一覧へ戻る

ひとをしあわせにするプロダクトデザイン

夢ナビライブ2018福岡会場にて収録

1分動画1

デザインの極意とは

1分動画2

デザインは恋愛?

1分動画3

デザインで社会貢献

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 デザインで人を幸せにできることが知れてよかったです。気にしてなかった身近なデザインを探してみようと思いました。
高校2年生 プロダクトデザインについての考え方を知る事が出来て、関心が高まりました。
高校2年生 デザインが人を幸せにするんだなと思いました。
高校1年生 デザインを恋愛に例えていて分かりやすかったです。
高校1年生 デザインの見方が変わった。
高校2年生 デザインは恋愛に似てるという言葉が印象に残った。
高校1年生 身近なコンビニでのことを話してくれたため、とても理解しやすかったです。
高校2年生 デザインといってもさまざまな人に分かりやすいデザインをすることが大切だと分かりました。
高校2年生 デザインについて理解を深めることができました。
高校2年生 デザインについては興味があったのですが、今日の講義を聞いて、もっと学びたいと思いました。意外な視点から学べておもしろかったです。
高校1年生 セブンコーヒーの機械をたとえに講義してくださり、とてもわかりやすく楽しかったです。デザインは人を幸せにするということがとてもわかりました。
高校1年生 デザインへの興味が深まりました。とてもよい勉強になりました。
高校1年生 デザインは、見た目を大切にするのではなく、人が豊かになる手段ということが必要だと分かりました。人のためにデザインをしていくとことが一番大切だと思いました。
高校2年生 プロダクトデザインについて、とても理解することができました。
高校2年生 デザインは人をしあわせにするためにあるということが自分になかった新しい考えだったので、おもしろかったです。ロボットの顔をなくした理由が興味深かったです。
高校2年生 自分はセブンカフェは買わないので、気にしてなかったけれど買いやすくするために色々な工夫がされていてすごいなと思った。SmartPalVがすごかった。
高校1年生 デザインについてよくわかって、社会でデザインが活やくしているのを知った。デザインについて興味がわいた。
高校1年生 デザインは恋愛に似ている。とても心に響きました。
高校2年生 わかりやすい話をありがとうございました。
高校2年生 あまり理系科目は得意ではないのですが、テプラが見られる機会の話はとてもおもしろく感じられました。
高校2年生 自分の思っていたプロダクトデザインと異なって、驚きました。また、世の中をかえることもできるという言葉をきいて、世の中をふりかえって確かにそうだなと思いました。
高校2年生 今回のお話を聞いてデザインって深いなと思いました。私は友人のつきそいだったのですが、とてもおもしろいと思える講義でした。
高校1年生 デザインは形や色が重要だと思っていたけどそれはまちがっているということがとても理解することができました。知らないことをたくさん知れた。
高校2年生 デザインとは何か、ということを知ることができました。相手のことを考えてデザインすることの大切さを学べました。ありがとうございました。
高校2年生 身近なところに私たちを幸せにするデザインのものがあるんだなと思った。
高校1年生 デザインへの見方が大きく変化した、30分だった。
高校1年生 私は文系なのですが、工学的にデザインを見ることもできることを知り、プロダクトデザインについてもっと考えてみたいと思いました。
高校1年生 デザインは人を幸せにすることだということが、具体例があってとても分かりやすかった。
高校1年生 人を見つめることは「恋愛」と同じで因まっている誰かのために色んなデザインを作製していることが分かりました。ありがとうございました。
高校1年生 目的を明らかにして、デザインをすること。ただデザインするのではなく、使っていただくにあたり、どんな機能でどんな形でつくる。そういったデザインのあり方もあるのを知り楽しかった。
高校2年生 自分が目指している学校の学部へ行かれていたので、嬉しかったです。デザイナーの道に進みたいと強く思うことができました。
高校2年生 デザインとは、「人を幸せにする」という言葉がとても心に響きました。それに、とても良い言葉だなあと思いました。
高校1年生 セブンカフェのマシーンを使って、わかりやすく、他の人が使いやすい困っていることをなくすのもデザインの役割と知れて、とてもおもしろかったです。
高校2年生 デザインとは色や形だけではなく人を豊かにすることが大切だと言うことがわかって良かった。
高校2年生 デザインに興味があって受けてみて、良かったです。デザインの本来の意味がわかりました。
高校1年生 デザインの役割やどういった気持ちでデザインすればよいか分かりました。
高校1年生 興味をもった。
高校1年生 デザインとは、見た目のことではなくそれを使う人のことを考えて、人の助けになるようにすることということがわかりました。ありがとうございました。
高校1年生 デザインを「ひとをしあわせにするもの」と考えたことがなかったから、素敵だと思った。
高校1年生 その大学に行きたくなった。
高校1年生 わかりやすく、おもしろかったです。デザイン系をめざしているのではげみになりました。
高校1年生 すごくたとえとかわかりやすいし、要点とかもしっかりおさえつつ話してくださるのでとてもわかりやすかったです。物をデザインする仕事にかかわってみたいと思えました。
高校1年生 私はイラストに関わる仕事を目指していますが、「デザイン」は「人を幸せにすること」だと知って、人の心を動かすような絵を描けるようになりたいと思いました。
高校2年生 とても良い講義でした。デザインがどのようなものなのか詳しくわかりました。
高校2年生 デザインについて、よくわかった。
高校1年生 橋をデザインするのではなく、川を渡るシステムをつくれという言葉が印象に残りました。
高校2年生 とてもおもしろく共感した。デザインをとらえなおす良い機会になった。
高校2年生 おもしろかったです。セブンという身近な例があがっていてわかりやすかったです。
高校1年生 デザインとは何なのかが理解できました。
高校2年生 「テプラを貼られたらデザインの敗北」ということが心に残った。自分はテプラを貼られない、人を幸せにするものをつくりたい。
高校2年生 デザインのことについて漠然と「きれいなものを作る」というイメージしかなかったので、先生の授業は新しく、とてもおもしろいと感じました。
高校2年生 これからの進路への関心が深まりました。とても興味深いお話ありがとうございました。
高校2年生 講義のお話を聞いて、デザインはひとをしあわせにすることなんだなと知ることができました。人が喜ぶことはても大切なことだと思いました。
高校2年生 プロダクトデザインを学びたいという気持ちが高まりました。恋愛ににているというのがおもしろいと思いました。
高校1年生 デザインという言葉に対して、自分の考えが広まりました。知らなかったことがたくさんありました。
高校1年生 デザインへの興味がもっと深まりました。人のためのデザインがあることを知って、デザインと自分への距離が近くなった気がしました。
高校2年生 とても分かりやすく、こんな学問を目指すのもいいと思った。
高校2年生 セブンイレブンを例に挙げて解説していたのが面白かったので、今度コンビニで見てみようと思った。
高校1年生 デザインだけがよくてもみんながつかいやすくなかったら、しあわせのデザインとはいえないので、しあわせのことも考えたデザインにきょう味がわいた。
高校1年生 デザインはただ格好良いというだけでなく、使う人のことを考えることが重要だと分かりました。私もデザインについて関心が高まりました。ありがとうございました。
高校1年生 デザイン系にもともと興味があったけど、講義をきいてもっと興味をもちました。
高校1年生 とてもおもしろくて、あんまり興味がなかったけど、興味をもちました。セブンの具体例が良かったです。
高校1年生 わかりやすくておもしろかったです。
高校2年生 デザインに興味があったのでたくさんの面白い知識をしれてよかったです。
高校2年生 デザインの大切さが分かった。
高校1年生 デザインとは人を幸せにする仕事だというのを学ぶことができました。
高校2年生 とてもおもしろかった、デザインのすばらしさがとてもわかりやすく伝えられておもしろかった。
高校2年生 デザインというものの考え方が変わった。身近なもののところからデザインを見つけてみようと思った。
高校2年生 バリアフリー化が普久している日本でこういったデザインを考えるデザイナーが素晴らしいと思いました。
高校2年生 “デザイン”に対しての見方や考え方が変わりました。もし、私が何かをデザインするならば、どうするだろうかと考えるきっかけになりました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。
高校2年生 デザインの目指すところが、ひとのしあわせというところに関心がわきました。
高校1年生 デザインは、色などが大切だと思っていたが、デザインは人を幸せにする為にあることが分かりました。
高校1年生 あまりわからなかったことを知ることができ、とてもきょうみを持つことができた。
高校1年生 デザインのことについて新しいみかたができたとおもいます。例も身近なものでわかりやすくきく人のことを考えてくれていたのかなと思いました。たのしかったです。
高校2年生 興味のあるものだったので理解しやすかった。
高校2年生 デザインは絵だけでなく橋などのシステムなどもすることがあり人を豊かにするためにデザインがあるということがわかり、興味がわきました。
高校1年生 ”プロダクトデザイン”ってそもそも何?と思っていたけど、すてきなことだと思った。しあわせになれる方法って色々あるなと思った。
高校1年生 人のためになるデザインや、近未来的な町のデザイン等に興味を持つことができました。
高校2年生 デザインは見た目だけではない、人が豊かになる手段。デザインについて学べた。
高校2年生 デザインについてすごくおもしろかったです。私も、人のためのデザインができる人になりたいです。
高校2年生 少しデザインが変わるだけで使う人への印象が大きく変わることに驚きました。デザインっておもしろいと思いました。
高校1年生 とてもおもしろかった。
高校2年生 デザインというのは色や形だけではなく、人の役に立てるもなのだなと思いました。
高校2年生 デザインについていろいろと分かりやすく説明されていて興味がわきました。
高校1年生 デザインは「人を幸せにすること見たではなく人を考える」これがデザインと聞いて心に残りました。
高校1年生 人を想いやるデザインの大切さがよくわかりました。デザインは恋愛とにているという言葉がおもしろかったです。将来へ役に立つことが学べたと思います。
高校1年生 とても面白く、デザインは見た目だけのものだと思っていましたが、人を幸せにするものだということにとても感動しました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 進化 、
  • 三次元プリンタ(3Dプリンタ) 、
  • エンジニア 、
  • 工業製品 、
  • デザイン 、
  • ものづくり 、
  • プロダクトデザイン

講義No.g008036

人々を幸せにし、社会をよりよくする「プロダクトデザイン」

製品の魅力を高める付加価値としてのデザイン

 クルマやスマートフォン、さらには家電製品や雑貨まで、ものづくりにおけるデザイン力が、製品の魅力を高める大きな要素として、ますます重要視されています。成熟化した今日の、ものづくりにおいては、性能や価格などと並ぶ製品の付加価値として、また生活をより豊かにしてくれる要素として、デザインへの期待と需要は高まるばかりです。
 こうした工業製品のデザインは、幅広いデザインの領域のなかでも「プロダクトデザイン」と呼ばれ、単に美しいとかかっこいいといったアート的な要素だけでなく、使う人の困っていることを解決し、より魅力的な製品にするのに欠かせない技術となっています。

プロダクトデザインを加速させる技術進化

 プロダクトデザインが注目される、もうひとつの理由としては、ものづくりにおける技術革新があげられます。例えば、立体的な3次元製品を1個からコストをかけずに創り出すことができる3Dプリンタやレーザーカッターの技術進化と普及は、これまでの大量生産によるものづくりの概念を一変させ、個人でも高レベルの製品が作れるようになりました。さらに情報の世界でも、「もののインターネット」とも呼ばれる「IoT」の普及やAI(人工知能)、ロボット技術などの進化により、生活者一人ひとりのニーズに合わせたものづくりが可能になってきました。

社会を豊かにし、人々の幸せをつくるものづくりへ

 こうしたプロダクトデザインの世界をリードしていくエンジニアに求められるのは、決して感性や美術的な才能ではありません。むしろ重要なのは、人を見る目や観察する能力、そしてきちんとした生活を営む能力と言えるでしょう。それは、プロダクトデザインの基本が生活に密着したものであり、人々が求めているもの、社会が必要としているものを発見し、製品としてカタチにしていくことだからです。そうやって生み出された製品の便利さや快適さが、社会を豊かにし、人々を幸せにするのです。

この学問が向いているかも プロダクトデザイン、人間工学

西日本工業大学
デザイン学部 情報デザイン学科 教授
中島 浩二 先生

メッセージ

 情報デザイン学科では、電動バイクや車椅子から食器まで、いろいろなものを生活者の視点に立ってデザインしています。また西日本工業大学は地域の中心となる大学をめざしており、当学科でもデザインを通して地域の問題を解決するプロジェクトに取り組んでいます。
 例えば、江戸時代には万能のエコ素材だった稲わらや、放置された竹林の竹を使った製品づくりに取り組んでいます。大学外でも勉強し、地域の人と話す機会が多くなるので、就活に有利なコミュニケーション能力も身につきます。ぜひ、一緒にデザインの楽しさを体感しましょう。

先生の学問へのきっかけ

 私の専門は「プロダクトデザイン」です。その原点は、小さい頃に好きだったテレビの戦隊ものやヒーローものの影響を受け、「人を助ける仕事をしたい」と思ったことです。医者や教師などへの道も考えましたが、高校時代に工業デザインと出会い、テクノロジーを通じて人を助けることができることに気づき工学部に進学しました。その後、企業でロボットのデザインなどを手がけ、人々に便利さや幸福感をもたらすデザインの素晴らしさを実感しました。より多くの人がデザインに関わることで世の中を良くしていきたいと大学教員になったのです。

大学アイコン
中島 浩二 先生がいらっしゃる
西日本工業大学に関心を持ったら

 1967年、「人を育て技術を拓く」をモットーに、苅田町に工学部を開設。機械工学・電気情報工学・土木工学分野の高度な専門技術を学びます。2016年には次世代のロボットや自動車の開発者を育てる知能制御コースを新設しました。また、北九州市の中心市街地にある小倉キャンパス[デザイン学部]には、建築学科と情報デザイン学科を設置。「工学」と「デザイン」を融合させた教育、研究を推進し、「知と地の創造拠点」を目指し、地域・行政・企業との連携で地域の課題解決に取り組み、社会のニーズに合ったエンジニアを育みます。