一覧へ戻る

英語4技能「読書聞話」、5番目の技能は?

高校1年生 Your class was very interest.I’ll communicte with more English speaker.Thank you for Teaching us!!
高校2年生 全てが英語の講義だったので不安だったけど自分が思っていたよりはましに話を聞きとることができた。
高校1年生 良いやさしい、英話で苦手な者でも何となく意味が分かりました。
高校2年生 Thank you for telling us a lot of great information about learning English.I’ll try do some good advises!
高校2年生 I thought watching!Observing is very important to laern English.
高校1年生 「人を観察する」という事の大切さを感じることができました。楽しかったです。
高校3年生 人に聞こうとするときちゃんとその人の様子やふんいきを見てから聞くのは海外でも変わらないということがよく分かりました。It was a Very nice lesson. Thank you.
高校1年生 I was so lucky to listen to your recture..I discovered the importance of eyes。Thank you very much!
高校1年生 途中からだったが、その途中の内容からは理解できた。英語を理解できたことで自信がついた。
高校1年生 30分間という短い間、ありがとうございました。相手の持ち物、ジェスチャー、表情をよく見て、コミュニケーションをとろうと思います。
高校1年生 読みや書き、話すに聞くの4表現に観察についてくわしく勉強することができました。
高校2年生 Thank you very much for your lechre of English.I like more and more speaking English!
高校2年生 表情をたくさんつけながら講義をしてくれたのでとてもよかったです。
高校2年生 I feel it is important for English and Jaoanese too.
高校2年生 英語が得意で興味があったので参加しました。とてもおもしろく、終了後にお話することができてよかったです。
高校2年生 修学旅行(カナダ)の質問を丁寧に答えてもらえてうれしかった。先生の表情も変わって楽しく受講できた。
高校2年生 ・医療とは、医者や看護師だけでなく、事務を行う人たちのおかげで成り立っているのがわかりました。
高校2年生 今まで4技能だと思っていましたが、今日、「観察力」が加わって5技能になると知り、とても驚きました。分かりやすい個別相談ありがとうございました。
高校1年生 英語好きなのでとてもたのしかった。理解しやすくわかりやすかった。またききたい!
高校1年生 全てが英語の授業ということで少しきんちょうしていましたが、おもしろくてとてもわかりやすかったです。
高校1年生 英語の技能はこの「読書聞話」の4つだけだと思っていたので、びっくりしました。説明も分かりやすくて良かったです。
高校2年生 生の英語に触れられて、良かったです。新しい学びもありました。ありがとうございます!
高校1年生 相手とコミュニケーションをとるには、相手の様子をよく観察することが大切だということがよく分かった。
高校1年生 英語の5つ目の能力がわかり、とてもためになりました!はじめて英語で講ぎをうけることができて、すごいいい経験になりました!!ありがとうございました!
高校1年生 英語の技能で「観察」。これは、自分の知らない問でも、使われているなと思い、なるほどと思いました。これから4技能+1してがんばってコミュニケーションを高めたいです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 文脈 、
  • 世界 、
  • 文化 、
  • 観察 、
  • イントネーション(抑揚) 、
  • コミュニケーション 、
  • 英語

講義No.g007794

英語を身につけるために必要な、「観察力」とは?

「読む・書く・聞く・話す」以外に必要な技能は?

 異なる国の人たちとコミュニケーションを取りたいとき、世界中で広く使われている英語は役に立つ言語です。しかし、単に英語の語彙や文法を学んで得た知識だけでは、実際に相手との密なコミュニケーションを図るには十分でない場合もあります。学校で習う「読む・書く・聞く・話す」という4つの技能のほかに、英語にはもう一つ必要な技能があります。それは「観察」(observation)です。

シャーロック・ホームズのように観察する?

 例えば、「Hello」という言葉は、比較的明るいトーンで発せられる挨拶の言葉としての役割のほかに、主にイギリスで、少し驚いたようなトーンで発せられる「おやまぁ」「何これ」という意味合いの言葉としても用いられることがあります。こうした使い分けは、イントネーションの違いだけでなく、誰がどういうときにどんな状況で発した言葉なのか、その場面のコンテクスト(文脈)を読み取ることで理解できるようになります。名探偵のシャーロック・ホームズが対峙した相手や犯行現場をつぶさに観察して、さまざまなディテールから真実を読み取るように、「観察」によって理解できるコミュニケーションの場面はたくさんあるのです。

ほかの国との文化の違いについて学ぶ

 異なる国の人とのコミュニケーションについて学ぶときには、言語だけでなく、その国の文化についても学ぶ必要があります。例えば、何かについて謝るとき、日本人は「すみません」と言いながら少し笑みを浮かべる場合が多くありますが、欧米諸国の人々は決して笑わず、シリアスな表情で謝罪します。
 英語圏では表情やボディランゲージを用いて、日本人よりはっきりと感情を伝えます。語彙や文法の知識だけでなく、「観察」や「経験」を通じて、国や地域ごとの文化の違いを理解する努力をすることが、「世界について知る」ことへとつながっていくのです。

この学問が向いているかも 英語学、コミュニケーション学

武蔵野大学
グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科 教授
A.C. イハタ 先生

先生がめざすSDGs
メッセージ

 「教育」について考えるとき、教師が一方的に「教える」、生徒がもう一方で「習う」ものだと思っているのではないでしょうか。
 武蔵野大学のグローバル学部では、教育を、学生とともに「世界を知るもの」ととらえています。コミュニケーションを通じ、私たちは自分たち以外の人々や文化など、世界中のさまざまなことを学びます。それは同時に世界への理解を深めることにもなるのです。ぜひ、武蔵野大学に来て、私たちと新たな世界を発見しましょう!

先生の学問へのきっかけ

 イギリス生まれで、エディンバラ大学でフランス文学を学んだ後、米国のコロンビア大学大学院や英国のバーミンガム大学大学院で英語教授法や応用言語学についての研究に携わっていました。
 日本には35年以上暮らしています。大学で教えているのは、異なる国の人々とスムーズなコミュニケーションをはかるための技術です。学校の授業で習う「読む・書く・聞く・話す」という4つの技能のほかに、その場の状況や相手の様子をしっかりとチェックして文脈を読み取る、「観察」という技能が大切だと考えています。

大学アイコン
A.C. イハタ 先生がいらっしゃる
武蔵野大学に関心を持ったら

 武蔵野大学は、文・理・医療系の総合大学です。2019年4月、「データサイエンス学部」を新設。最先端の人工知能(AI)について学び、AIを使ってビッグデータを分析、活用できる人材を育成します。教育学部児童教育学科は「教育学科」に名称変更。経営学科・会計ガバナンス学科は経営学部に改組。11学部19学科になる武蔵野大学では、経済学、経営学、法学、文学、国際、語学、教育、薬学、看護、心理、福祉、工学、環境、建築などの学問分野が学べます。