一覧へ戻る

理学療法士がしなければならないこと

夢ナビライブ2018東京会場にて収録

1分動画1

理学療法士の要する知識

1分動画2

理学療法の法則

1分動画3

歩行

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 私自身、理学療法に少し興味があって、でもなるための心がまえがあまりできていませんでした。大切なことがわかり、目標ができました。ありがとうございました。
高校2年生 “伝える”ではなく“伝わる”ことが大切だということがよく分かりました。義足や義手をつけるときも、動かし方は自分の頭に残っていることを伝えるというところがすごいと思いました。
高校1年生 ただ伝えるだけではなく伝わっていることを確認するまでが大切だと分かりました。難しいことでも可能性を信じて何事にも挑戦したいです。
高校2年生 より、理学療法士になりたいという気持ちが高まりました。やりたいことをやれるように勉強に部活頑張りたいと思いました。
高校1年生 理学療法士がしなければならないことを詳しく説明していただき、とても理解が深まった。また帝京平成大学への関心も深まった。
高校2年生 理学療法士は、伝えることでなく伝わることが大切だと強く感じました。筋肉や骨だけを見ていくと思っていましたがそれらをつくっている細胞なども大切であると思いました。ありがとうございました。
高校1年生 将来、理学療法士を第1の目標としているのでこの講義をしっかりと受講できたのがものすごく良かったと思っています。
高校2年生 とても印象に残りました「なれるはなれる」がいい言葉だとかんじました。
高校2年生 先生の話を聞いてまずは、実践して慣れるということを学びました。「慣れる」は「なれる」。
高校2年生 講義を聞いて理学療法士という仕事にもっと興味が湧きました。
高校2年生 まずは実践をたくさんして慣れることが大切だということが分かった。
高校2年生 すごく丁寧に分かりやすく説明して下さりありがとうございました。自分にも可能性があるのだと思えて良かったです。
高校2年生 理学療法士にとっての大切なことがよく分かりました。
高校1年生 「伝える」ではなく「伝わる」という内容がとても心に残りました。
高校2年生 「慣れる」ことの大切さがわかりました。「慣れて」自分の「なりたい」ようになれるようにしたい。
高校2年生 たのしかったです。よくわかったことがたくさんありました。
高校2年生 「慣れる」は「なれる」という言葉を聞いて自分も理学療法士になる夢をあきらめないようにしよう。
高校2年生 理学療法士になる上で大切にしておくべきことなど、とてもためになる講義でした。
高校1年生 自分の夢でもあったのでとてもためになった。
高校2年生 将来、理学療法士になることに興味があったので、より関心をもつことができました。
高校2年生 理学療法士のすばらしさをしることができました。
高校2年生 面白くて分かりやすかったです。
高校1年生 臨床医に関して感心がわいた。もっと調べていきたい。
高校2年生 いろんな医療に関しての専門家がチームとなって一人の患者を治していくのはとても達成感や充実感が得られるすてきな仕事だと思った。
高校2年生 知らない事を知ることができた。今後活用していきたい。
高校2年生 理学療法士は働者さんの体の状況を「伝える」のではなく「伝わる」ように話すことが分かった。
高校1年生 大変なことはたくさん積み重ね「慣れる」ことで自分になりたいものに「なれる」という言葉にとても感動しました。
高校1年生 少し興味があるところだったので話をきいていてとても面白くて、ためになりました。
高校2年生 理学療法士の心得を学ぶことができました。対象者の方に可能性を与えられるような仕事をしたいと思いました。
高校1年生 理学療法士がしなければならないことについて今までの考えとは違った考えがわかったのでとてもよかったです。
高校2年生 理学療法師というものは、人間が生活していく中でなくてはならないものであり、大変なお仕事ということがとても伝わってきました。
高校2年生 伝えるではなく伝わるということが大切だと分かった。実践と知識が対象者と療法士をつなぐ。
高校2年生 理学療法士になるためにも必要な知識を少しでもたくわえ、慣れていこうと思います。
高校2年生 話し方がとてもうまくて、よく「伝わって」きました。
高校2年生 理学療法士がどんなことを大切にしていってるか、どんなことを意識しているか知れました。
高校2年生 理学療法士について詳しく知ることができ、興味をもつことができました。
高校2年生 「伝える」ことが大切なのではなく「伝わる」ようにすることが大事というのが、すばらしいと思いました。
高校2年生 とても分かりやすかったです。大事なことを中心に話していて分かりやすかった。
高校1年生 理学療法士について詳しく知ることができ、とても参考になりました。内容も非常に興味深く、もっと深く知りたいと感じました。
高校2年生 「伝える」のではなく、「伝わる」ということがとても大切で、そうするためには、経験やたくさんの知識が必要だということがわかりました。
高校2年生 歩行するときにどこの筋肉を使っているのかがとてもよくわかりました。
高校1年生 理学療法について知っていることは少ないけれど、理学療法のあるべき姿のようなものを知ることができた気がします。
高校2年生 理学療法士について知ることができました。
高校1年生 とても聞いていて楽しかった。
高校1年生 わかりやすい説明だったので、とても良かったです。関心が深まりました。「伝える」ではなく、「伝わる」ということがわかりました。
高校2年生 理学療法士には興味があったので良い機会だった。
高校2年生 講義がわかりやすかった。また、理学療法士についてわかった。
高校2年生 メンタルや緊張に関することがよく分かった。
高校1年生 わかりやすかったです。
高校1年生 理学療法について詳しいことを沢山しることができもっと興味をもつことができました。
高校2年生 とてもわかりやすくよく理解できました。
高校2年生 当日、理学についての学問で少し見てみたかったので受講しました。進路の1つの参考になりました。
高校1年生 私は、理学療法のことは全く分からず、興味もなかったのですが、たまたま、今回の授業をきいて、理学療法士の“伝える”素晴しさを知りました。ありがとうございました。
高校2年生 最初は理学療法士というのがどういう仕事をするのか分からずにいたのですが、講義を聞いてよく分かりました。ありがとうございました。
高校2年生 「慣れる」は「なれる」。とても良い言葉でした。
高校2年生 先生のお話を聞いてからより、理学療法士への関心が高まりました。
高校2年生 分かりやすいご講義をして下さり、ありがとうございました。「伝わる」ことの重要性、難しさがとても分かりました。これからも、お体に気をつけて下さい。
高校2年生 熱心な先生の教える姿勢がすごく、関心が高まりました。
高校1年生 今回、話をお聞きして、自分の将来の幅を広げられたと思います。
高校1年生 大学の先生の話を初めて聞いておもしろかったです。
高校1年生 理学療法士のあり方が理解できた。
高校2年生 理学療法士についてあまり理解できていない部分があったが、先生の講義を聞いて、知識が増えたのでよかったです。
高校2年生 1つのことが様々なことと関わりあっていることがわかりました。
高校2年生 理学療法の役割を知れてよかった。
高校2年生 最後に「慣れる」は「なれる」という言葉がすごく心に残った。
高校1年生 元々、興味があったのでさらに、興味が深まりました。まだ、この仕事につきたいとは、考えてはいないけどすごくためになりました。
高校2年生 声が大きくて聞きとりやすかった。理学療法士について少しくわしくなれた。
高校2年生 「慣れる」は「なれる」という言葉が印象的でした。
高校2年生 理学療法士のことだけでなく色々なことがたくさん聞けて本当に貴重な30分間でした。「なれる」ように頑張ります。
高校2年生 感心のもてる内容だった。とても興味深かった。
高校2年生 理学療法について詳しく知れた。伝わってなければ意味がないと知った。
高校2年生 最後がおもしろかった。
高校1年生 将来のために良い話をきけてよかった。
高校1年生 理学療法士について知ることができました。この仕事は知識があるだけではだめで、その知識を実戦していかなくてはならないと知りました。
高校2年生 とても納得のいく説明をしていただき、ありがとうございました。もっと興味をもつことができました。
高校2年生 ・理学療法士はどういったものなのか理解できました。慣れることの話をよく頭に入れていきたいです。
高校2年生 30分間があっという間でした。すごく楽しかったです。
高校2年生 とても興味が出た。学校でならったことも出てたのしかった。
高校2年生 理学療法への熱い思いがとてもつたわりました。興味を持つことが出来ました。
高校2年生 理学療法士という仕事に興味をもちました。
高校2年生 講義の最後の「慣れる」は「なれる」という言葉がすごく心の残りました。
高校1年生 自分が知らないことを新しく知れました。自分の可能性を信じて、なれるようにがんばります。
高校2年生 理学療法についてくわしく知ることができたので良かった。
高校2年生 声が大きく聞きやすかった。とても熱意がこもっていて、すこし興味がでてきた気がします。
高校1年生 丁ねいな講義をありがとうございました。理学療法士のやらなければならないこと、しっかり理解しました。
高校2年生 説明がわかりやすかった。
高校1年生 本日はおいそがしい中大変ためになる講義をありがとうございました。自分の進路などを決めるとき参考にさせていただきます。
高校2年生 理学療法士のことについてよく分かりました。
高校1年生 少ししかしらなかったけれど、くわしくしることが出来てよかった。
高校2年生 名言のような言葉を見るのが楽しくて、理学療法の話をきけたのもよかったです。
高校2年生 「伝わる」ことを大切にする理学療法士としての姿勢を学ぶことができたので良かったです。
高校2年生 理学療法士がどういうことをして、どういうふうに人と向きあってるか分かりました。
高校2年生 パワーポイントに動画がふくまれていたので、わかりやすかった。
高校2年生 “伝える”のではなく“伝わる”ことで知ったとわかち合うことを忘れずにがんばりたいです。
高校1年生 詳しく知ることができた。
高校1年生 やっぱり理学療法士になりたいと思った。
高校1年生 興味深い講義でした。
高校2年生 とても参考になり、かつ、楽しい講義でした。
高校2年生 環境づくりや、運動の確認など理学療法ですべきことが良く知ることができた。
高校1年生 すごくおもしろく、興味がよりいっそうわきました。
高校1年生 もともと理学療法に興味があり、知識もあったのでよく内容を理解できておもしろかった。
高校2年生 慣れることが大切なのがわかった。
高校1年生 とても興味を持てるような講義で意識が高まった。
高校1年生 理学療法士になりたいと思った。
高校2年生 理学療法士になれるように頑張ります!!
高校2年生 とても楽しかったです。
高校1年生 初めて聞く話でおもしろかった。
高校2年生 理学療法士に必要な知識経験が大事だとわかりました。
高校2年生 理学療法士になりたいので自分のことを信じてがんばっていきたいです。
高校1年生 先生の最後の言葉がとても印象に残りました。
高校2年生 「伝える」ことだけではなく、「伝わる」ことといっている意味がよく分かる話でした。
高校2年生 大切を試合の前に聞けて良かった。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 理学療法士(フィジカルセラピスト) 、
  • 精神 、
  • 身体 、
  • ケア 、
  • 治療 、
  • リハビリテーション 、
  • 理学療法 、
  • 障がい

講義No.g005540

身体を動かす基本的な能力を回復させる「理学療法」とは?

リハビリテーションで能力を回復する

 「リハビリテーション」とは「再び適した状態にすること」を意味する、非常に幅広い分野で用いられる言葉です。日本では主に、病気やけが、先天的な要因などにより身体的・精神的な障がいがある人に対して、能力の回復や周辺環境の改善を図るためのさまざまなアプローチのことを指します。
 心身の機能の回復を図る医学的なリハビリテーションにはさまざまな方法が含まれますが、身体機能に問題のある人に対し、身体を動かす基本的な能力を回復させるための「運動療法」や「温熱刺激」「マッサージ」などをすることを「理学療法」と呼びます。そして理学療法に従事する人を「理学療法士」(physical therapist、PT)と呼びます。

上着にできるシワは、人それぞれ違う

 寝ている状態から、上半身を起こし、立ち上がり、歩く、といった一連の動きは、人間の基本的な動作です。ただし、同じような身体的メカニズムによって行われる動作だからといって、身体の各部がどのように動かされているのかは、人によって異なります。例えば、まったく同じ形とサイズの上着でも、上着に生じるシワの形や場所は、着ている人によって微妙に違ってくるはずです。まして、基本的な動作が難しい身体的な障がいがある人の状況は、個人個人でさらに大きく異なります。理学療法においては、それぞれの患者の特徴や現状をしっかりとらえて、適切な治療をする必要があるのです。

トータルで「人」を見てケアする必要性

 日本におけるリハビリテーションの現状は、海外と比較しても、リハビリテーションの理念をより忠実に実践している場合が多く、さまざまな視点からトータルで「人」を見てケアをしている傾向が強いとされています。幅広い分野を学ぶとともに専門性も育み、「人間が生きていく」ということをどうとらえるかについて考える姿勢が、理学療法などの分野の仕事に従事する人材には求められています。

この学問が向いているかも 理学療法学

帝京平成大学
健康医療スポーツ学部 理学療法学科 教授
長尾 邦彦 先生

メッセージ

 理学療法士は、「人が動く」ということについてのスペシャリストです。まず大切なのは、自分が動いていることを、どう感じているのかを学ぶことです。あなたは座っているとき、身体の左右は同じ状況ですか? 違うなら、同じ状況にしていくと身体はどう変化していきますか? そういうことを理学療法士は、対象となる人と一緒に感じて、「こういうことができたよね」と喜びを分かち合う仕事をしています。理学療法を学べば、日本だけでなく世界にもつながっていきますから、ぜひこの道をめざしてください。

先生の学問へのきっかけ

 母が整体などを行う療術師の仕事をしていて、その様子を見ているうちに理学療法士をめざすようになりました。理学療法とは、身体機能に何らかの不具合が生じ、生活に支障が生じている方に対して、基本的な動作能力の回復や再獲得を目的に、運動療法や温熱・電気刺激、マッサージなどをすることです。施術の対象となる方が現状に向き合う姿は常に感動をともない、人間の可能性の奥深さに驚きを禁じ得ません。人間の身体構造は世界の人々すべて同じです。理学療法を学べば、日本だけでなく、世界にもつながる可能性があります。

大学アイコン
長尾 邦彦 先生がいらっしゃる
帝京平成大学に関心を持ったら

 「実学の総合大学」、帝京平成大学。
 首都圏の4つのキャンパスには、あなたの学びたい思いに応える医療からグローバルまで5学部19学科の学びがあり、約10,000人の学生が学んでいます。各キャンパスではそれぞれ、地域の医療や暮らしに関する拠点となる施設・環境を整え、学びに応じた実学教育を展開。学生は実習を積み重ね、実践能力を身につけています。