一覧へ戻る

英語プロナンシエーションの秘密

夢ナビライブ2018仙台会場にて収録

1分動画1

あいまい母音(シュワ)って何だろう

1分動画2

強く発音するコツとは?

1分動画3

文全体に強弱をつけて発音しよう

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 分かりやすく、楽しい講義でした。発音への苦手意識がなくなりました。
高校2年生 母音についていろいろ知ることができてよかったです。これから英文を読むときに生かしたいです。
高校1年生 とてもわかりやすくて、一緒に発音したり、英語のしくみがよく分かって、とてもおもしろかったです。
高校2年生 実際に一緒に発音したりできて、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。
高校1年生 単語のアクセント、文のアクセントの付け方をそれぞれ知ることができました。文のアクセントの付け方は今日初めて知れたので良かったです。
高校2年生 発音記号6の発音は頭で認識して覚えている単語がほぼないので今日話を聞いて、もっと気をつけて発音してみようと思えました。限りなくネイティブに近づけられるよう頑張りたいです。
高校2年生 ネイティブの発音に少しでも近づけるようになれていたらうれしいです。
高校1年生 英語が好きなので、とても関心をもってきいていました。今回の講義をふまえて、さらに英語に関わり、スキルアップしたいと思いました。
高校2年生 日常的、授業に使えることを学べてとても興味深かった。私は今まで発音記号やアクセント・イントネーションを考えて言っていなかったので今日習ったシュワをどんどん生かしていきたい。
高校1年生 英語の大切さがよくわかりました。
高校1年生 英語の発音記号?の発音の仕方がよく分かって身について良かった。文の強弱や単語強弱について詳しく知れて良かった。
高校2年生 今まで理解できなかった発音記号を学ぶことができて良かったです。
高校1年生 英語の発音に曖昧母音と呼ばれるschwa「シュワ」があるということを始めて知りました。これからは発音記号に気をつけながら勉強していきたいです。
高校1年生 曖味母音やアクセントのつけ方が、よく分かりました。これからの授業に生かしたいです。
高校1年生 学校では学べないことを学ぶことができてよかったです。
高校2年生 今後の学校の授業でも将来でも必要とされる英語なので、30分の講義でも中身の濃いものとなりました。
高校2年生 とても楽しい授業でした。英語は書くだけでなく、話すことにも挑戦し、より英語を楽しみたいです。
高校1年生 とてもわかりやすかった。
高校2年生 schwaについて知ることが出来て、とても勉強になりました。アクセントやschwaにもっと注意して読みたいです!ありがとうございました!
高校2年生 ききやすいこうぎ内容でしっかり理解できました。ありがとうございました。
高校1年生 曖昧母音とアクセントの見分け方がしっかりと分かりました。
高校1年生 曖昧母音の発音の仕方や強弱のつけ方などが分かり、英語の発音を今まで以上に理解することができました。
高校1年生 正しい正確な発音を教えていただき、ありがとうございました。今後の学習に生かしていきたいです。
高校1年生 普段授業ではあまり扱わない内容でとても楽しかったです。発音などを考えると英語も楽しくなると思ったのでこれからも発音を気にして勉強したいです。
高校1年生 興味を引くような話し方をしていて、話に夢中になりました。授業でやったら、楽しいだろうなと思いました。
高校1年生 今まで発音記号は見て見ぬふりをしていましたが、これからは気をつけてより正確な発音を目指したいです!
高校2年生 分かりやすい講義で理解が深まった。
高校1年生 シュワについて、初めて、知ることができた。
高校2年生 日頃気にもとめていなかった英語の発音記号だったが、「a」を1つとってみても、発音の違いが顕著に現れていてとても興味深いなと思った。
高校1年生 アクセントや発音など、普段はあまり気にせず勉強に取り組んできたが、今回講義を受け、少し強弱をつけるだけでネイティブに近づけたような気がした。
高校1年生 「?」の発音の仕方が分かりやすかったです。早速次の授業から意識してやっていきたいです。
高校1年生 普段発音記号を意識していなかったけどaだけでは判断できないことがわかったので、次からは正しい発音にしたい。
高校1年生 私は英語の発音について詳しく触れる機会が無かったため、今回の講義は、たいへん勉強になりました。
高校2年生 英語は得意ではなかったが、講義を受けて発音の正しい仕方が分かった。
高校1年生 私はあまり発音記音を意識したことがなかったのですが、この講義でおもしろさを知ることができました。
高校2年生 自分が今まで思っていた発音の仕方とは違ったりして面白かったです。今日学んだことを英会話の中でたくさん使おうと思います。
高校1年生 英語のイントネーションを学べて自分のためになった。
高校2年生 ありがとうございました。
高校1年生 〔?〕の発音を今まで意識したことがなかったのでとてもいい勉強になった。次の授業から意識していきたい。
高校2年生 あいまい母音の発音のしかたを学ぶことができてよかった。自分でもいろいろな発音をしらべたいと思った。
高校1年生 英語のことをより深く学べた。とてもためになった。
高校1年生 英語の発音やイントネーションの仕方を初めて詳しく知り、びっくりした。でも、楽しく学べそうだな、と思った。
高校1年生 とてもユーモアのある先生で短い間でしたが楽しかったです。
高校1年生 今回は、とても勉強になりました。発音とかを意識していこうと思います。
高校1年生 英語の発音について学べる機会が今まであまりなかったので学ぶことができてよかったです。大学にも興味が出ました。
高校1年生 笑いを混じえた楽しい講義でした。
高校2年生 曖昧母音のこと、Schwa(シュワ)のことが良く分かりました。ありがとうございました。特に例文を使っての説明や、発音時の呼吸の仕方などがとても具体的で良かったです。
高校1年生 あいまい母音を教えてもらったので、部活で英語の曲を歌う時に生かせるように頑張ります。ありがとうございました。
高校2年生 「シュワ」の使い方や発音は今まで学べる機会がなかったので初めて聞く話で英語の楽しさを知ることができました。
高校1年生 “英語”への関心が今まで以上に高まりました。単語力だけでなく、発音もきたえていきたいと、強く思いました。今日は、貴重な講義をありがとうございました。
高校1年生 「英語プロナシエーションの極意」というタイトルの講義を受けました。英語の発音がうまくなりそうで、面白かったです。
高校1年生 「あいまい母音」という英語の発音の新たなポイントを知ってさらに英語への興味が深まりました。この知識をこれからの英語の学習にも生かしていけるように意識していきたいです。
高校2年生 自分の得意教科でもある英語についてもっとくわしく知ることができたのでとても為になりました。
高校2年生 あいまい母音とは何なのかわからなかったが、聞いと確かにどう発音したらいいのか分からなかったので、今日はとても勉強になりました。アクセントの付ける所もポイントもわかりました。
高校1年生 私はeの発音はアとエの中間と考えていたのですが、より分かりやすい発音、アクセントを教えていただき、ためになりました。
高校1年生 今回の講義で、曖昧母音について詳しく、わかりやすく教えていただき、理解できたので、授業で生かしたいし、かっこいい英語を話せるようになりたいです。
高校2年生 シェアやアクセントについてよく分かった。これからの授業や学習に役立てたい。
高校1年生 シュワについてのお話ありがとうございます!ぜひ実生活でもつかっていきたいと思います。
高校2年生 あまり英語などに関心がなかったが、講義をきいて、少し興味がわいた。
高校1年生 英語の発音のしかたについて、くわしくまなべた。
高校1年生 本日は興味深い講義ありがとうございました。私は日頃、英語の授業の時にアクセントを付けるのが苦手なのですが、「強く、長く、高く」を心掛けたいと感じました。
高校1年生 発音がぜんぜんちがくて驚きました。また、アクセントがちょっと変わることでいっきに外人の発音に近づいておもしろかったです。
高校1年生 英語の発音が凄く本格的で驚きました。先生が海外で勉強したと聞き、私もアメリカ等で英語を活用してみたいと思いました!
高校2年生 矢口先生の講義では曖昧母音とアクセントの発音について学びました。母音の<schwa>を学ぶことによって無色で透明な弱い母音をマスターでき、とても楽しかったです。
高校1年生 日本人にとって英語をネイティブのように発音するのは困難なことですが、今回の講義を聞いて自分の努力しだいでどうにかなると分かった。
高校2年生 英語について深く知ることができた。
高校1年生 わかりやすくていねいな授業で、非常に聞きやすかった。
高校2年生 ・英単語にある発音記号のaの発音のコツやアクセントのコツなどを学び、良い体験となりました。
高校1年生 曖昧な発音について、深く知ることができてよかった。英語を発音するときは今日学んだことを意識して話したい。
高校1年生 今後の授業で使っていきたい。
高校1年生 簡単に発音をなおすことができるなんて驚きだし、楽しかったです。ほかの発音も学んでみたかったです
高校1年生 英語をうまく話したいと思った。
高校1年生 シュワの発音を知ることができておもしろかったです。少し発音が良くなった気がして嬉しかったです。
高校1年生 今までは、適当に発音してたけれど、これからは意識して英語を話したいと思えました。
高校1年生 発音には「シュワ」という大切な記号があることを知った。日々の音読でも気をつけて使っていきたい。
高校2年生 とても楽しく、わかりやすい講義でした。発音記号はなんとなく知ってはいましたが、アクセントのお話がとても勉強になりました。
高校2年生 シュワがとても分かりやすくて印象に残りました。英語が好きなのでこれからも頑張ります。
高校1年生 実践できる参加型の講義で楽しかったです。
高校1年生 曖昧母音やアクセントについて知れて良かったです。説明がとても分かりやすかったです。
高校1年生 発音の仕方は難しいと思っていたけど、今回の講義で案外簡単だということが分かりました。
高校1年生 自分の将来のためになる内容でとても参考になりました。実践的な内容でとても楽しかったです。ありがとうございました!
高校2年生 口の出し方について正しく学ぶことができてよかったです。
高校1年生 普段の授業では学ぶことのできないことを学ぷことができて楽しかったです。
高校2年生 ・英文を読むのに、発音やアクセントが苦手でしたが、この講義でどのように発音してどこにアクセントがあるのか少し理解できました。ありがとうございました。
高校1年生 私は英語部で競技ディベートというものを行っているのですが、今回学んだschwaや単語のアクセントのつけ方を、これからの活動の糧としていきたいです。
高校1年生 学ぶ項目がはっきりしていたり、進むスピードが良かったです。私は英語の発音・アクセントに苦手意識を持っていたので、今回の講義は自分にとってものすごく良い体験となりました。
高校1年生 とても楽しかったです。発音についてのポイントをきき、英語の授業をもっと頑張りたいと思いました。
高校1年生 schwaの『?』の出し方がいままで、適当になっていたのですが、講義を受けてよく分かりました。今度の授業から気を付けたいと思いました。
高校2年生 とても覚えやすい授業だったし、おもしろい所もあったので良かった。
高校2年生 英語の発音のしかたなどよく分かりました。
高校2年生 英語はすごく深くて、さらに興味をもった。アクセントやあいまい母音についてもっと知りたい。
高校2年生 英語でのイントネーションの大事さに気付きました。
高校2年生 面白かったです。発音気をつけていきたいと思いました。
高校2年生 授業で発音記事やアクセントの確認をしていましたが、深く考えたことはなかったので、新たな発見となりました。これまでは自分になかった視点を得ることができたので、どんどん知識を発展させていきたいです。
高校2年生 曖昧母音という言葉自体初めて知ったので、今回の講義はとても勉強になった。
高校1年生 講義を聞いて、これからの英語の授業がもっと楽しくなりそう!と思いました。少し気を付けるだけで、聞こえ方が全く違ってくるので、発音記号なども今後気をつけて見ていきたいと思いました。
高校1年生 楽しかったです。
高校2年生 高校では教えてくれない英語の常識を教えて下さり、ありがとうございました。
高校2年生 今まで感覚で話していたが、このようにシュワ、アクセント、イントネーションを意識することが大事なのだと学んだ。
高校1年生 高校では学べないような内容で、とても面白かったし、英語に対してさらに関心が高まりました。ありがとうございました。
高校1年生 英語の発音で大事なってくる「シュワ」について学べ、音読の見方を変えることができた。
高校2年生 今までは本当に曖昧に覚えていた発音、イントネーションが正しくするだけでだいぶ変わることがわかって驚きました。
高校1年生 今まで考えたこともなかったシュワの発音のことを知れとても楽しかったです!!
高校1年生 英語の発音のポイントがわかった。アクセントのつけ方や、曖昧母音について知ることができて、勉強になった。
高校1年生 英語の発音のしかたやアクセントのつけ方がよくわかりました。分かりやすい説明で、しかも楽しく、平和学というものにも興味をもちました。ありがとうございました。
高校2年生 今まで知らなかった発音の仕方を学ぶことができよい機会になった。
高校2年生 自分が普段できていない発音のうえでのポイントを知ることができて、とても面白かったです。これからの英語学習の中で生かしていきたいと思います。
高校1年生 講義していただきありがとうございました。シュワという母音・アクセントのつけ方を知れたことで少し英語が上手になった気がします。
高校2年生 分かりやすい講義でした。アクセントやイントネーションの付け方なども理解することが出来ました。
高校2年生 シュワがどのようなものか知ることができてよかった。
高校1年生 シュワやアクセントなど、とてもわかりやかったです。
高校1年生 元々英語に興味があり、受講しましたが、想像以上におもしろくて、新しく曖昧母音のシュワについて学べたので良かったです!!
高校2年生 英ごの新しい見方や、単ごごとのアクセントだけでなく、文単位でのアクセントについても考える新しい視点も得ることができてよかった。
高校1年生 単語の発音練習の時に疑問に思っていた「schwa」が、やっと上手く発音することができました。もっと上手く発音することができるようになりたいと思いました。
高校1年生 スライドを使い、わかりやすく話をまとめてあってとても良かったと思います。
高校2年生 発音の仕方を、誰でもできるやり方で教えて下さった。
高校1年生 とても分かりやすくおしえていただきありがとうございました。
高校1年生 英語のイントネーションの細かいところを学ぶことができました。ありがとうございました。
高校2年生 アクセントや発音の大切さがわかった。実際に英語を勉強するとき、それらを意識してやっていきたい。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 論理 、
  • 国際紛争 、
  • 戦争 、
  • 宗教学 、
  • キリスト教 、
  • 平和

講義No.g008634

世界平和を、グローバルな視点と多方面の学問から追求する

平和学は、2つの世界大戦の反省から生まれた

 「平和学」は日本では聞きなれない学問分野ですが、欧米を中心に盛んに研究が進められています。紛争はなぜ起こるのか、未然に防ぐにはどうしたらよいのか、国際政治学や経済学、社会学、宗教学など、さまざまなアプローチで、「平和」を考える学問が平和学です。
 その誕生のきっかけは、2つの世界大戦でした。19世紀から20世紀前半、欧米を中心に特に科学技術の分野で新たな発明・発見があり、人々は明るい進化した未来が続くことを思い描いていました。しかし、現実には悲惨な世界大戦が起こってしまい、人々の生活の基盤となる「平和」が崩れ去ってしまったのです。

戦争を正当化する論理はどのように作られるのか

 国際紛争の原因は宗教対立と思われることもありますが、実はその背景には民族間の経済的な対立や国内の不満を外に向ける政治的な理由、歴史的な国民感情のねじれなど、一口では言えない多くの原因が存在します。
 西欧の歴史を振り返ると、キリスト教徒たちが戦った多くの戦争があります。時のリーダーたちは、どのような論理で戦争を正当化し、人々を突き動かして激しい戦いに送り込んでいったのでしょうか? キリスト教には、平和というイメージがあるかもしれませんが、キリスト教の歴史を検証しながら、神の名のもとに行われてきた戦争を研究するのも、宗教学的アプローチによる平和研究の1つです。

平和学がほかの学問と異なる大きな特徴

 戦争の原因の1つひとつを解き明かし、科学的に分析し、その知識を共有し合うことが、平和に至る大切な過程であることは間違いありません。平和学の最終的目的は、平和の構築と維持に寄与することです。その前提となるのは「平和は良いもの、守るもの、追求すべきもの」という認識です。どの立場からも距離を置き、中立を原則とするような多くの学問研究とは異なる点だと言えます。平和は、人類の壮大なテーマであると同時に、現代を生きる1人ひとりが考えるべき身近な問題なのです。

この学問が向いているかも 平和学、宗教学、哲学

仙台白百合女子大学
人間学部 グローバル・スタディーズ学科 教授
矢口 洋生 先生

メッセージ

 大学に入ると、今まで考えなかったことで悩むようになるかもしれません。しかしそれは視野が広がるからで、とても大切なことなのです。
 例えば、あなたがお昼に何を食べようかと考え、選んだお米が国産か世界の穀物市場を牛耳る4大メジャーの会社のものかで、あなたは世界の穀物価格に影響を与えているかもしれません。哲学すると世界の見え方が変わります。一緒に知識を深め、考えを深めて、広く柔軟な視点から「平和」を語れる真の国際人をめざしましょう。

先生の学問へのきっかけ

 クリスチャンの家庭で育ち、幼い頃から聖書や神様の言葉を身近なものとして育ちましたが、同じ信者同士でも考えの異なる人がいることを不思議に感じていました。中学生の頃はベトナム戦争の記憶が生々しい時代で、キリスト教国のアメリカがなぜ残虐な戦争に関わるのかが大きな疑問でした。
 大学では英文学を専攻し、アメリカに留学し、当たり前だと思っていた戦後日本の平和観や平和憲法について、さまざまな反応があることを知ることによって「平和学」という分野に関心を持ち、再度アメリカ中西部の大学へ留学して研究を始めたのです。

大学アイコン
矢口 洋生 先生がいらっしゃる
仙台白百合女子大学に関心を持ったら

 仙台白百合女子大学は、東京の白百合女子大学とともに、白百合学園が経営する大学です。設立母体は17世紀のフランスで教育・福祉活動を始めたシャルトル聖パウロ修道女会です。
 東北地方唯一のカトリック系大学として、人間学部の下に「グローバル・スタディーズ学科」「心理福祉学科」「人間発達学科」「健康栄養学科」の4つの学科があり、「人間の理解と援助」という共通の目標を掲げています。
 小規模大学で、学生と教員、学生同士は、顔の見える距離を保てる環境の中で、知的かつ刺激的な、深い出会いを存分に味わってください。