一覧へ戻る

珍発見!? ゴムを再生するキノコ

関心ワード
  • 海洋ゴミ 、
  • 環境問題 、
  • 海 、
  • ペットボトル 、
  • 化学物質 、
  • 生分解性プラスチック 、
  • 生物多様性 、
  • 被害 、
  • 健康 、
  • ゴミ 、
  • プラスチック

講義No.g007190

プラスチックごみという新しい環境問題

海を漂流する大量の生活ごみ

 東日本大震災で流された家屋の廃材や生活用品などがカナダやアメリカに漂着したというニュースがありました。このような生活ごみは、実は大震災のあとだけでなく常に発生しています。もちろん原因は人間の河川や海洋への投棄ですが、問題なのは単にこれが「ごみの問題ではない」ということです。
 ごみの中でもポリエチレンの袋やペットボトルのようなプラスチック製品は、軽くしなやかな性質のほかに、熱や紫外線などによって簡単に分解されないようにするためにさまざまな添加剤などが含まれています。これらが魚などの生物の体内に蓄積して悪影響を及ぼす事態が起こっているのです。

ごみによる二次被害が大きな問題

 このような化学物質は脂溶性で水に溶けにくく、漂流プラスチックの表面に凝集することも知られています。プラスチック表面に濃縮されながら海を漂い、一部は海岸に漂着し、誤食する野生動物に悪影響を与えます。化学物質を体内に蓄積した魚を人間が食べることで健康被害が起こる可能性もあります。他方、プラスチック漂流物などに付着した生物が外来種としてほかの地域に侵入して、生態系を破壊するという問題もあります。既存の種が弱者となり、生物多様性が失われる危険性があります。

被害の大きさもわかっていないのが現状

 生活から出るごみはライフスタイルの近代化にともなって多く発生する傾向にあります。特に経済発展著しい開発途上国では、社会のインフラが十分ではないこともあり、生活ごみの適正処理まで手が回らないのが実情です。一度海に出た生活ごみはすべて海岸に着くわけではないので、回収し処理することはほぼ不可能です。最近では生物によって分解可能な生分解性プラスチックが利用されていますが、すべてのプラスチックを生分解性のものに置き換えることは難しく、ごみを出さない工夫は必要です。海底に堆積したり海に漂う大量の人工ごみが、今後どんな被害をもたらすかを想像することは難しいですが、大きな問題になる前に、何らかの手を打つことが必要なのです。

この学問が向いているかも 環境学

公立鳥取環境大学
環境学部 環境学科 准教授
佐藤 伸 先生

メッセージ

 環境問題は、世界中で共有すべき問題です。
 2009年から海ごみの発生抑制とごみを出さないための普及・啓発を大学全体で取り組んでいます。海ごみの中でもプラスチックなどの人工物は地球規模で生物に影響をもたらします。ますます増え続けるであろうこの問題にどう対処すべきかは、今後の課題です。
 公立鳥取環境大学は、研究フィールドに恵まれた、自然豊かな鳥取県東部にあり、海ごみ以外にも地域の環境問題や活性化に関わる研究を幅広く行っています。実践的なカリキュラムとフィールドワークを通じてあなたも一緒に勉強しませんか。

先生の学問へのきっかけ

 公立鳥取環境大学では2009年から海ごみの発生を抑える研究に取り組んでおり、その研究プロジェクトのメンバーとして携わったことが、現在の研究のきっかけです。私は学生の時から、人工のプラスチックや環境汚染物質が引き起こす環境問題とそれらの微生物による分解について高い関心を持っており、大学院では、「ポリマー」という化合物の微生物分解についての研究にも携わっていました。海のプラスチック漂流、漂着物は地球規模で生物に影響をもたらします。発生を抑えるための知恵と工夫が必要な時期にきています。

大学アイコン
佐藤 伸 先生がいらっしゃる
公立鳥取環境大学に関心を持ったら

 平成27年4月、公立鳥取環境大学として新たなスタートを切りました。環境学部環境学科と経営学部経営学科を設置し、2学部2学科体制により「人と社会と自然との共生」の実現をめざしています。
 小規模大学だからこそできる学生一人ひとりを大切にした学生生活で、また、多文化交流空間「英語村」の設置や、就職支援も充実しています。
 大自然に囲まれた魅力ある公立鳥取環境大学で、ぜひ一緒に充実した学生生活を送りませんか。