一覧へ戻る

Jリーグが地域名で表記されるのはなぜ?

夢ナビライブ2018仙台会場にて収録

1分動画1

Jリーグはどのように収入を得ている?

1分動画2

サッカーは地域住民が支える

1分動画3

理想のサッカークラブとは

30分動画

講義を視聴する(30分)

関心ワード
  • プロスポーツ 、
  • スポーツマネジメント 、
  • 住民 、
  • 選手 、
  • 観客 、
  • スポーツ 、
  • サッカー 、
  • Jリーグ 、
  • 地域

講義No.g006207

Jリーグが地域にもたらしたもの、「スポーツマネジメント」を考える

地域密着の理念を掲げるJリーグ

 1993年に誕生した日本プロサッカーリーグ、通称Jリーグは当初は10クラブによる開催でした。しかし、現在はJ1、J2、J3の3部で構成されるリーグとなり、日本各地に数多くのプロサッカークラブが誕生するようになりました。それまでの日本におけるプロスポーツは、企業が中心となって運営されるものがほとんどでした。ところがJリーグは当初から、ヨーロッパのサッカークラブを参考にして、各地域の住民とともに歩む地域密着型のクラブ運営を理念として掲げたのです。

住民に愛されるクラブになるには?

 例えば、アルビレックス新潟は、Jリーグでの優勝経験はまだありません。しかし、観客動員数ではJリーグでも1、2を争うほどの人気を誇ります。それは、地元新潟の住民を大切にしたマネジメントの努力により、アルビレックス新潟を「おらが街のクラブ」と思える住民の地域ロイヤリティ(愛着心)を持つ存在として根付かせることに成功したからです。
 もし、クラブに潤沢な資金があれば、スター選手を数多く獲得し、Jリーグでも優勝を狙えるようになるかもしれません。しかしそうした目先の結果を求めるやり方だけでは、地域ロイヤリティを維持し、長期的に観客動員数を安定させることは難しいでしょう。ユース世代から生え抜きの選手を育成し、チームを支える主力にしていく方が、より地域ロイヤリティを高め、堅実に地域に愛されるチームになるのです。

住民も一緒に成長していく

 Jリーグのクラブなどによるスポーツをその地域の文化として定着させていくためには、選手だけでなく、住民側も一緒に成長していく必要があります。目先の勝敗だけに左右されず、より長期的な視点でクラブを支えていく考え方を持つのです。そして、住民自身もクラブを通じてさまざまなスポーツを楽しむようになれば、プロスポーツに対する理解もさらに深まっていくでしょう。

この学問が向いているかも スポーツ経営学

新潟医療福祉大学
健康科学部 健康スポーツ学科 教授
西原 康行 先生

メッセージ

 私は「スポーツマネジメント」を専門に研究しています。スポーツというものには、その競技をプレーするだけでなく、スポーツを科学としてとらえ、スポーツについて学んだり研究したりする分野もあります。スポーツは「世界共通の言語」とも言われています。もちろん、トップアスリートとしてスポーツの分野で活躍するのも素晴らしいことですが、スポーツ科学の分野において世界で活躍する道もあるのです。興味のある人は、ぜひスポーツ科学の分野に進んでください。

先生の学問へのきっかけ

 私は高校のときに陸上競技のアスリートであり、大学でも続けていこうと思って進学しました。その際、スポーツ科学という研究分野があることを知り、「スポーツを学んだり、研究することでアスリートを支援したり、スポーツ環境を豊かにすることができる」ということに気づきました。また、以前から「マネジメント」に興味があり、「スポーツマネジメント」を学んでみようと思ったのが、今の研究に携わるようになったきっかけです。現在は、Jリーグ「アルビレックス新潟」をはじめ、多くのチームマネジメントに関わっています。

大学アイコン
西原 康行 先生がいらっしゃる
新潟医療福祉大学に関心を持ったら

 2018年4月に「診療放射線学科」を新設! 6学部13学科へ生まれ変わりました。すべての学科で国家資格をはじめとした専門資格の取得に対応したカリキュラムを配置しています。また、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉の総合大学である利点を生かし、他学科の学生がチームを形成して学ぶ「連携教育」を導入し、関連職種への理解やコミュニケーション技法を身につけることで実践的な「チーム医療」を学びます。さらに、【スポーツ×リハビリ】【看護×福祉】など、学科コラボによる学びで、幅広い知識を修得します。