一覧へ戻る

デザインは、人が人らしく暮らすための知恵

夢ナビライブ2016東京会場にて収録

1分動画1

「座る」暮らし方とは?

1分動画2

デザインの勉強は大学から

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 とっても面白かったです!本当に関心が高まりました。
高校2年生 とても有意義な時間でした。関心が高まり、より興味がわきました。
高校2年生 今までより一層にデザインを学ぶことに関心が持てました。とても惹きつけられるような講義でデザインが更に魅力的なものに感じられました。ありがとうございました。
高校1年生 自分がやりたい事で職を持つ事はとても良い事先と思うので、ここの大学や講師の方が話してくれたデサインを皆の生活で良い方法で活用できる様にというのはすばらしいと思いました。大学の方で作っているイスは一度昨年オープンキャンパスに行った時見ましたがとても良かったです。人それぞれアイディアが違くおもしろかったです!
高校1年生 美術に興味がありませんでしたが、先生のあつい説明のおかげで、デザインについて、関心が高まりました!
高校1年生 講義、質問コーナー共にありがとうございました。とても楽しみにしていたので会話まで出来、とても嬉しかったです!夏休みを利用しオープンスクールや夏期講習に参加して、学びを深めたいです。
高校1年生 柴田先生が体温計のデザインや無印良品のソファのデザインまで幅広く活動していると聞いて、スゴイなぁと思いました。美術大学にますます興味がでました。
高校2年生 前から絵を描くことは好きでしたが美大は視野に入れていませんでした。ですが講義をきいてとても興味が湧き、その道も考えてみようかと思いました。
高校1年生 先生のデザインした体温計、私の家に2つあります!!生活をよく良くするためのアイデアは、大切なんだな。と改めて思いました。
高校1年生 ふだん目にしているものやコンビニにあるものすべてがデザインされているということが分かりました。
高校2年生 とてもおもしろ授業だった。また、お話を聞きたい。たのしかったです。
高校1年生 デザインは具体的な色や形だけでなく空間デザインなどがあるのも面白いなと思いました。また、ソファを作るにあたり、「座る」という動作を考えるのは驚きました。
高校2年生 絵が得意な人じゃなくても大丈夫だときいて、進学したいなと思いました。
高校2年生 絵を描いたりすることやデザインすることが好きだけど自信がない私にとって、大学で初めて学ぶんだよということが励みになった。
高校1年生 今回は、デザインと人について学びました。デザインは、ただ絵をかいているのではなく生活にかかわる大切なものだとわかりました。そして、車が好きなので、そういうデザインができたらいいなと思いました。
高校1年生 とてもわかりやすく、理解できました。デザインについてはば広く説明してくれたので雉楽しむことができました。ありがとうございました。
高校2年生 デザインと言われると服とか広告とかのイメージでしたが、デザインということはそれだけではないと知り、興味を持ちました。
高校2年生 前からデザインについて興味があったのですが、今回の講義でよりいっそうデザインと人との関わりに知れたのでよかったです。
高校2年生 自分は造形よりも絵画に興味があったけれど、デザインというのが平面だけでないことがよくわかる講義で、すごく面白かった。
高校2年生 自分で使ったデザインが、日常生活にあるのはすごいなと思いました。
高校1年生 説明がわかりやすく、実際に映像で在学生の作品なども見ることができ、さらに興味が高まりました。質問コーナーでも、丁寧に対応してくださりありがとうございました。
高校1年生 デザインは、人の生活に深く関わっていた。デザインは人の行動の根源を見てから考えるんだという事が分かった。
高校1年生 美術関係に以前は興味がありませんでしたが、画像などでわかりやすかったです。
高校1年生 身近なものもすべてデザインされていると思うと、そのはばの広さに感心がもてました。
高校1年生 身近なものを柴田先生がデザインしていると分かり、より、デザインのすごさや身近さが分かった。
高校2年生 デザイン関係は難しいと思っていたけど、少し自分に合っているのかなと思いました。
高校1年生 デザインの中でもたくさん種類があるなんて知らなかった。
高校1年生 講師の人を思う事がデザインというのがとても心に響きました。形があるものも形がないものもデザインであることを知り、自分の思考に新しい考えが増えました。
高校1年生 たのしかったです。
高校1年生 自分も、絵が得意ではないので、デザインとか、色々考えてみようと思いました。
高校1年生 パリーポイントのスライドショーで、実際の大学生の素晴らしい作品を見せてもらって、とても分かりやすかったです!
高校2年生 デザインについて深く知ることができとても良い時間になりました。得にファッションデザインについての興味が前からあり、知りたいなぁと思っていたので嬉しかったです。
高校2年生 美大なので全員が美術専門にしてきた生徒だとかがはのでなく一般生もいることにおどろきました。
高校1年生 デザインには、色々な種類のデザインがあるのがよくわかりました。
高校2年生 デザインが生活の様々な所で役だっていることがわかりました。デザイン=洋服的なイメージがあったので新しい考え方ができるようになりました。
高校1年生 昔からデザインやファッションには興味がありましたが、先生の講義を受けもっと興味がわきました!そして柴田先生はとてもキラキラしていました!
高校1年生 デザインはくらしのこととかを考えてつくることがわかった。世界にある一般的なものもデザインされていることがわかった。
高校2年生 おもしろかったです。
高校2年生 大学で学ぶ内容について少し難しく感じました。ビジネスでデザインをやることに少し興味は無くなってしまいました。しかし、やっていることは楽しそうでした。
高校1年生 デザインのあり方について理解することができた。
高校1年生 学校のことがよくわかりました。デザインは意識していないだけでいろいろなところにあることもわかりました。
高校2年生 デザインについて、例を出してお話してくださりとても分かりやすかったです。
高校2年生 デザインについて興味はあったのですが、デザインのことを何も知りませんでした。でも今日のお話を聞いてもっと学んでみたいと思いました。
高校1年生 デザインについて深く知ることができた。
高校2年生 自分が考えている物を形にするのはとてもむずかしいことだと知った。自分の生活を豊かにしているのはデザインだと思った。
高校2年生 デザインを考えるときに、形から考えずに、「その“もの”がなかった時に、人はどのようにして生活していたのか?」と考えることから始めるのを見習いたいと思いました。
高校1年生 デザインに興味がわきました。有難う御座いました。
高校1年生 デザインは、作ることやかくことはもちろん、いろんな種類のことをデザインということが分かってよかったです。
高校2年生 作品がどれもすてきで興味をひかれました!
高校1年生 最もききたかった講義なので前列できくことができうれしかったです。もともと興味がある分野に、更に興味がわきました。武蔵野美術大学について調べようと思います。
高校2年生 デザインにたくさんの種類があることを理解できました。すごく美しかったです。
高校2年生 デザインとは、日常の中で見つけることができると分かった。
高校2年生 色々身近なものもすべてデザインされたものなんだと気付いた。
高校1年生 とてもわかりやすく、楽しい講義でした。デザインにもいろいろな形があることがわかり、私もいろいろデザインしてみたいと思いました。ぜひこの学校に見学に行きたいです!!
高校2年生 物をつくることを考えるのではなくて、その物はどういう使われ方をしているのかを考えると言っていて、今までの自分の考え方がかわりました。
高校1年生 デザインはただもののデザインをするという既成概念があったことに気づいた。絵が下手でも、デザインを勉強できるときき、興味が湧いた。
高校1年生 デザインについてのさまざまなことを知れてよかった。先生がどんな風にデザイナーになったのか、デザインは色や形だけではないということを知れて、とてもよかった。
高校2年生 デザインの種類をたくさん知ることができました。また、自分のイメージを外に出せるようなデザインをしてみたいと思いました。
高校2年生 すごく楽しかったです。先生のような人になりたいとすごく思いました。またお話ききたいです。
高校2年生 デザイン系に行かないと思っているけど、デザインはとても大事であるということを知れてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 デザインにも色々なことがあるんだなと思い、少し興味がわきました。
高校2年生 人をダメにするクッションなど、デザインにはオシャレなどのデインの他にも便利にするデザインがあることを知った。
高校2年生 私は武蔵美の建築学科に入りたいと思っていましたが、今回講義を受けて基礎デザインから、色々なデザインに触れてみたいと思いました。特に商品開発には最近興味を持っていたので、プロダクトデザイン目指してみたいです!
高校2年生 デザインはデザイナーというわけではなく、暮らしだという言葉が心に残りました。
高校2年生 今まで知らなかった基礎デザインについて分かりました。今後とも美大へ入るため精進してゆきます。
高校1年生 とてもわかりやすく講義をして下さり、ありがとうございました。「デザイン」とはどのようなことなのかを考えることができました。
高校1年生 自分もよく知っている身近なものが、デザインされているという話は、興味深かった。
高校1年生 ものづくりに興味があり、生活をより便利にするものをつくってみたいと思っていますが、絵をかくことが得意ではないので心配していました。しかし、先生のお話をきいて絵がかけることだけがデザインではないと知り、ものづくりにもっと興味がわきました。
高校1年生 デザインは、1つではなく人のサービスをとどけたりするのも、デザインなんだとわかった。
高校2年生 とても分かりました。デザインしてみたいと思った。
高校1年生 『デザイン』と一言で言っても、たくさんの種類があり、また、ただ見ためというわけではなく、使いやすさなども考えられているんだなと思いました。
高校2年生 少し学校をみてみようと思った。
高校1年生 デザインにもたくさんの種類があり、柴田先生の考えで無印用品などの物ができていることがわかりすごかったです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 製品 、
  • 作品 、
  • 技術 、
  • ライフスタイル 、
  • 家具 、
  • アート 、
  • デザイン

講義No.g007649

「デザイン」とは、人が人らしく暮らすための「知恵」

デザインは特別なものではない

 デザインという言葉を聞くと、「色や形を追求したアート作品のようなものを作ること」といったイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。しかし、デザインの本質はそういった特別なものではありません。世の中のために自らの「知恵」を使って、役立ててもらえるものを送り出すことがデザインです。誰かのために何ができるだろうと考えることが好きな人は、デザインを学ぶことに向いています。

発想の転換から生まれたソファ

 お気に入りの家具に囲まれた暮らしは、誰もが憧れるものですが、例えばテレビの位置で自分の居場所が決まるように、モノを手にした瞬間から私たちはある種の不自由さも手にしているように思います。
 無印良品のヒット商品「体にフィットするソファ」は、それまでの家具としてのソファの概念とは異なる発想から生まれました。伸縮性の高いポリエステル系の生地と帆布生地、伸縮性の異なる2つの生地を組み合わせたカバーで微粒子ビーズを包んだ、2通りの座り心地を提供するソファです。座る体勢によってカタチが自由に変わるので、好きな体勢をとることができ、軽くてどこにでも持ち運べるので、家の中で自由に居場所を作ることができます。
 常に変化するライフスタイルにフィットする製品を適切にデザインすることでモノへの愛着が増し、モノの寿命がのびることもあるのです。

「本当にそうなの?」という視点を持つこと

 「前提を疑ってみる」ことはデザインの本質のひとつです。「家具とはこうあるべき」とみんなが思っている方向性に対して、「本当にそうなの?」という視点を持って提案することは大切です。今の時代は技術の進歩によってあらゆるものが新しく便利になっていますが、技術とは本来、私たちが人間らしく暮らしていくために使われるべきものです。デザインは、そういう目的を実現するための手段であり知恵なのです。

この学問が向いているかも デザイン学

武蔵野美術大学
造形学部 基礎デザイン学科 教授
柴田 文江 先生

メッセージ

 デザインというと、すごく特別なことのように思っていませんか? でも、毎日の暮らしの中で「こういうふうにしたらもっとよくなるのにな」といったことは、誰でも考えるでしょう。
 デザインを学ぶと、そういったアイデアを世の中に役立てていくことができます。今はデザインについて何もわからなかったとしても、自分のアイデアや工夫を世の中の役に立てたいという気持ちがあるなら、デザインを学んでみようと考えるのもいいと思います。今はやりたいことが見つけられないという人は、デザインについてちょっと考えてみてください。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃からものを作ったり、絵を描いたり、イベントを計画することが好きでした。そういう自分の好きなことを職業にできたらいいな、デザインはどうだろう?と考えていましたが、当時は今よりも情報が少なくて、デザインをどう学べばいいのかもわからなかったのです。
 そんなある日、ピアニストに憧れていた友人から「音楽も、デザインも、大学で勉強できるよ」と教えてもらい、美術大学を受験しました。
 身の回りにある道具や化粧品のボトルなどをデザインすることに興味を持ち、大学ではプロダクトデザインを学びました。

大学アイコン
柴田 文江 先生がいらっしゃる
武蔵野美術大学に関心を持ったら

 2019年4月、「データサイエンス学部」を新設。最先端の人工知能(AI)について学び、AIを使ってビッグデータを分析、活用できる人材を育成します。教育学部児童教育学科は「教育学科」に名称変更。経営学科・会計ガバナンス学科は経営学部に改組。