一覧へ戻る

AIが変えるスポーツのこれから

高校2年生 難しいところだったけどわかりやすく説明していただき理解しようと思いました!将来に関わってくると思うAIを理解し、正しく使っていきたいです。
高校2年生 スポーツにおいてAIはさまざまなな場面で活用できることがわかりました。
高校1年生 これからの未来のスポーツはAIが重要になることを心の奥に留めておきたいと思います。
高校3年生 AIで野球の事とかすごく分析できて、スポーツも進化しているなと思い、おもしろいなと思った。
高校2年生 AIが監督をしているスポーツチームがあるということを初めて知り、驚きました。データに基づいてデータ的に一番いい判断ができるのはいいところですが、私は人間が監督をして少しAIを使うくらいがいいなと思いました。
高校1年生 スポーツとAIの関わりについて、関心が深まりました!
高校2年生 用語が難しかったけど面白かったです。
高校2年生 人間では咄嗟に判断できないことでも、AIを利用することによってスポーツの中でも瞬時に判断ができ、より良いプレーが出来るというのはとても興味深いと思いました。
高校1年生 チーム構成から相手のチームの戦略まで練る事がAIで出来ることを初めて知ったので面白かったです。
高校2年生 スポーツについて詳しく知ることが出来ました。ありがとうございました。
高校2年生 AIが監督であるチームがあると知ってびっくりした。
高校1年生 聞いたことの無い言葉で、興味が湧いて受講しました。スポーツはあまり得意ではないのですが、面白い内容でした。ありがとうございました。
高校1年生 今、AIが発達し、さまざまな面で人間のサポートをしています。これからスポーツにAIが関わるのが楽しみです。
高校2年生 これからの時代、AIが普及してくると思うのですごく興味深かったです!進路選びの参考にしたいです!ありがとうございました。
高校2年生 AIがこれからどのようにスポーツと関係してくるのかとても興味が湧きました!

さらにコメントを見る

関心ワード
  • ヒューマンエラー 、
  • 意思決定 、
  • パフォーマンス 、
  • 集団 、
  • 野球 、
  • サッカー 、
  • コンピュータ 、
  • 人工知能(AI) 、
  • スポーツ

講義No.g009847

「AI️×スポーツ」で最高のパフォーマンスを導き出せ!

重大な結果を生むこともある人間の意思決定

 人間は、生活や仕事、スポーツなどさまざまな場面で意思決定をしています。時には世界を揺るがすほど重要な意思決定の場面に遭遇する可能性もあります。あのチェルノブイリの原発事故は、運転員のミス(ヒューマンエラー)が原因だったと分析されています。航空機のトラブルでは、パイロットの意思決定が明暗を分けることもあります。人間は重要な局面でどのように意思決定を行い、どうすればエラーを軽減できるか、それを分析し、サポートする役割としてAI(人工知能)に期待が寄せられています。

スポーツの試合をサポートするAIの役割とは

 サッカーや野球などチームプレーのスポーツで、意見がぶつかりもどかしい思いをしたことはありませんか。スポーツの試合は、意思決定の積み重ねです。
 それをコンピュータがサポートする方法があります。意思決定を形成している要素をアンケートや画像分析から細かく導き出して数式で表現し、コンピュータがそれぞれのファクターの重要度や効果を計算するのです。算出結果を選手にフィードバックすると、集団パフォーマンスの向上につながることがわかってきています。

人間の判断力のあいまいさまで計算するAI

 しかし、人間の評価は1+1=2のような単純な数式に当てはまるわけではありません。例えばおいしいと評判の店の評価も、人によって違います。味や待ち時間、価格、雰囲気など指標はさまざまです。スポーツの場面でも同じです。抜群の技量で優勝が有力視されていても、緊張などメンタルの影響で、コンディションが整わないこともあります。また、一人ひとりの能力は低いのに、集団になると大きな力を発揮する場合もあります。コンピュータは、こうしたファジー(あいまい)性も考慮して計算します。
 AIはより人間に近い判断が下せるようになっており、スポーツやビジネス、交通など活用の幅は広がっています。こうした中で、最終的に人間がAIの答えをいかに受け入れ判断に生かしていくかという点は、今後の課題と言えます。

この学問が向いているかも 人工知能学、システム科学

静岡産業大学
経営学部  教授
佐野 典秀 先生

メッセージ

 私にとってロボットは幼い頃からの夢でした。鉄腕アトムやマジンガーZなど、テレビアニメの影響から、自然とロボットを研究する道に進みました。大学時代には初めて自らの手でロボットを製作し、今は研究室にペッパー君がいます。ロボットのいる世界が現実になってきています。
 ロボットの研究者たちは2050年のサッカーワールドカップの優勝チームにロボットチームが勝利するという夢を持っています。若い時から自分の興味や思いに忠実であることは重要です。夢に向かってチャレンジする学生時代を過ごしてください。

先生の学問へのきっかけ

 私は、難しい意思決定にAIをどう生かしていくかについて研究しています。意思決定に興味を持ったきっかけは、学生時代に起きたチェルノブイリの原発事故でした。あの重大事故の要因は、運転員の操作ミスでした。そこから「なぜ人間は失敗するのか」という疑問が生まれ、人間の意思決定についての研究を始めました。緊張感が全体のパフォーマンスに与える影響を数式化できないだろうか。そんなことを考えながら、さまざまなヒューマンエラーの軽減を模索してきました。そしてこうした研究をスポーツでも活用するという試みを始めました。

大学アイコン
佐野 典秀 先生がいらっしゃる
静岡産業大学に関心を持ったら

 静岡産業大学が目指すのは、ビジネスの世界で自ら考え、自ら行動し、成果をあげる力を身につける「ビジネス教育」。静岡全域をフィールドにした「アクティブラーニング」を行うなど社会で起きている課題解決策を探る「実学教育」に力を入れています。企業、団体、行政機関と連携した「寄付講座」ではビジネスの最前線で働くプロフェッショナルから仕事の内容や職場の課題について学ぶことができ、社会に出たあと即戦力として活躍できるように資格取得制度も充実しています。