型には特徴がある?

1分動画3

血液型はどうやって決まる?

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 とても話がわかりやすかった。
高校1年生 動物の血液型も人間と同じでたくさんの型があってびっくりした。
高校1年生 動物にも血液型があるということをはじめて知りました。血液型別の性格も知れて良かったです。
高校2年生 動物実験大切!!だと思った。
高校1年生 おもしろかった。栄養のことがわかった。
高校1年生 専門的なことをしっかりと教えてくれてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 人種などによって血液型の割合が違うことを知ることができた。
高校1年生 自分の知らないことばかりで知れてよかったです。
高校2年生 動物の血液型についてよく知れた。これから犬などを見る時に気になってしまう。
高校1年生 私はあまり獣医系には興味がなかったのですが、今回の講義で自分の視野が広がりました。
高校1年生 自分の知らないことをたくさん学べて楽しかった。
高校1年生 とてもわかりやすく、よく聞くことができました。
高校1年生 動物にも血液型があるのだと驚きました。
高校1年生 動物にとても興味があるので、4限を受けられて良かったです。少し生物基礎で習っていたので、分かりました。ありがとうございました。
高校1年生 mRNAがでてきて、生物ならっていたので役立ったなと思いました。
高校1年生 私は獣医学科志望で、講義をすごく楽しみにしていました。今、授業で習っているのもあり、すごく理解でき、動物について、もっと知りたいと思いました。血液型はすごく興味を持ちました。
高校1年生 ほとんどの動物には血液型があり、それが糖鎖が原因でできているということを初めて知った。
高校2年生 動物によって血液型の割合が変わっていることにビックリした。
高校1年生 考えれば考えるほどグルコースを使うので朝ごはんはちゃんと食べようと思いました。ゴリラはだいたいB型という理由も、また知りたいです。
高校1年生 動物の血液型のことなどの話がおもしろかった。
高校2年生 いろんな糖の話などを聞けて、楽しかったです。血液型は人種によってA型が多いとか、B型が多いというのは、知りませんでした。良い経験となる話が聞けてよかったです。
高校2年生 血液型は動物によってほぼ決まっているというのは初耳だった。
高校1年生 色んな動物にはきまった血液型があることを知れました。魚がA型が多くゴリラはB型が多いということが知ることができました。
高校1年生 動物にも血液型があることをしりました。
高校1年生 ・どうぶつの血液型についての話だったが、ある物質が関係していることを初めて知った。
高校2年生 自分たちの体の細部や動物の血液型についてよくわかりました。
高校1年生 あるものだろと思っていましたがいざ知ると色々おもしろくて興味深くて話にどんどんのめりこみました。
高校1年生 ますます獣医について興味がわきました。
高校1年生 僕は、動物に血液型があるかないか今まで生きてきたけど、一回も聞いたことがなかったけどあるって聞いてとてもびっくりしました。
高校1年生 動物の血液型には、糖鎖が関わっていることが分かってとても驚きました。動物の体の仕組みについてとても興味を持ちました。ありがとうございました。
高校1年生 動物の種類ごとに血液型がたくさんあっておもしろかったです。
高校1年生 体のしくみによって血液型が違うと知り、知らないことを知ることができてよかったです。
高校2年生 学校の生物の授業で習ったことよりもっと細かいことが私たちの体内で行われているのにびっくりした。脳細胞は体の中で1番グルコースを消費するので朝食は必ず摂りたい。
高校2年生 動物によって、血液型が違うのが興味深く、面白かったです。
高校1年生 知らなかったことが多く知れて、よかったです。
高校1年生 血液型はどのように決まっているのか、正体は何なのかをわかりやすく教えてくださってよかったです。今まで興味がなかったけど、興味が湧きました。
高校1年生 理科学なところがあって自分はあまり理系型ではないけど興味がもてました。
高校2年生 動物の体を知ることができてよかったです。
高校2年生 動物の血液型などを知れて良かった。
高校1年生 今日の講義で血液型の正体や構造、体の中の化学反応や病気などについてよく分かることができました。
高校2年生 ゴリラには血液型が1種類しかないことに、おどろきました。
高校2年生 血液型によって性格がちがうということがわかった。そしてまた、動物にも人間と同じように血液型があるのだと知ることができた。
高校1年生 日頃の学校で習っていることとつながっていておもしろかったです。
高校1年生 動物にも血液型があるかどうか考えたこともなかったのでとてもびっくりしました。
高校1年生 血液型について知識がなかったので、知れてよかった。
高校2年生 代謝や血液型の割合などおもしろいものが多かった。
高校2年生 血液型は動物にもあるのだと思った。
高校1年生 すごく興味のある学問でおもしろかったです。血液型=血だけと思っていたけど、そこに消化が関わってると知りびっくりしました。
高校1年生 1つの細胞で多くのはたらきを行っているのをきき、改めて人の体はすごいと思いました。赤血球の表面はつるつるではなく、糖鎖がついているのを初めて知りました。
高校2年生 非常にわかりやすい内容でとても興味がでました。また機会があればうけたいです。
高校1年生 動物にも血液型があることにとてもびっくりしたし人間の血液型についてもよく分かりました。
高校1年生 とても興味深い内容でした。この動物にはこんなに血液型があるのか!と思うこともあり楽しかったです。
高校1年生 生物で習ったことが少しでてきて、興味深かった。
高校1年生 とてもおもしろくて、興味がわいてたのしかった。知らないことを知れてよかった。
高校1年生 動物の血液型をいろいろ知れて楽しかったです。ありがとうございました。
高校1年生 赤血球によって、血液型が決まっていることを、初めて知りました。人種によって、だいたい血液型の割合が決まっているのは驚きました。
高校2年生 アトピーだけでなく他のやつも聞いてみたいと思いました。
高校1年生 血液型を気にするのは日本人だけだと知っておどろきました。
高校1年生 動物の血液型が決まっていることが知れてよかった。
高校1年生 体のしくみなどをくわしく知ることができた。
高校1年生 今までしっかり知らなかった「血液型」に関して、こんなに深く考えたのは初めてで、楽しかったです。
高校1年生 血液はタンパク質が重要だということがおもしろく、自分でも調べてみたいと思いました。
高校1年生 獣医は前から少し興味はあったけど、詳しいことは知らなかったので、知る機会があって良かったです。
高校2年生 人や動物にも血液型の割合に違いがあることが興味深かったです。
高校2年生 いろんな動物の血液型の種類を知ることができました。
高校1年生 マウスで病気の実験をして論文を発表されていて、すごいなと思いました。病気について興味があるので難しそうだけど、こういう研究もしてみたいなと思いました。
高校2年生 ちょっときになっている大学だったので楽しむことができた。
高校1年生 獣医学に少し興味があったのでおもしろかったです。
高校2年生 たのしかったので、またききたいです。
高校2年生 動物にも血液型があることは知っていましたが、ここまでくわしくは、知らなかったので、知れてよかったです。
高校1年生 自分も血液型に興味があってそのことについて知らないことを分かることができました。
高校2年生 血液についてあまり関心がなかったが、面白いと思いました。
高校1年生 自分の知らないような新しいことをたくさん知れてよかったです。
高校1年生 動物は、ほぼA型という事が分かり、面白いなと思いました。
高校1年生 はじめてしったことがたくさんありいい経験になったと思う。
高校1年生 とても興味がある議義でした。もっとたくさんのことをしりたくなりました。
高校2年生 楽しい時間が過ごせました。
高校2年生 動物にもしっかり血液型があり、特徴まであることがわかった。
高校2年生 血液型からいろんな病気について研究していくことが良いと思いました。
高校2年生 好きなアメリカンショートヘアの血液型が全部A型だったことにびっくりしました。
高校1年生 動物によって血液型の種類が様々なことや、血液型の割合などが分かり、とてもおもしろかったです。
高校2年生 血液型っておもしろいなと思った。
高校1年生 動物には色々な血液型があるのだと分かりました。始めて聞いた話だったので驚いたりもしました。ありがとうございました。
高校1年生 糖鎖という言葉を初めて知って、糖鎖について知ることができたので良かったです。
高校2年生 動物の血液型、普段気にもとめなかったことを詳しく知れてよかったです!!
高校1年生 動物によって、血液型が異なるということにおどろいた。また、それぞれの血液型に含まれる酵素が変わっていくということにもおどろいた。
高校1年生 人間にも血液型があるように、動物たちにも血液型があることを初めて知った。
高校1年生 アトピーの話の部分が興味をひきました。
高校2年生 私は生物選択でないため、糖鎖の話の内容はあまり分からなかったけど動物にも血液があり、またその動物によって、何型かも特徴があり、面白い講義でした。
高校1年生 動物のいままで考えたことなかった血液型を知れて良かったです。
高校1年生 動物を使ってさまざまなけんきゅうをされていてすごいと感じた。
高校1年生 ありがとうございました とても分かりやすかったです。
高校1年生 血液型にブドウ糖(グルコースC6H12O6)が関係しているのは驚きでした。グルコース、すごいです。
高校1年生 それぞれいろんな血液があった。
高校1年生 ゴリラはほぼB型だというのが興味深かったです。
高校1年生 動物に関することからちがうことまでしれてよかったです。
高校1年生 あまり動物の血液型について考えたことなかったから今日講座をきけてよかったです。
高校1年生 血液型ができる理由から説明してくださってとても面白かった。ゴリラが全部B型だったのがびっくりした。もっと知りたいと思った。
高校1年生 初めてペットに血液型があることが分かった。ペットについての興味がもっともっと深まった。
高校1年生 血液型のでき方や、動物の血液型の割合など、おもしろい話が聞けて楽しかったです。
高校1年生 ゴリラの血液型はB型だけだと知って、驚いた。また人種によっても、血液型が異なるのは、とても不思議だと感じた。
高校2年生 血液型は、動物にあると聞き、いろいろな個性があって面白いなと思いました。
高校2年生 犬やねこにも血液型があり、とてもわかった。
高校2年生 体内ではたくさんの化学反応が起こっていてすごいとあらためて分かった。
高校1年生 動物にも血液型があり、その血液型に糖鎖が関わっている事を始めて知りました。すごく、その先の事が気になってしかたないです。
高校2年生 血液型の詳細について知れて面白かった。
高校1年生 人間の血液型ベつの性格、動物の血液型を知ることができました。
高校2年生 麻布大学の獣医学部は志望している進路の1つだから、話が聞けてよかった。
高校1年生 いろいろな生き物にも血液型があるのだと知れてよかった。
高校2年生 説明が分かりやすかった。
高校2年生 自分の中を流れている血液なのに、自分が知らなかったことが多く、とても勉強になりました。自分の血液型がどうゆう種類なのか細かく知れて良かったです。
高校2年生 今ちょうど生物でタンパク質の合成をやっているので、より関心が深まって、とてもおもしろかったです。血液型のしくみもよく分かりました。
高校1年生 血液についていろいろ知れてよかった。知らないことがたくさんありました。すごく楽しい講義でよかったです。
高校2年生 体で起こっている化学反応があんなに多い事にびっくりした。犬には血液型がたくさんあるのにネコは少なくて疑問に思った。
高校1年生 ノックアウトマウスと正常なマウスの比較によって病気について分かるということが知れた。糖やアトピーについても知れた。
高校2年生 生物の授業で習ったようなことがたくさんあったのでよかったです。
高校1年生 あらゆる糖について知ることができてとても楽しかったです。
高校1年生 糖タンパク質は糖鎖というのをはじめて知ることができた。犬には9種類の血液型があることを知り人よりも多いということが分かった。
高校2年生 動物にも血液型があることにおどろきました。今、習っていることが講義に出ていてすごく分かりやすかったです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 欠損 、
  • 獣医学 、
  • インスリン(インシュリン) 、
  • 倫理 、
  • 糖尿病 、
  • 遺伝子 、
  • マウス(ネズミ) 、
  • 動物 、
  • 実験

講義No.g006027

遺伝子を欠損させた「ノックアウトマウス」の研究でわかること

「ノックアウトマウス」とは何か?

 ノックアウトマウスとは実験のために、ある遺伝子を意図的に欠損させたマウスのことを言います。1990年代からノックアウトマウスの研究が盛んになりましたが、それまでは遺伝子の本当の機能はわかっていませんでした。遺伝子のDNAがATGCの4つの異なる塩基からできていることはわかっても、具体的にどの遺伝子がどの器官を作るか、どの病気を引き起こすかなどは、遺伝子を直接コントロールした実験で初めてわかるようになったのです。ある遺伝子を欠損させたことによって、現れる現象をフェノタイプ(表現型)と呼びます。通常はこの遺伝子を欠損させると、こういうフェノタイプになるだろうと、仮説を立ててマウスを作るのですが、必ずしもその通りにはならず、意外な関係が明らかになることも多いのです。

糖尿病のメカニズムが明らかに

 ノックアウトマウスで遺伝病や生活習慣病を引き起こす遺伝子がわかった例もあります。糖尿病は食べ過ぎなどによってインスリンのレセプター(受容体)の感受性が落ちてしまい、その分、すい臓がたくさんインスリンを出そうとし、すい臓のベータ細胞が疲れてしまうために起こる病気です。あるノックアウトマウスを調べると、通常より高いインスリン感受性を示しており、ちょっと食べると一時的にインスリンが上がってインスリンレセプターが効きすぎて血圧が下がることがわかりました。遺伝子の働きによりインスリンレセプターが効きすぎてしまう動物(人)がいるという糖尿病のメカニズムの一端が、ノックアウトマウスによって明らかになったのです。

実験動物と倫理

 このように遺伝子を人為的に操作し、今までに知られていなかった新しい機能を見つけるのにノックアウトマウスのような実験動物は欠かせません。人間では倫理的に許されない実験をすることもありますが、獣医師は獣医学の倫理にのっとって、無駄な死を増やさないよう考えながら実験をしているのです。

この学問が向いているかも 獣医学、生化学、分子生物学、糖鎖生物学

麻布大学
獣医学部 獣医学科 教授
山下 匡 先生

メッセージ

 私は獣医師ですが、いわゆる「動物のお医者さん」ではなく、基礎研究をしています。獣医師の仕事は幅広いのです。あなたにしてほしいことは、まずいろいろな人とコミュニケーションできる努力をすることです。次に大事なのは自己主張で、しないとあなたは消えてしまいます。自己主張できる人間関係を作り自信をつけてください。最後に目的を持つことです。どんな大学に入り、どんな職業に就きたいか、将来の青写真は漠然としているかもしれませんが、一生楽しく生きるための青写真をいつも持っていてほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 大学卒業後留学したアメリカで、運命的な出来事がありました。当時、日本ではまだ進んでいなかった、遺伝子を意図的に欠損させた「ノックアウトマウス」の最先端の研究が行われていたのです。その中に「ノックアウトマウス」に子どもが生まれない原因を探る研究がありました。私はいろいろな動物に触れていたので、原因をおなかの中で胎児が死亡する胚性致死だと思いつき、それを立証した論文をまとめ、大きな反響を呼びました。ノックアウトマウスの研究では、糖鎖という分子が遺伝にどう関わっているのかも明らかになりました。

大学アイコン
山下 匡 先生がいらっしゃる
麻布大学に関心を持ったら

 はじまりは1890年に開設した東京獣医講習所でした。
 まだ栄養状態が豊かでなかったこの国の、人の生活を豊かにするため、畜産の発展に寄与するため獣医師の養成をはじめました。それから約130年の時を経て、人の社会と動物のかかわりは深くなり、複雑になり、生きものすべてが新しいバランスで循環する「いのちのあしたのあり方」が求められています。
 これが私たちの目指す「地球共生系」です。
 最先端の研究と確かな実践力で、「人と動物と環境」に向き合い、地球のあしたをつくる。これが私たち麻布大学です。