一覧へ戻る

経営に生かす心理情報学

夢ナビライブ2018東京会場にて収録

1分動画1

人間の記憶や意識はどのようになっている?

1分動画2

なぜ信じやすく、だまされるのか?

1分動画3

他人の心を操ることはできるのか?

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 経営学と心理学、どちらも興味があったので、それをリンクさせたとても面白い講義だった。学問同士はリンクできるものだと思った。ここで知ったものは使いたい。
高校1年生 最初に体験をすることでそのあとの先生の伝えたいことがよく分かりすごいなと思った。
高校1年生 将来について考えるいいきっかけになりました。おもしろかったです。
高校1年生 錯覚を使ったスクリーンでおもしろかった。それを使った経営学はおもしろそうだと思いました。
高校1年生 興味深かった。
高校2年生 楽しかったです。
高校2年生 心理学についてとてもよく分かりました。また、聞いている人をまきこんでいたのでとても楽しかったです。
高校1年生 心理学についてもともと興味はあったが、さらに興味をもった。
高校2年生 心理学を経営にも活かせるのはすごく面白いと思いました。
高校1年生 とてもわかりやすい説明をありがとうございました。途中に心理テストのようなものもあり、楽しみながら講義を受けることができました。
高校1年生 おもしろい内容であった。心理学は体験してみるとやはりおもしろいもの。
高校2年生 バレリーナが左にしか見えなかったです。占いの話面白かったです。
高校1年生 この講義を受けたことは将来のためになりとても良かったです。また心理学が経営に生かせるなんておどろきました。
高校1年生 とても面白かったです。
高校1年生 具体的な話がたくさんあって心理に興味がわきました。
高校1年生 人間の心理について理解することができました。人間の先入観などや錯覚についてもよくわかりました。これを利用していきたいと思いました。
高校1年生 ・心理学を経営に生かすってどうするんだろう。と思っていたけれど、とても楽しかったです。
高校1年生 心理学への関心が深まった。
高校1年生 参考になりました。
高校1年生 とても内容の濃い講義だった。心理学にも興味を持てた。
高校2年生 目の錯覚や心理学を経営に利用した言葉がとても面白かったです。
高校1年生 クイズ形式で楽しみながら受けれました。人気のYoutuberを利用するのも良いと思います。
高校2年生 身近な話からどんどん展開されていく授業体系が自分にあっていてとてもひきこまれた。
高校1年生 心理学について興味を持った。
高校2年生 情報心理学ってどういうものなんだろうと疑問に思ったので、この講義に参加しました。とても興味深く思いました。
高校1年生 いろいろな分かりやすい例がありとても分かりやすかった。
高校2年生 親しみやすく、わかりやすい講義で非常におもしろかったです。心理学、経営学への興味が深まりました。
高校1年生 体験をまじえて講演されていたため、とても分かりやすく楽しかった。
高校1年生 経営のことがよく分かりました。心理おもしろそうです。
高校1年生 とても興味深い講義でした。ありがとうございました。
高校1年生 ゲームをやったりしておもしろかった。
高校1年生 心理学には興味を持っていたのですがどんな学問なのか分かりませんでした。でも今日の講義を聞いてよく分かりました。ありがとうございました。
高校2年生 心理と経営の関連せいを理解することができた。
高校1年生 自分が今までなんだろうと思っていた行動の心理状態を知れてとてもおもしろかった。
高校1年生 心理学が経営にこんなにも生きるものなんだと驚いた。他のことにも心理学を生かしてみたいなと思った。
高校2年生 心理学が理解でき、おもしろかった。
高校1年生 たのしかったです!
高校1年生 実際に世の中でどう使われているか、自分たちがどう感じているかを、より具体的に感じられた。
高校1年生 実験を効果的に使っていて分かりやすかった。
高校1年生 とても分かりやすくて面白い授業でした。ありがとうございました。
高校2年生 フットインザドアテクニック使ってみたいと思いました。参加型でとても聴きやすく面白かったです。
高校2年生 色々な具体的な心理術を見ることができて面白かった。経営にもこれらの心理効果を用いて商品を買わせていきたいと思った。
高校1年生 少しゲーム感覚でとても楽しく学べました。
高校1年生 とてもおもしろい講義でした。心理情報学にとても興味をもちました。ありがとうございました。
高校1年生 相手の心に対しての戦略はおもしろかったです。自分もだまされないように気をつけます。
高校1年生 心理学と経営のむすびつきについて知ることができた。
高校1年生 心理テストがおもしろかったです。
高校2年生 自分が今まで色々なことにダマされていたと思いました。思いあたることも多くあって楽しかったです。
高校1年生 ものごとの注目する点を変えるだけで、見え方が変わってくることがよくわかった。心理学にとても興味を持った。
高校1年生 とてもおもしろくて心理学に対する関心が高まりました。 貴重なお話ありがとうございました。
高校2年生 アクティビティでとても「認識による違い」を実感できた。自分に当てはまること、周りの人にあてはまるものが多く、とてもためになった。
高校2年生 とてもおもしろい話でした。経営により興味が湧きました。非常におもしろかったです。
高校1年生 視点のおきかたや前後関係でみかたがかわるのはとてもおもしろいと思いました。学んでみたいと思いました。
高校2年生 大変参考になりました。
高校1年生 お店にある、限定○○個は信用しないようにする。
高校2年生 いろいろな心理テストやお願いを通しやすくする方法などのお話がとても面白かったです。
高校1年生 人の注意が向くところを考えることはとても大事で応用がきくとわかった。
高校2年生 経済と心理の関係がよく分かりました。
高校1年生 すごく話すのもうまかったし、面白かったです。私は心理学と経営に興味があったので、とても興味深いお話しでした。
高校2年生 いろいろな例を見て、人がどういったときにどういう風に考えているのかを知ることができた。あと占いがデタラメなのも理解できました。心理を理用して経営をしていまうのがすごいと思いました。人間の心理っておもしろいなと思いました。
高校2年生 わかりやすかった。
高校1年生 クイズ形式で面白かった。
高校1年生 心理学って、知っているとすごく経営に役立ちそうです。自分もだまされたり、うっかり買ってしまわないように、賢い消費者になりたいです。
高校2年生 おもしろかったです。内容がしっかりとしていて聞きやすかったです。
高校2年生 とても興味をもてる授業だった。
高校1年生 より一層経済のミクロな部分が分かった気がした。
高校2年生 身近なキャラクターから話が始まり、とても引きつけられました。
高校1年生 心理学を使って、経営するのはおもしろいと思った。
高校2年生 元から興味があり心理学を専攻しようと思っていたのですが、その気持ちがさらに高まりました。話すスピードの速さや声の伝わりやすさですごく引き込まれました。
高校1年生 必理で経済ができるとは思っていなかったのでとてもおどろきました。
高校2年生 経営に心理学を生かすのに興味をもった。スライドを使って実際に自分で考えたりしたので話を聞いていて楽しく学習をすることができた。ありがとうございました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • CM 、
  • 血液型 、
  • 占い 、
  • 人工知能(AI) 、
  • 心理テスト 、
  • コンピュータ 、
  • 情報 、
  • 心理学

講義No.g003078

人間心理を解き明かし、コンピュータに利用する心理情報学

人間の心理の仕組みを知る

 人間は、ある判断を下すときにさまざまな情報に影響され、しばしば簡単にだまされています。心理テストや血液型占いなどはその最たるものです。それがよくわかる次のような実験があります。クラスで血液型を調べたうえで心理テストをして、その結果だと言ってある文章を返します。それを読んだ学生は、血液型別の自分の心理が書かれていると思い、8割から9割の人は当たっていると言います。しかし、実は全員に同じ内容のそれらしい文章を渡しているのです。このように、人間の心理はいともたやすく影響されてしまうものです。

だまされないためには

 また、単純接触効果という心理現象があります。CMで何度も商品名を聞かされたり、選挙運動で候補者の名前を連呼したりするのがその例ですが、単純に何度も名前を聞くことで、そちらを選んでしまうという効果です。このような手法を知らないと、自分で判断していると思っていても、実は誘導されていることに気づきません。
 正しい判断を下すためには、いろいろな情報に接し、一つの出来事を常にいろいろな角度から見ることが必要です。また、自分が一つの考えに縛られていると、都合の悪い情報を自ら排除する心理が働き、正しい判断は下せません。常に多くの選択肢を自分の中にもつことが重要です。例えば「友だちがいない」という悩みに対して「どうしたら友だちができるか」を考えるのも選択肢ですが、「別にいなくてもいいじゃないか」と考えるのも一つの選択肢です。

コンピュータが先生の手助けをする

 このような人間の心理をコンピュータに学ばせ、教育に利用しようとする研究が進んでいます。ただ問題を出して採点するだけではなく、どこでどうして間違えたのかまでコンピュータが判断できるようになると、一人ひとりの学習能力やスピードに合わせた学習システムが提供できるようになります。それは人工知能だけでなく、心理学や統計学をコンピュータに融合させる技術です。まだ始まったばかりの研究ですが、これからますます発展していくでしょう。

この学問が向いているかも 心理情報学、教育工学

多摩大学
経営情報学部 経営情報学科 教授
大森 拓哉 先生

メッセージ

 大学生になったら自由な時間が増えます。その時間で、いろいろなことにチャレンジしてください。それは海外旅行でもスポーツでもレジャーでもいいです。つまみ食いでもいいので、いろいろなことを経験してください。聞いただけ、読んだだけの情報はあくまでも他人の情報で、実際に重要なのは自分の経験です。そしていろいろなことを実感してください。大学生になったら経験したいと思うことを、今のうちにたくさん考えておいてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は、大学でドラえもんのようなロボットを作りたいと思って工学部に入学しました。しかし、必要なのは「頭脳を作ること」、すなわち「人工知能を作ること」だと思うようになり、そのためには人間の頭の仕組みや心を知ろうと、心理学を学びました。

大学アイコン
大森 拓哉 先生がいらっしゃる
多摩大学に関心を持ったら

 対話して、気づくこと。気づくことで、自分が変わっていくこと。多摩大学は、本当の少人数教育を実践しています。向き合って学ぶことに徹底してこだわる教員と先輩。実践的なディスカッション授業の数々。それでも、社会で通用する“人間力”を身につけるには、入学する学生自身の“気づき”があってこそ。
 さあ、一緒に未来を切り開きませんか?