一覧へ戻る

日本語の「変化」の中の「不変化」

高校1年生 材料・課題・方法の豊富さ・蓄積の大きさが日本語の醍醐味だと聞いてとても面白くて今まで以上に日本語に興味を持つことが出来ました。私はまだ高校一年生なのですがこれから大学受験に向けてたくさん勉強し、日本語にたくさんの視点を持ってこれから生活して行きます。ありがとうございました。
高校2年生 方言のことに興味がありましたが、日本語の不思議なことについても知ることができましたので日本語学に興味が湧きました。今後、深く調べていきたいと思いました。
高校2年生 ありがとうございました。私は日本語そのものの研究というよりも、文章で言葉を紡ぐ・自分の言いたい事を表す日本語を考えて使う事が好きだったのですが、普段特に抱く事の無いとても単純な疑問を研究する分野は素敵だと思いました。
高校3年生 いつも使っている言葉への疑問とかは気がついてもあまり深く考えなかったので、改めて聞いてまとまりとか法則っぽい物とかが見えてくるとこんなにワクワクするものなのか、と思いました。こういう日常に隠れる疑問とかを考えることはとても楽しいのだと改めて感じました。
高校1年生 とても分かりやすく、文学部への興味が高まりました。
高校2年生 ら抜き言葉は可能として受け取られることや、時代、場所、場面で言葉が使いわけされたり作られたりすることがわかってとても面白かった。いつも使っている日本語は英語のように単純なものではなく、複雑なものだった。貴重な体験ができてよかったです、ありがとうございました。
高校2年生 何気なく当たり前に使ってた日本語だけれど、科学的な視点をすることで、助動詞が織り成す不思議に気づくことができました。少し違う角度で日本語を眺めてみたらもっと面白い発見ができると思いました。
高校1年生 語学への興味が出てきました。
高校2年生 講義がとてもわかりやすく、文法系だとどうしても遠ざけてしまいがちだけれども興味の持てる内容だった。もう少し聞いていたい。
高校2年生 試験を受ける、受けない、と反対のことを言っていても伝えている内容が一緒だと言うことが1番印象的でした。日本語は面白い分野だなと思いました。
高校2年生 質問にも真摯にお答えいただきありがとうございます。先生の言語学への情熱がとても感じられました。
高校2年生 若者が作り出した言葉や幼児に対する言葉も研究の対象になるということに驚いたと同時に親近感が湧いて、関心を深めることができました。面白い講義をありがとうございました。
高校2年生 素敵な講義ありがとうございました。日本語学に関してとても興味が湧きました!
高校1年生 日本語という自分の母語について細かく学ぶことができて、今まで以上に愛着がわきました。日本語についてもっと勉強したいと思います。
高校2年生 日本語についての本を読んで、日本語に興味を持っていたのですが、この講義で日本語はおもしろいとより思いました。
高校2年生 日本語について今まで深く考えたことはありませんでしたが、今回の講義を通して興味が湧いてきました。
高校2年生 日本語の不思議が学べてとても楽しかったです。この学問に対する興味がとても高まりました。ありがとうございました。
高校1年生 普段使っていることばなのであまり深く考えたことはなかったのですが、よく考えてみると日本語って難しいと思いました。ら抜き言葉は若者が使ってる砕けた言葉というイメージでしたが、私たちの住む名古屋では200年も前から使われているのだと知り、意外と長い歴史があるのだとわかりました。日本語学という学問を初めて知りましたが奥が深く面白そうだと思います!わかりやすくて楽しかったです。ありがとうございました。
高校2年生 普段使っている日本語にこんな面白い不思議が隠されていたことに気づき、とても日本語に興味を持ちました。
高校1年生 名古屋大学の文学部を目指しているので、とても参考になりました。ありがとうございました。
高校1年生 とても分かりやすかったです!
高校2年生 普段何気なく使っている日本語にはいろいろな不思議があることに改めて気づくことができました。
高校2年生 ら抜きや日本語の変化についてわかった。
高校2年生 言葉には多様性があり、スル動詞の使い方について詳しく知ることが出来ました。ありがとうございました!
高校2年生 時代や地域で共通したりしなかったりする日本語の面白さがわかりました。指摘されると「あ~!」と気づいて驚くようなことがたくさんあり楽しく講義を受けれました。
高校1年生 私も普段暮らしている中で、どうしてこの日本語なのかなと思う時が多々あるので、そういう疑問も大切にしながら生活していきたいと思いました。
高校2年生 もともと興味がありましたが、ますます上がりました。
高校1年生 肯定と否定のどちらを使っても同じことを表したり、「られる」「れる」の住み分けといったことを知って感動しました!
高校2年生 れる、られるが可能と受身になったりならなかったりする話が今まで気づかなかったのでとても興味深かったです。
高校2年生 日本語のふしぎが知れて面白かったです。
高校2年生 日本語って、普段なにげなく使っているけど、「ている」とか、「代わりに」などの例を聞いて、深いなと思いました。
高校2年生 意識したことがなかった日本語に興味を持つことが出来ました。
高校2年生 日本語の成り立ちについて知れて良かった。
高校2年生 自分が気づかないうちに日本語を変化させていることに驚きました。
高校2年生 日本語の使い方や、方言など様々な言葉について知ることができ、今まで知らなかった日本語の特徴について、理解することができました。
高校2年生 例えの例がわかりやすくて面白かったです。
高校2年生 日本語のふしぎの話は面白くて、興味が湧きました。自分でもふしぎな日本語を見つけてみたいです。話す相手によって使う日本語を変えることで、相手に言いたいことをより伝えられるのだと思いました。
高校2年生 日本語には普段は気付かない不思議がたくさんあることが分かりました。
高校2年生 方言によって、言葉の形が違うことが分かりました。言語について、興味を持つ事ができました。
高校2年生 普段何気なく使っている日本語にたくさんの不思議が詰まっていて、とても面白かったです。自分でも見つけていきたいです。ありがとうございました。
高校2年生 ラ抜き言葉など方言からいろんなことがわかると知って面白かった。
高校1年生 普段使っている日本語にも、よく考えてみると不思議なことがたくさんあると気づき、自分でも探してみたくなりました。
高校2年生 日本語についてはそんなに深く考えたことがなかったので、方言やら抜き言葉など、知ることが出来て良かったです。ありがとうございました。
高校2年生 日本語の不思議について知れて楽しかったです。
高校2年生 興味深いお話で身につくものがありました。
高校2年生 日本語のふしぎについて知ることができました。日本語についてもっと知りたいなと思いました。
高校2年生 日本語って奥深いなって改めて思いましたしちょっと複雑とも思いました。そこがまた日本語の面白いところですね。
高校1年生 「ふしぎ」の例がとても面白くて「そう言われてみれば!!」と、考えさせられました。
高校2年生 日本語の不思議に共感出来た。
高校1年生 日本語には不思議なことが多くあることがわかった。
高校2年生 どんな日本語の使い方が正しいとかではなく、方言から純粋に疑問に思うところを探していく考え方は楽しそうだと思った。
高校1年生 普段から何気なく使っているものだからこそ、改めて話を聞いてハッとする部分があり、面白かったです。
高校2年生 わかりやすく丁寧に教えてくださってありがとうございました。
高校1年生 日本語の“変化”“不変化”についてよく分かりました。
高校1年生 日本語の難しさを知りました。動詞についての理解が深まりました。ありがとうございました。
高校2年生 日本語ってやっぱり面白いと思った。難しさの中にある楽しさを簡単に見つけられる、見つけれる(可能)素晴らしい言語だと思いました。
高校2年生 同じ単語でも使い方によって意味が変わるというところにとても興味を持ちました。わかりやすい説明でとても聞きやすかったです。ありがとうございました。
高校2年生 日本語について、改めて深さを感じました。
高校2年生 とても楽しそうにお話してくださり聴いててとても楽しかったです
高校1年生 日本語の面白さっていうのがものすごく伝わってきました。
高校1年生 実例を交えた講義でとても有難かったです。貴重な講義をありがとうございました。
高校2年生 先生がとても楽しそうに日本語の方言のことについてお話ししていたので、思わず私まで楽しくなりました。
高校2年生 日々、当たり前に使っている日本語について疑問を持って接していきたいと思った。質問に対して、とても丁寧に答えていただけてとても嬉しかった。
高校2年生 同じ文章なのにいくつかの意味に解釈できることに気づけました。たった1文字で意味が全く変わる日本語が面白いと思いました。
高校2年生 方言によって、言葉の変化が違うことがよく分かりました。
高校1年生 普段、深く考えることなく使っている日本語の面白さや不思議について知ることが出来、面白かったです。
高校2年生 日本語のふしぎなところがたくさんしれた。
高校1年生 言葉の使い方によって相手の捉え方が異なることが分かりました。先生が丁寧に説明してくださったので、言葉について興味を持つことができました。
高校2年生 今まで気にせず使っていた日本語の新たな楽しみ方を発見できました。ありがとうございました!
高校2年生 考えたことなかったようなことも聴けて楽しかったです。
高校1年生 貴重なお話をありがとうございました。
高校2年生 当たり前に使っている日本語をより深く考えると、実は奥が深くて難しいんだと思いました。
高校2年生 日本語を科学するということにとても興味がわきました!
高校1年生 ためになりました。
高校1年生 とても面白かったです!
高校2年生 面白かった。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 言葉 、
  • 日本語学 、
  • 言語 、
  • 古典 、
  • 方言 、
  • インターネット 、
  • 日本語

講義No.g009899

万葉集からSNSまで~日本語のすべてを探究する日本語学~

日本語に関するあらゆることが研究対象

 「日本語学」とは、日本語に関して、意味、文法、発音、文字などさまざまな要素を、時代ごとの変化や地域差(方言)、外国語の影響といった多角的な観点で調べ、背後にある仕組みを見いだしていく学問です。『万葉集』など古代の文献から現代のインターネット上の文章まで、あらゆる日本語が研究対象です。普段当たり前に使っている日本語も、客観的に見ると疑問点や面白い現象が浮かび上がってきます。

生き物のように変化する日本語

 例えば、「一枚しかない」というときの「しか」という助詞は、古代にはありませんでした。「~よりほかになし」という言い回しでこの意味を表していたのです。また、「顔も洗ったし、歯も磨いた」など、事例を並べるときの接続助詞「し」が、最近では「ここにあるし」のように、単に文末につけて「~よ」「~ね」と同じような終助詞として使われるようになってきています。また、「ら抜き言葉」も増えてきています。
 こうした言葉の使い方の変化が、どのように発生したかを調べるのも日本語学の領分です。言葉は生き物のように変わっていきますから、日本語学の研究テーマは無限にあります。

日本語学の影響力と魅力

 ITが発達する前は、一つひとつ文献にあたるという大変な作業で、集める用例には限界がありました。現在は文献もデジタルデータ化され、検索をかければ瞬時に膨大な用例を集めることができます。歴史的資料をこの手法で研究し直したときに、日本語の新たな発見、新しい解釈が生まれる可能性もあり、古典文学の研究や歴史学への影響も大きいと言えます。
 グローバル化によって他言語への関心が高まっており、他言語との比較対象として日本語学を学ぶ人も非常に多くいます。日本語は1億人以上の話者がいて、メディアが発達した社会で使用され、漢字、ひらがな、カタカナと独自の文字体系があり、方言差のバリエーションも多い、という豊かな言語です。日本語学は興味の尽きない学問なのです。

この学問が向いているかも 日本文学、歴史学、言語学、日本語学

名古屋大学
文学部 人文学科 准教授
宮地 朝子 先生

メッセージ

 世界には何千もの言語がありますが、現代語としても歴史的な資料としても、日本語ほど多角的に観察できる言語は多くはありません。また、日本で生活していれば、日本語のデータの海の中にいるようなもので、日常会話やインターネットの中で、「あれ?」と思う日本語の不思議な現象を見つけて、パズルを解き始められます。日本語学はそういう楽しい学問です。
 また、日本語を研究することは、社会に出てからも、外国語を学ぶときにも、場面に応じて適切な言葉をチョイスするセンスを磨くことにつながります。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃、父の転勤で日本の各地を転々としました。最初は緊張していても、その地方の方言で話せるようになるとクラスに溶け込めるという経験から、方言に興味を持ちました。そして、もともと読書が好きで、言葉に興味があったことから、国語教師をめざして大学に進みました。しかしその後、大学院で日本語学の面白さにひかれ、研究者となりました。現在の専門は助詞の研究です。小学校1年生の我が子がいろいろな言葉を覚えつつある中で、子どもらしいおかしな表現をすることも研究対象にしたいほど、日本語学を楽しんでいます。

大学アイコン
宮地 朝子 先生がいらっしゃる
名古屋大学に関心を持ったら

 名古屋大学は、研究と教育の創造的な活動を通じて、豊かな文化の構築と科学・技術の発展に貢献してきました。「創造的な研究によって真理を探究」することをめざします。また名古屋大学は、「勇気ある知識人」を育てることを理念としています。基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土のもと、既存の権威にとらわれない自由・闊達で国際性に富んだ学風を特色としています。この学風の上に、未来を切り拓く人を育てます。