一覧へ戻る

「新しい微生物を探す」という研究

夢ナビライブ2017大阪会場にて収録

1分動画1

微生物が作っている商品

1分動画2

新しい微生物を見つけるコツ

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 とてもおもしろい内容でした!自分とは関係ないと思っていた微生物がこんなにも近かったなんて、とてもおどろきました!とても楽しい時間でした!
高校2年生 善玉菌が植物に関係するなんて思ってもいなかったので驚きの連続でした!!!
高校1年生 分かりやすい説明をありがとうございました。
高校1年生 微生物は色々な食品や、用途で使われている事がよく分かった。
高校1年生 新しい微生物の活用の例を観て、微生物がもたらす可能性の大きさを実感しました。
高校2年生 微生物に興味がわきました。
高校1年生 私達の生活に微生物が深く終わっていることを知れました。ありがとうございました。
高校2年生 微生物と人間はとても深く関わりあっていることを知って、微生物の研究とてもおもしろそうだと思いました。
高校2年生 菌の発見や歴史などがわかっておもしろかったです。微生物についてのことだとかおもしろかったです。
高校1年生 微生物に大くの可能性があるとは知らなかった。
高校2年生 徴生物がすごく身近にあることを知りおどろきました。徴生物学への関心が高まりました。
高校3年生 微生物が色々な食品に利用されていると知り、おどろきました。それと、まだ発見されていないものもあると聞き、自分でも見つけてみたいと思いました。
高校1年生 とても面白そうだと思った。
高校2年生 微生物が食べ物以外で活やくしていることや見つかったものが0.1%(全体の)であることにおどろきました。
高校1年生 DNAの分析に微生物が使われていることにおどろきました。個々の微生物の体の構造が分からないので、生物で学びたいです。
高校2年生 微生物は今も自分たちをさまざまなことで助けてくれていて、そして無限の可能性があるということがわかりました。今後もさまざまなことに使われてほしいと思います。
高校1年生 身近な微生物のことを知って、もっと目を向けてみたいと感じました。とてもおもしろかったです。
高校1年生 生物範囲は少し苦手だが、微生物の研究は面白いものなのだなと知った。
高校1年生 とても興味深かったです。未知の領域だというのがわくわくしました。
高校2年生 微生物がさまざまな場面で活やくしていることがわかり、楽しかった。
高校1年生 説明がとても分かりやすくて、面白かったです。もっと詳しく知りたいと思いました。
高校2年生 まだ発見されていない微生物がたくさん存在することが分かった。とても楽しかった。
高校1年生 微生物など変わった生物が好きなので、とても興味をもって話を聞けました。
高校1年生 とても面白かった。前から微生物に興味があったが、講義を聞いてさらに興味が深まった。
高校1年生 まだ知られていてな微生物がこんなにもいたなんで、すごく驚きました!また私たちが微生物によっと支えられているというのも改めて実感しました。この度はありがとうございました。
高校2年生 とても分かりやすかったしどんな実験を行っているのか分かってよかったです。
高校1年生 元々微生物に興味があったので、今日の話はとてもたのしかったです。微生物の道もありか、と思いました。
高校1年生 わかりやすくて興味がわきました。ありがとうございました。
高校2年生 微生物についてはあまりよく知りませんでしたが、意外と身近で活躍しているのだとわかって、少し興味がわきました。
高校2年生 微生物が捜査や緑化に使われているのを初めて知りました。
高校2年生 び生物がいままで人類にどのようなことをしてきたか、とても深くわかったし、今後も無限の力をもっていそうでとても楽しみ。今日はありがとうございました。
高校1年生 石油分解微生物や先生の発見した環境ホルモンを分解する微生物などのように何かを分解する微生物が多いのはなぜか気になりました。
高校1年生 微生物が私達の生活に深く関わっていることがよく分かった。
高校1年生 微生物が全体の0.1%しか見つかっていないということに、ロマンを感じた。見つけてみたいと思った。
高校1年生 微生物はあまり引かれるものがなかったけれど、先生の講義を受けて、研究してみたくなりました。
高校1年生 微生物は食品の発酵以外にもたくさんの場面で役に立っているのを初めて知りました。微生物に関係ある食品を食べてみようと思います。
高校1年生 私は物生が好きでしたが、もっと好きになりました。初めて知ったこともあり、とても興味深かったです。
高校2年生 楽しくて、とてもわかりやすい講義でした!!
高校2年生 一口に微生物、といっても植物に対して働くものや、紙にはたらくものなど種類がさまざまであることを知ることができました。ありがとうございました。
高校2年生 微生物はもともと興味があったので面白かったです。
高校2年生 微生物全く興味なかったのですが少し興味を持てた。
高校3年生 微生物への興味がさらに高まりました。
高校1年生 先生の研究していらっしゃることの内容がとてもよく分かりました。身近で基本的な微生物から少し専門的なところまで。私は生物との共存、利用をしての社会貢献がしたいので、とても関心が高まりました。進学先の1つとして考えさせていただきます!
高校1年生 微生物を見つける手順を簡単にしれました。
高校1年生 微生物が意外にとても身近なところにいたので、びっくりしました。特に驚いたのが、微生物が下水道の下水処理に使われていたことです。
高校2年生 元々かなり興味がありましたがまだ0.1%しか見つかっていないと知りとても好奇心があおられました。
高校2年生 意外なことが知れて面白い授業でした。ありがとうございました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • セルラーゼ 、
  • 抗酸化 、
  • 微細藻類 、
  • 二酸化炭素(CO2) 、
  • 発酵食品 、
  • 微生物 、
  • 酵素 、
  • 培養 、
  • セルロース

講義No.g008348

「微生物」の働きで、発酵食品、栄養食品、バイオ燃料、化学合成も

微生物は身近で役に立つ存在

 微生物は身近な存在です。チーズは乳酸菌の酵素が牛乳のタンパク質を分解することで作られます。このような発酵食品には、ほかにも味噌や酒、パン、ヨーグルトなどさまざまなものがあります。落ち葉のセルロースは微生物によって分解され、発酵熱で熟成され堆肥になります。化学物質の合成や製紙業界の紙の漂白、排水の浄化、髪の毛を使ったDNA検出にも、微生物の酵素を利用しています。微生物の酵素が外から取り込んだ物質を分解して、人間にとって有用な物質を作ったり、状態を変えたりしているわけです。

微生物の研究がさらに期待される理由

 このように社会に役立つ微生物ですが、これまで研究されてきた微生物種は実は全体の1%以下と言われています。それ以外は培養できない、あるいは培養が確認されていないものです。しかしこの割合は、未確認のものを発見したり、新たな培養方法を開発したりすれば、上げることが可能です。微生物利用のメリットは、時間はかかりますが低コストで目的の物質を合成できることです。また利用範囲が広く、今まで実績のない産業分野での利用が期待されます。そのため、応用開発や研究が盛んに行われているのです。

微生物による物質循環をうまく利用する

 その1つが地球の炭素循環の中で微生物を利用するアプローチです。落ち葉の成分であるセルロースを効率よくブドウ糖にまで分解できる微生物を使えば、酵母でエタノールに変換して自動車などの燃料になります。これに利用するセルラーゼという分解酵素は、洗剤や古紙の再生にも使われます。
 このような有機物からブドウ糖と二酸化炭素を作る循環に対して、逆に二酸化炭素から光合成によって細胞成分を作り出す微細藻類があります。微細藻類をうまく使えば、工場から排出される二酸化炭素を利用して高価値の物質を合成できます。抗酸化作用があると言われるアスタキサンチンも合成できます。微細藻類も多くの可能性を秘めているのです。

参考資料
1:セルラーゼを用いて紙を分解
この学問が向いているかも 農学、微生物学、環境科学

山口大学
農学部 生物機能科学科 准教授
藤井 克彦 先生

メッセージ

 私は微生物の研究を行っています。我々はさまざまな微生物から恩恵を受けて社会生活を送っています。しかし実は、自然界の微生物の99%以上は、まだ培養もできていません。この分野は、まだまだ未開拓の分野なのです。
 私は特に土壌の中にすんでいる微生物を探し出して、将来の社会や産業を豊かにしたいと考えながら、日々研究しています。一緒に研究して、新しい微生物を探してみませんか。

先生の学問へのきっかけ

 微生物の産業利用について研究しています。この学問に興味を持ったのは、大学院時代に「ノニルフェノール」という環境ホルモンを分解する菌を探すという研究テーマに取り組んでからでした。なかなか見つからず苦労しましたが、最後には見つかり、しかもそれは新種の微生物でした。同時に当時発見されていた微生物のほとんどが培養できないものであることを知り、考えたのは「今後の研究で培養条件を変えれば、面白い性質を持った新しい微生物に出会えるのではないか」ということです。現在でも新たな有用微生物の発見が期待されています。

大学アイコン
藤井 克彦 先生がいらっしゃる
山口大学に関心を持ったら

 山口大学は「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」を理念に、9学部からなる総合大学です。英語の苦手な人も得意になれる! 山口大学のTOEICを活用した英語教育はすっかり定着しました。また、学生だからこそ考えつくアイデアに、資金を提供するプログラムとして「おもしろプロジェクト」があります。これら山口大学の個性的な取り組みにぜひご注目ください。