一覧へ戻る

「観光」を通して、旅や地域の魅力を知る

夢ナビライブ2015大阪会場にて収録

1分動画1

大学で学ぶ観光学

1分動画2

講義を視聴する(1分 その2)

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 観光学に興味がわきました。
高校2年生 「観光」という言葉は耳にしたことがあったけれど、具体的に「観光」学科は何について学ぶのかはあまりしらなかったので、今回の授業で知ることができてとてもよかったです。
高校1年生 学びたいという気持ちがでてきた!興味がわいた!楽しかった。
高校2年生 観光学部は何を学ぶところかよくわかった。
高校1年生 観光について今までとは違う考え方が分かりました。
高校1年生 ゼミが楽しそうだと思った。
高校1年生 観光について一層興味が高まりました。
高校2年生 よかったと思いました。いつもと違う勉強ができたと思いました!
高校2年生 観光に関しては元々興味はあったので、楽しむことができた。非常に明るく楽しく、わかりやすく受講できてよかったです。
高校1年生 外国人観光客に着目して観光のあり方を追求していくのもおもしろそうだと思いました。
高校2年生 非常に興味がある内容でした。おもしろかったです。
高校2年生 ありがとうございました。観光の魅力についてたくさんのことが学べました。
高校2年生 自分の興味のある職について学べそうでした。
高校1年生 観光がさらに好きになりました。
高校1年生 とても分かりやすかったです。ありがとうございました。
高校2年生 自分の中で観光に対する考え方、感じ方がかわりました。地域活性化について考えてみたいと思いました。
高校2年生 観光に関する学科のことをしらなかったので知れてよかった。
高校1年生 旅行好きなので楽しかったです。「観光学」というものを知れてよかったです。
高校2年生 観光学は幅広に物事を知り、異文化とコミュニケーションすることが大切だなぁと思った。知的好奇心が必要。
高校1年生 観光学部も視野にいれてみようと思います。
高校1年生 とても分かりやすかったです。
高校2年生 とてもおもしろかった。
高校2年生 話し方がよくて、興味が深まりました。
高校1年生 観光という言葉の意味を知ることができた。
高校2年生 今回、初めて観光について学んでみて、今まで知らなかったことや、今の現状について学ぶことができたので、とても勉強になりました。
高校2年生 「観光」と「観光学」に対する熱いおもいが感じられた。
高校2年生 途中からだったのであまりわかりませんでした。
高校1年生 観光学のことがよくわかりました。
高校1年生 観光学は今まで勉強したことがなかったので、初めて話を聞いて少し興味がわきました!
高校2年生 日本への外国人旅行客がこんなに増加しているのを知らなかったのでおどろきました。
高校1年生 とてもおもしろかった。
高校2年生 観光学とは、観光のことだけでなく、基礎力を上げるために学ぶことを知りました。丁寧でとても良い講義でした。
高校1年生 興味が深まり、よかったです。
高校2年生 とてもおもしろかったです。
高校1年生 観光学についてわかりました。
高校1年生 観光は遊びだけではないことがよく分かりました。もっと深く学んでみたいなと思いました。
高校1年生 “観光”については、これからの日本の経済にとって重要なところなので聞けてよかったです。
高校1年生 観光学はただ遊ぶだけではないことがよく分かりました。
高校1年生 すごくおもしろくて、興味がわきました。
高校2年生 興味がわきました。
高校2年生 観光への関心が深まりました。
高校2年生 凄く、わかりやすくて、聞いていて楽しかったです。もっと観光について学んで、もっと深くしりたいと思いました。
高校2年生 観光はどういうことを学ぶかよくわかった。
高校2年生 観光の魅力をたくさん考えることができ、大学で学ぶ観光は私の思っていた“観光”とは違っていた。観光学に対する考えが変わった。将来を決める際の参考にしたい。
高校1年生 観光学がどんな学問なのか知ることができてよかったです。ゼミをしている先輩たちがすごく楽しそうな様子でした。
高校2年生 観光とそこに関わることが分かった。マーケティング、言語力、など必要なことが理解できた。
高校3年生 説明が分かりやすかった。
高校1年生 観光についてどう学ぶのか理解できた。
高校2年生 観光学部というのがあるのを初めて知りました。ライブを聞いて内容がとても分かりやすくて旅行とは遊ぶだけじゃないということがとても印象に残りました。
高校1年生 とても分かりやすくて良かったです。
高校1年生 日本に何故外国の観客が多くなっているのかがわかり自分たちに求められていることが明確にわかった。
高校2年生 その大学のことがよく分かった。
高校1年生 とても興味深い内容でした。もし将来なりたい職業が決まっていなければ、この学部を絶対選んでいたと思います。
高校1年生 「観光」といえば遊びというイメージでしたが、観光を通して学ぶこともあるんだと気付きました。
高校2年生 授業ありがとうございました。
高校1年生 観光はいろんなことが必要だとわかった。
高校1年生 写真などがたくさん出てとてもわかりやすかった。自分も観光をする時にはいろいろ意識しようと思いました。
高校1年生 観光業について、より詳しく分かりました。
高校2年生 航空会社などだけでなく、他の職業にも幅広く就けることがわかってよかったです。
高校2年生 観光に、さまざまな分野が必要だということが分かりました。語学やマーケティングを使い、1つのプログラミングを(観光の)成し遂げることが分かりました。
高校2年生 観光についてのよい観光方法を知ることができ、楽しかった。
高校1年生 観光とはどうゆうものなのか、詳しく知れて良かったです。
高校2年生 私は国際関係学とかを勉強したいと思っていたので、観光学部でも勉強できると知って興味がわきました。淡路島に直接行って、調査するのが楽しそうだと思いました。
高校2年生 今まであまり考えてなかったがたいへん興味が出た。
高校1年生 楽しい講義でした。
高校1年生 観光学について詳しく知れたので良かったです。説明が分かりやすくておもしろかったです。
高校2年生 外国人観光客が増えているので、それに向けてがんばりたい。
高校2年生 観光のことがよくわかった外人が日本におおくきてくれるのは嬉しいと思った。
その他 ホテルで働きたいと思っていて観光面で視野が広がった。
その他 観光は行く地域の特色を知れるし自分の住んでいる地域の特色まで知れるのがいいなと思いました。為になりました。
その他 関心が高まり、参加してよかったと思いました。
高校1年生 観光学に興味があって参加しましたが、ゼミでの研究内容など具体的な話が聞けて関心が高まりました。オープンキャンパスに参加させていただきます。
高校1年生 私は、観光は遊びだと考えていたのですが、学びの部分も大きいと思いました。
高校1年生 観行学について何を学んでいるのかわかりました。
高校2年生 観光学ときいただけでは何を勉強するの分からなかったけど、説明を聞くことで、遊ぶだけでなく学ぶことができると分かりました。
高校2年生 もとから観光には興味があったので今回の講義を聞いてもっと観光について学びたいと思いました。
高校2年生 異文化について学んで、いろんな人とコミュニケーションをとりたいと思いました。興味がわきました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 地域社会 、
  • 学習・学び 、
  • 遊び 、
  • 地域 、
  • 旅行 、
  • 観光

講義No.g006980

「観光」というツールで、訪れる人びとも、迎える地域の人びとも豊かに

変化する「観光」のスタイル

 あなたは「観光」に、どんなイメージを持っていますか? 観光は一般に「楽しみのための旅行」と理解されていますが、「遊び」だけでなく、修学旅行のように「学び」を目的とした観光もあります。かつて観光は、団体で観光名所を見物し、ガイドブックで得た情報を自分の目で確かめる「確認の旅」が主流でした。しかし、近年は友人や家族といった小グループの旅行が増加し、旅の目的も多様化しています。いまやインターネットやSNSを介して、実際に現地に行かなくても、現地の情報を入手できるようになりました。その中で、旅行者を迎える地域社会では、遊びや学びが混在した観光を通して、新しい価値をつくり出すことが求められているのです。

お金では計れない価値を生み出す

 旅行で見知らぬ地域を訪れたとき、どんなことが印象に残りましたか? 有名な観光名所だけでなく、地元の人びととのふれあいも記憶に残っていることでしょう。人の優しさや温かさに触れると、その地域の印象もよくなり、また行きたくなるものです。
 一方、あなたを迎えた地域の人びとにとっては、あなたの感動が喜びや刺激となり、地元の魅力を再発見することで、地元への誇りや愛着を高めるきっかけになります。旅行者と地域住民との交流によって、両者にとって「精神的な満足感」という、お金では計れない価値が生まれます。

外部の力を生かし、地域社会も元気に

 現在、農業・食・健康といった、さまざまなテーマを掲げた観光のスタイルが広がっています。この根底には、自然や文化といった地域の資源を保全しながら活用する、「サステイナブル・ツーリズム」という理念があります。旅行者が学びや楽しみの機会を得ると同時に、地域の環境や暮らしの維持にもつなげようという考え方です。
 外部の力によって、地域の人びとが地域社会について考えたり、助け合ったり、他者とつながったりする力が育まれれば、地域そのものも元気になっていきます。観光は、人や地域を豊かにするツールとしての可能性も持っているのです。

この学問が向いているかも 観光学

阪南大学
国際観光学部 国際観光学科 准教授
森重 昌之 先生

メッセージ

 「観光」というと、遊びのイメージですか? それとも、学びのイメージですか?
 国際観光学部で学ぶ観光は、遊びと学びのイメージを持ち合わせた、複雑でとても魅力的なものです。そんな観光の多面的な魅力を、大学で学んだり、体験したりしてみませんか。
 観光を通して、人びととの出会いや感動、知識などを得て、精神的な豊かさを追求することができます。「学不可以已」、学は以(もっ)て已(や)むべからず。学びはいつでも、どこででもできるという意味です。さあ、一緒にフィールドに出かけ、観光の魅力を堪能しましょう。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃は街の絵を描いたり、ブロックで街をつくったりすることが好きで、大学卒業後は街の計画づくりの仕事に就いていました。まちづくりというと、そこで暮らす人々が考えることのように思いますが、過疎化・高齢化に悩む地域では、そこで暮らす人々だけでまちづくりが進められない現状にあります。そこで、「観光」を使って地域に人を呼び、訪れた人と一緒に地域を元気にする方法があるのではないかと考えるようになりました。観光の魅力と可能性を信じ、日本中の人びとがいきいきと暮らす社会について考えたいと思っています。

大学アイコン
森重 昌之 先生がいらっしゃる
阪南大学に関心を持ったら

 阪南大学の特徴。それは、ビジネス、観光、国際交流、ファッション、スポーツetc・・・。あらゆる分野において、現場で学ぶ機会が多いことです。大学の外に出て、ココロとカラダを動かしながら学ぶ。業界で活躍するプロを講師として大学に迎え、刺激を受けながら学ぶ。社会に出て、社会と関わりながら、さまざまなチャレンジを繰り返すから、社会に出ることが楽しみになってくる。「就職に強いキャリア教育を実践する大学」です。