一覧へ戻る

子どもの心理と遊びを生かした運動の教え方

高校2年生 子供の心理について深く知れてよかったです。
高校1年生 子供は転んだり楽しく遊んだり自分で遊び方を考えたりすることで成長することができることが分かりました。子供の頃の経験がとても重要だと思いました。
高校2年生 すごい興味深かった。これから参考にしていきたいです。
高校2年生 とても貴重な時間だった。
高校2年生 私は、運動が苦手で子供の頃にあまり運動を好まなかったので身長が伸びなかったりしたのかなと感じました。子供の頃に、運動をすることがどれだけ大切かということが知れて、運動は精神的な面でも効果があるということにとても驚きました。とても勉強になりました!ありがとうございました。
高校2年生 今の運動能力は、子供の頃の生活によって決まると初めて知りました。
高校2年生 昔の子どもの特徴と今の子どもの特徴の違いを理解してどのように教育に結びつけていけば良いのかがわかった。
高校1年生 興味深い内容の授業をしていただきありがとうございました。これを機に自分の将来をしっかり決めたいなと思いました。
高校2年生 とても興味深いお話でした。どうして運動遊びが必要かがよく分かりました。今日受けた講義の中で1番分かりやすくてためになりました。ありがとうございました。
高校2年生 現在は昔よりも子供の体や心ついて考えなければならないということがわかりました。解決方法も具体的に理解できてこれからの将来につないでいけると思います。興味もたくさん湧いて良かったです。ありがとうございました。
高校2年生 これからも頑張ってください。
高校2年生 子供たちの遊びが成立するためにはまず、空間、時間、仲間が成立しなければ成り立たないということがわかりました。今の子供たちは体や心が弱っている子が多く、運動に力を入れるのではなくまずは遊びが楽しいと思うことがとても重要なんだなと思いました。
高校1年生 人間は子供の頃に運動した量で体や脳が発達することが分かったので参考になった。
高校1年生 わかりやすかったです。子どもについてよくわかりました。子育てへの不安が少し減った気がします。ありがとうございました。
高校1年生 とてもわかりやすかったです。
高校2年生 子供が楽しく遊べる環境を作ることの重要性がわかった。
高校2年生 小学生にサッカーを教える時に考え方を生かしていきたいと思いました。
高校2年生 素敵な授業をありがとうございます!!自分が将来子供を授かることができたら、今回学んだことを参考にしたいです!!
高校1年生 とてもわかりやすかったです。
高校2年生 小さい頃の運動遊びが将来、身体的心理的に大きく関係することが分かりました。
高校2年生 遊びの大切さが分かりました。
高校1年生 どんなことを学ぶのかよくわかりました。
高校2年生 本日はお忙しい中僕たちのために講義をして下さりありがとうございました。先生の話を聞いて今の子どもたちは運動をする場所や時間がないため、体力が低下していることがわかったので小さい頃から運動をする大切さを学びました。
高校1年生 資料のプリントもあったので、内容がすごく分かりやすかったです。
高校2年生 幼稚園教諭に興味があるので、とても勉強になりました。子供の成長にとって良い事がわかったので、将来役立てていきたいなと思いました。ありがとうございました。
高校2年生 子供を相手にして行うことの難しさがよくわかりました。
高校2年生 子供たちに自由に遊ばせることが大切だとわかりました。ありがとうございました!
高校1年生 子供に対する興味がより一層増しました。保育士になれすように頑張ります。
高校2年生 現代の子どもの運動の機会が少ない原因について知ることが出来ました。
高校2年生 子どものとにのあそびが身体に関係していることがわかった。子どもへのあそびの場を与えることが必要だと感じた。
高校2年生 今の子供たちが疲れやすくなっているのは自分も感じていました。だからこそ、なんでもできて規制されない場所をつくるべきだと思いました。
高校2年生 子ども遊びの環境を創り出すことが大事なんだなと思った。
高校2年生 子どもは子どもらしく体を動かして遊ぶことがどれだけ大切なことかよく分かりました。ありがとうございました。
高校2年生 子どもの身体や脳などの使用についてよく分かりました。また話をきける機会があったらきいてみたいと思いました。
高校2年生 わかりやすい講義をありがとうございました。教育系の職に就きたいと考えており、今回の講義でその想いが強まりました。ありがとうございました。
高校1年生 将来自分が子供を授かった時にも役に立つと思いました。ありがとうございました。
高校1年生 子供の運動の大切さがわかりました。
高校2年生 簡単に詳しく説明して下さったのでわかりやすかったです。自分は将来、保育士か動物関係か迷っているんですが、保育士に決まったら子供たちを認めて褒める先生になりたいです。ありがとうございました。
高校1年生 理解できた。
高校1年生 わかりやすい授業ありがとうございました。
高校2年生 子供の運動あそびはより良い身体を作るだけではなく、よりよい脳をつくるということがとても印象に残っています。
高校2年生 子供が自由に遊べる機会が増えて欲しいなと思いました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 運動能力 、
  • 子ども 、
  • 幼児 、
  • 保育士 、
  • スポーツ 、
  • 癖 、
  • 教師・先生 、
  • 経験 、
  • 運動

講義No.g005874

運動音痴、動作の癖は、幼児期の運動体験で決まる!?

幼児期の運動や、体を動かした体験が重要

 「ボール競技が苦手」、「走るのが遅い」など、苦手なスポーツは誰にでもあるものです。ましてやアスリートでさえ、「この癖を直したら、もっとタイムが伸びるのに」と、苦労を重ねて練習します。ではなぜ、人によって苦手な動きや癖があるのでしょう。大きく影響しているのは、幼児期から小学校低学年までに、いかに体を使って遊んだかという運動の経験値です。
 選手の癖を直す場合でも、いきなり技術を得ようとするよりも、足を前に上げるといった単純な動作から練習し、徐々にレベルアップしていくほうが効果的であることがわかっています。それだけ、幼児期に身につけた、基本動作、幼児期に癖がついてしまった単純な動作が重要なのです。

声かけや援助活動で子どもの運動能力は変わる

 幼児には、「運動音痴」はいません。「ボール遊びをしなかった」といった経験不足が、成長してからの運動能力に影響を与えるのです。ハイハイのしかたをみても、お尻をあげる子や膝をつく子、両手を外側に向けてハイハイする子もいます。保護者がうまく指導しながら、子どもにいろいろなハイハイをさせるのが理想です。また、物心がついてくると「怖かった経験」や「未知のことへの恐怖心」が出てきます。男子とのサッカーは怖いという子がいたら、女子だけで遊ばせてみる、「鉄棒ができない」という子には、レベルを下げて達成感がもてるような動作にしてみるといった指導が必要になります。もちろん、幼児にも個人差はありますが、指導者の声かけひとつで子どもたちの運動能力は大きく変わるのです。

保育士や教師は、運動に関する知識も必要

 今、子どもの運動不足が問題視されています。現在の男子の体力は、1980年代の女子と同じくらいしかありません。保育士や小学校の先生をめざす人にとって、運動に関する知識や本人のやる気を出させるコツ、「できた!」と達成する喜びを感じさせられる能力は、不可欠と言えるでしょう。

この学問が向いているかも 教育学、児童学、スポーツ科学、保育学

至学館大学
健康科学部 こども健康・教育学科 助教
内田 智子 先生

メッセージ

 保育士や学校の先生といった子どもの指導者は、子どもたちからみれば自分たちのお手本となる人です。子どもたちの指導においては、正しい教科書なんてありません。自らが新しいことにチャレンジし、興味をもって取り組む、この繰りかえしがよいお手本となるための唯一の方法です。
 高校生の間は、音楽やスポーツ、自然観察などなんでもいいので、得意なことを伸ばしていくことが大切です。好きなことを精一杯やることが自らの成長を促します。今を精一杯生きること、それがステキな先生になる第一歩だと思います。

先生の学問へのきっかけ

 子どもの頃から運動が大好きで、小・中学校で剣道やバレーボールをしていました。そして今、大学で指導している「競歩」とは、高校時代に出会いました。私はもともと長距離選手だったのですが、顧問の先生に「お前ならできる」とおだてられ競歩にチャレンジしました。そして高校3年生のときに全国大会で優勝を果たしています。厳しい練習を通じて、「キレイで美しい動きをする選手は強い」ということを痛感しました。そして、人によって動きにぎこちなさやクセがあるのはなぜだろうと疑問に思ったことが、研究へのきっかけになりました。

大学アイコン
内田 智子 先生がいらっしゃる
至学館大学に関心を持ったら

 至学館大学では、専門知識だけでなく徹底した実践力を身につける教育を行っています。
 「知っていることは自信にならない」が「やったことは自信になる」をモットーとし、「健康」 を軸にそれぞれ「運動・スポーツ」「栄養」「こどもの成長」をキーワードとした学びを展開。
 科学的な考察と実践的なカリキュラムをバランスよく配置し、学科間で関連する領域を複合的に学ぶことでプラスαのスキルを備えることが可能。社会が求める「健康づくり」のためのプロ指導者として活躍できる実践力を身につけます。