一覧へ戻る

さかなの暮らしのナゾを探る 魚類行動生態学

高校1年生 魚の個体しきべつの方法がすごいと思いました。
高校1年生 魚が好きでこの講義を聞きました。とても面白い内容でぜひ、研究(調べ)たりしてみたいです。水族館で観察したいです。
高校1年生 魚の行動についていろいろしることができておもしろかった。
高校1年生 魚はおもしろい生き物だと思った。
高校2年生 魚の性転換の話が印象に残った。そこで、性判断をする時にお腹を押して出たもので判断する、とあったが、性転換さい中の魚は何が出るのか、と疑問に残った。
高校1年生 魚類の繁殖の時に異性がいないと、自分が異性になるのはおどろいた。他にも魚類の生態に興味がわいた。
高校2年生 話しがわかりやすかった。
高校1年生 生物については興味があったので、知らないことが知れておもしろかったです。
高校1年生 次もまたうけたいです。
高校1年生 わかりやすい説明ありがとうございました。もっと知りたいと思いました。
高校1年生 魚にはもともと興味があり、先生の講義を受けました。魚の生態などを知り、さらに興味が湧きました。
高校2年生 魚がオス役になったりメス役になったりすることにとても驚きました。
高校1年生 魚の雌雄同体についての研究やフィールドワークにとても興味を引かれました。
高校1年生 魚が性別を一生のうちに転変することがあるなど普段の生活では絶対に耳にできないことも知ることができ、貴重な講義を受けることができて本当に良かったです。
高校1年生 魚はメスやオス両方なれることを初めて知りました。魚について興味を持ちました。
高校1年生 将来の夢は決まってないのですが、行動生態学も面白そうだなぁと思いました。
高校1年生 魚についてたくさんのことを知ることができた。先生の説明がわかりやすかったです。魚についてより興味をもてました。
高校1年生 細かい所まで教えていただけたのでとてもおもしろかったです。
高校1年生 色々勉強になりました。
高校1年生 とても興味深いきいたかいがあったと思う。一番おもしろかったかもしれない。
高校1年生 魚は子孫を残すためにその場に応じて性転換をして工夫していてすごいと思いました。
高校2年生 私が知っている魚が多く出てきておもしろかった。一番意外だったのが海の掃除屋といわれ、天敵の少なそうなホンソメワケベラが性転換することだった。
高校2年生 ためになった。
高校1年生 性転換がいつでもできるというのはすごく便利だなと思いました。
高校1年生 海洋学が今以上に好きになりました。とても興味があります。
高校1年生 魚のデータを調べるのにも、すごく大変なんだなと思いました。魚の性転換の話、とても面白かったです。
高校1年生 すっっごく楽しかったです!!しりたいぎもんがしれたのでたのしかったです。
高校2年生 魚類の研究のやり方が、とても大変そうだったけど、もっと興味が深まりました。
高校2年生 魚には性転換が重要だと知ることができた。
高校2年生 たのしい!
高校2年生 ・魚について、知らなかったことまで、たくさん知ることができました。
高校1年生 海での魚の調査の方法や、魚の行動についてわかりやすく説明してもらい、理解できた。
高校1年生 普段魚について知る事がないので聞けて知れて良かったです。
高校1年生 魚の生態の講義で水の中だけではなく陸での行動やしらない生態が多くてたのしかったです。
高校1年生 とても魚類行働生態学に関心をもった。
高校1年生 とても分かりやすく面白かったです。性転換について詳しく知れたのは、とてもうれしかったです。
高校1年生 魚の一部には性転換できるのを初めて聞いて、興味深かった。またメスがすくいにオスに変わって生殖機能がつかえるのもとてもおもしろかった。
高校1年生 自分がおもっているよりはるかにおくぶかい、「性転換」を知ることができました。なぜ、性転換するのは魚類だけになったんだろう。今日までのへんせんを知りたい。
高校1年生 魚への熱意がつたわりました。
高校1年生 魚って人間よりすぐれているかもしれないと思った。
高校1年生 魚が行う性転換について非常に興味がわきました。
高校1年生 学問についての説明や大学でやることも知れてよかったです。
高校1年生 潜水調査をやってみたいと思いました。
高校2年生 もともと魚類に興味をもっており、今日の講義で生態行動学にも興味がわいた。特に、海の地図を描く作業が楽しそうだなと思い、やってみたいと思った。
高校1年生 とても興味がわきました。
高校2年生 魚の生態についてくわしく知りたくなりました。
高校1年生 魚が性転換するのは知っていたけど、さらに種類があるのは知りませんでした。自分は深海に興味があるので、このライブは、とてもさんこうになりました。
高校1年生 とてもわかりやすかった。イメージもしやすく、好きなものの授業をきくことはとてもおもしろいなと思いました。
高校2年生 自分から外へ行きいろいろとしらべることができるのはいいと思った。こういう分野にも興味をもちました。
高校1年生 魚の性殖や性転換がおもしろかった。
高校1年生 初めて聞いた学問でした。魚をオス、メスを子孫を残すために状況によってきり変えることができてすごいと思った。
高校2年生 とてもおもしろくて興味深い講義でした。行動生態学には元々興味があったので、広島大学にいきます。
高校1年生 魚のことを20年も研究していて、すごいなぁと思いました。魚のことを知れて勉強になりました。
高校1年生 わかりやすく、おもしろかったです。
高校1年生 魚の性別はおもしろい。
高校1年生 魚が性転換をするのは知っていましたがタイミングがよく分からなかったのでいい勉強になりました。ニモの話が特におもしろかったです。
高校1年生 魚の性転換の話で、メスからオスに、オスからメスに環境によって変わるのが、興味深かったです。
高校2年生 広島大学に行ってみたいと思いました。
高校2年生 こういう学問もいいなと思った。また僕は、こういう研究がしたいと思った。フィールドワークがおもしろそうだった。
高校2年生 魚の研究をしたいなと思うようになりました。
高校1年生 魚の今まで知らなかった行動が新しく分かった。
高校2年生 性転換による生殖能力を効率化するという生物の進化。その複雑かつ単純なしくみを分かりやすく語ってくれた。
高校2年生 性転換の話とてもおもしろかったです。効率良く子孫を残そうとする魚の考え方もおもしろかったです。
高校2年生 さかなのマーキング方法のしくみがとてもおもしろかったです。あたたかい海で性転換がおこることを初めて知り、くわしく学んでみたいと思いました。
高校1年生 魚の行動についてよく知ることができた。
高校1年生 生物に関することという大ざっぱな興味でしたが、生態学という学問を知って魚に対する興味がわきました。あまり魚をしらないのですがフィールドワークが魅力的に思いました。
高校2年生 魚のオスとメスが入れかわることを初めて知れてよかったです。
高校1年生 こういう学問があるということに驚きました。すごく興味がでてきました。
高校1年生 この講義を聴いて魚類について、きょうみがでました。
高校2年生 魚について今まで興味が全然なかったが今回の講義で生態学とともにとても興味がわいた!楽しい講義でした!
高校2年生 フィールドワークができるというのは良いなと思った。自ら現場を見に行けるような大学に行けたら良いなと思えた。
高校2年生 性転換についての話がとてもおもしろかった。僕は生物行動学に興味があるのでまた見たい。
高校1年生 魚のことを詳しく聞けてとてもよかったです。また、自分の知らないことも知れておもしろかったです。
高校2年生 とった魚にマーキングをして魚の見分けをつけるというのが面白かったです。魚についての理解が深まりました。
高校1年生 ニモの話、おもしろかったです。
高校1年生 人間とは違い、魚はオスとメスの性を変えることが出来ることに驚きました。時と場合によって、変えることが出来る生物がいるということに関心を持つことが出来ました。
高校1年生 自分で決めた場所や魚を、長い期間追い続けて研究するのはとても楽しそうだと思った。
高校2年生 驚いてばかりの講義だった。性転換のできる魚はすばらしいと思った。もっと魚のナゾを知りたいと思った。
高校2年生 私も生物関係の研究がしたいのですが、フィールドワークがとても楽しそうで、フィールドワークを多く実施する大学に行きたいと思いました。
高校1年生 僕は小さいころから動物が好きなので、とても楽しかったです。フィールドワークも興味を引かれました。
高校1年生 魚類には性転換を行う生熊があることを知らなかったので驚いた。魚類は子孫を残すために様々な行動をしていることを知れて、とても楽しかった。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 雌雄 、
  • 繁殖 、
  • 魚・魚類 、
  • 行動 、
  • スクーバ(スキューバ)ダイビング 、
  • サンゴ礁 、
  • 観察 、
  • 性転換 、
  • 社会

講義No.g004647

オスとメス、両方に性転換する魚:さかなの社会を読み解く

小さい頃はメス、大きくなるとオスに性転換

 魚の暮らしを詳しく調べると、陸上動物には決してみられない興味深い行動が確認できます。屋久島の北西に位置する口永良部島(くちのえらぶじま)のサンゴ礁に、一夫多妻(ハレム)の社会を作るサラサゴンベという魚がいます。一匹のオスが数匹のメスと同居し、すべてのメスと産卵します。この魚は、小さい頃はメスとして卵を産み、大きくなるとオスに性転換し「ハレムオス」になることがわかっています。これは、ハレムから追い払われることなく常に繁殖でき、また、一生涯メスでいるよりも生涯に残せる自身の子どもの数を多くできる仕組みと言えます。同じタイプの性転換はいろいろなハレム魚類で確認されています。

さらに、再びメスに戻るものも

 ところが、大きくなってハレムオスになっても、ほかのオスが強かったり、メスを失ったり、都合の悪い状況になることがあります。サラサゴンベに注目してスキューバを用いた潜水調査を行い、魚の行動を追い続けた結果、そのような場合は次のようなことが起こりました。より大きく強いオスとの戦いに負けると、オスはメスの行動をとりはじめ、しばらくすると卵を産みはじめました。つまり、メスに性転換したわけです。オスがメスに戻る能力をもっていることは水槽実験ではわかっていましたが、自然状況下でもオス、メスの両方に性転換することが裏付けられたのです。

状況によって性が変わる

 魚にこのような性転換が可能なのは、ひとつには卵を体外で受精させるため、陸上動物のように体内で子どもを育てる仕組みが不要であり、雌雄の構造上の差が小さいという点があげられます。また、魚の雌雄性はホルモンの強い影響を受けています。これは、その時の「状況」、つまり同居個体との社会的な関係を、脳が察知することで、ホルモンのバランスを変え、その個体にふさわしい性を選択できる仕組みとなります。これが性転換につながるのです。魚も実に「社会的」な動物なのです。

この学問が向いているかも 行動学、生態学、動物学、魚類学、水産学

広島大学
生物生産学部 生物生産学科 教授
坂井 陽一 先生

メッセージ

 高校生のあなたは大学に進学するにあたって、自分の好きなことを見つけ、それにまっすぐに向き合うこと、またそれができる研究室や先生を見つけること、そこに近づけるように努力すること、けっして諦めないことを忘れないでほしいと思います。魚については、まだわからないことがたくさんあります。私の研究室では、市場で魚のサンプルを採集し、実際に海に潜り、その生態や「魚社会」の仕組みを明らかにしています。もしあなたが魚という動物を見つめることが大好きなら、ぜひ私の研究室を選んでほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の時にコンラート・ローレンツの『ソロモンの指環』という本と出会ったことがきっかけで、動物や魚の行動や生態を探究したいと研究者の道を志しました。このような研究に没頭できる大学はあまり多くはありませんでしたが、大学の研究室の情報をしっかり集め、受験する大学を慎重に選びました。大学に入学すると、すぐにあこがれの研究室を訪問し、教授や研究室の学生メンバーから直接話を聞いたり、積極的に交流し、魚類の脊椎動物としての面白さを再認識しました。そして魚を対象とした研究活動をスタートさせたのです。

大学アイコン
坂井 陽一 先生がいらっしゃる
広島大学に関心を持ったら

 広島大学は社会に貢献できる優れた人材を育成し、科学の進歩・発展に貢献しつつ、世界の教育・研究拠点を目指す大学です。緑豊かな252ヘクタールという広大な東広島キャンパスを抱え、また、国際平和文化都市である広島市内等のキャンパスを含め、12学部、11研究科、1研究所、大学病院並びに11もの附属学校園を有しています。 新しい知を創造しつつ、豊かな人間性を培い、絶えざる自己変革に努め、国際平和のために、地域社会、国際社会と連携して、社会に貢献できる人材の育成のために発展を続けます。