一覧へ戻る

環境デザインとは何か

夢ナビライブ2018仙台会場にて収録

1分動画1

デザインとは何か

1分動画2

求められた要求に応える環境デザイン

1分動画3

正解は無数にある環境デザイン

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校2年生 環境デザインのことを何も知らなかったけど、講義をきいて知ることができた。
高校1年生 とてもわかりやすく、デザインとは、環境デザインとは何かを説明していただき、おもしろかったです。
高校2年生 「使いにくいものはデザインとして失敗している」という言葉が深く印象にのこっています。今、デザイナーになるかなやんでいた私にとって意味のあるお話でした。ありがとうございました。
高校1年生 今回この講義を聞いて、私は、とても、もよう替えをするのが好きなので、とても関心を持って聞くことができてよかった。
高校1年生 環境デザインのすばらしさや、それが今どのようにして使われているか知ることができました。ありがとうございました。
高校2年生 僕は絵を書くことやデザインを考えるようなことはすごく苦手ですがちょっとした考えでも良いものができあがるのだと思いました。
高校1年生 環境デザインの定義がわかった。興味もさらに増した。
高校2年生 “答えは1つじゃない。”とてもワクワクするお話でした。入りたいと思いました!!ありがとうございました。
高校1年生 最先端がデザインとして優れているわけではない。求められていることにどう答えるか。など、とても印象に残る言葉がたくさんあった。ライティングデザインやランドスケープデザインなど、色々なデザインについて知れてよかった。
高校2年生 デザインの見方が360°変わりました。今まで思っていた事よりも、よく知れてうれしかったです。
高校2年生 美術についてたくさん学ぶことができました。少し興味がもてました。
高校1年生 友達に誘われて来た講義でしたが、自分の部屋の模様替えをしたり、家具を見たりするのが好きなので、デザインについて詳しい話が聞けて良かったです。
高校2年生 美大の建築学科も楽しそうですね。
高校1年生 環境デザインにはいろいろあってどれもつながってることがわかりました。絵が得意じゃないから美大は考えてなかったけど、興味をもったし実技試験をしなくていいなら入りたい。
高校1年生 ただ漠然と、美関関係の大学へ進みたいと思っていましたが、先生の講義を受けて、環境デザインにとても興味を持ちました。
高校2年生 ものすごくきょうみがわきました。すごくたのしかったです。
高校2年生 アートとデザインの違いがよく分かったし、環境デザインに興味をもちました。
高校1年生 デザインは色をつけたり、作るだけでなく、その場の環境や、要望に応えられるように、ものを無くしたりすることも大切だということを知った。
高校2年生 まず、私は、デザインについてなにも知らなかったことに気づきました。環境デザインは、世界発達につながると感じました。
高校1年生 分かりやすかったです。
高校2年生 美大について全く知らなかったので、今回の機会で色々学ぶことが出来たのでよかったです。
高校1年生 環境デザインというものを知らなかったので少しでも理解できたかと思うとうれしいです。
高校2年生 環境デザインはどんな事をしているのか分わりとても興味が湧いた。
高校1年生 とても分かりやすく、関心が高まりました。幅広い分野を学べるところに、とても魅力を感じました。
高校1年生 将来のビジョンがハッキリしました。
高校1年生 環境デザインが何かピンともこなかったのですが、今日どういうものなのか知ることができ、かつ面白そうだなと感じました。ありがとうございました。
高校1年生 とても興味がわきました。入試のデッサンのレベルが高く、努力しようと思います。
高校2年生 もともと環境デサイン(インテリアや空間設計)に興味があり、それが暮らしにどう関わっているか、よく学ぶことができました。
高校2年生 環境デザインにとても興味がわきました。「使いにくい時点でデザインをして失敗している」という言葉になるほどなと思いました。
高校1年生 デザインの説明から入り、環境デザインをくわしく説明してくださり、理解をすることができた。
高校2年生 環境デザインがそもそもどうゆうものなのかが分からなくて今回の講義で理解することができた。
高校2年生 今回、初めてデザインとアイディアのちがいを知った。
高校2年生 アートとデザインは、違うということが分かった。デザインは、誰かのために使うということも分かった。求められているのは1つ1つ違うというのに関心した。
高校2年生 デザインにも様々な種類があって、自分でデザインを考えるのは面白そうでした!
高校1年生 私は美術のことはよく分かりませんが、設計したり、公共施設の造りが、どうなっているのかを知ったりすることに興味があるので、とてもわくわくしました。
高校2年生 この学問の幅広さに触れ、より学びたい欲が高まりました!
高校2年生 「デザイン」は枠がものすごく広いと感じました。快敵、美しさなどをもとめるのは人間しかもたない欲求だからこそ、様々な能力、視点が重要だと思いました。デザインに興味がより持てました。
高校2年生 その物のデザインだけじゃなくて、空間をデザインするものもあるのだと知った。
高校2年生 美術系でも特に、立体や映像の方に興味があったので、受講できて良かったと思います。ただ、進路先が相変わらず見つからないので、もっと色々なことを経験したいと思いました。
高校2年生 貴重な講義をありがとうございました。普段ではできない体験ができて、とても有意義な時間を過ごすことができました。
高校1年生 環境デザインの知識が全くない自分でも内容が理解できたのですごく楽しかった。
高校2年生 デザインとはただ物をデザインするだけでなくまわりの環境にも合わせてデザインするということがわかりました。デザインはすばらしいなと思いました。
高校1年生 希望している学部の内容で、デザインや環境デザインは何かという話が、とても面白くて、納得されるような話ばかりでした。オープンキャンパスで、もう一度話を聞きたいなと思いました。
高校1年生 見た目だけでなく、使いやすさも含めたデザインというのはとても素敵だと思いました。
高校2年生 先生のお話を聞くまでは工学部の建築と美術大学の建築のどちらが自分のやりたいことに近いのかわからなかったが先生の講義を聞いたり質問したりして美術大学の方が良いのだろうと思った。ありがとうございました。
高校2年生 部屋の片付けが好きな人はデザインの才能があると言っていたのがとても印象に残りました。
高校2年生 デザインとは何かを正しく理解することができました。講義の内容も興味深く30分があっという間に感じました。
高校2年生 母が建築士で、自分の進みたい進路は演劇ですが、それで興味がわいて受講しましたが、本当に楽しかったです!
高校2年生 照明デザインに興味をもちました。また、「使いやすさも含めてデザイン」というのは、当たり前のようで忘れがちなことだと思いました。
高校1年生 とても分かりやすかったので、くわしくご説明していただきありがとうございました。
高校2年生 空間を作り出すという事や、想像していくことの難しさを学ぶことができました。ありがとうございました。
高校1年生 美術ができなくても、デザイン学科に入って、やることができるということがわかった。
高校1年生 とても説明が分かりやすかったです。ありがとうございました。
高校2年生 講義を聞いていてとてもおもしろかったです。あまり耳にしないような内容を聞けて良かったです。
高校2年生 デザイン化はなにか、デザインとアイデアのちがいはなにかなどとても詳しく知ることができてよかった。
高校2年生 デサインには、発想力だけではなくいろいろな知識や技術が大切なんだと分かりました。
高校1年生 もともと建築デザインに興味があったのですが、今回の講義でさらに興味が湧きました。とても楽しかったです。ありがとうございました。
高校1年生 良かった。
高校1年生 ランドスクープという分野に興味を持ちました。将来にいかしたいです。
高校2年生 光の使い方が心にのこりました。またデザインに答えはないということを知れてうれしかったです。
高校2年生 デザインの見方が変わりました。
高校1年生 アートとデザインの違いや、求める物を知ることができておもしろかった。
高校1年生 具体的な写真や授業の内容がとてもおもしろかった。
高校2年生 環境デザインについて具体的に理解できたと同時にとてもすばらしい学問だと思った。
高校2年生 環境デザインがどのような場面で使われているのか、大学入試の話など、必要な情報を得ることができ、とてもためになりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 環境デザイン 、
  • 観察 、
  • インテリア 、
  • 建築 、
  • 都市 、
  • ランドスケープ 、
  • デザイン 、
  • 環境

講義No.g006565

電柱は本当に醜い存在? 環境デザインで考える私たちの社会

生活に関わるすべての環境のデザインを考える

 「環境デザイン」とは、建築、インテリア、ランドスケープ(景観)の3つを柱に、人間の居場所をデザインすることです。家具や小物など、私たちの身の回りにあるものはインテリア、それらの外側にある家や建物は建築、さらにその外側にある庭や街並、自然の風景はランドスケープになります。なぜそこに一本の木を植えるのか、なぜ人はその場所に座るのか、私たちの生活に関わるすべての環境をデザインという視点でとらえることが、環境デザインの考え方です。

いろいろな場所をさまざまな角度から観察する

 環境デザインを学ぶには、散歩や旅行をしたりして、いろいろな場所を見て回って観察することが大切です。世の中で居心地がいいとされている場所は、デザイナーではない人によってもしばしば作られています。美しい街並とは何なのか、古くて劣化しているものにもよさは残っているのか、さまざまな角度から観察して考えることが求められます。
 例えば、日本のほとんどの街にある電柱は、都市デザインの観点では多くの場合、醜いものと考えられています。しかし、電線を地下に埋設すると、箱状の変圧器が地上に露出してしまいます。果たしてそれは美しい光景でしょうか? そもそも日本では、電柱自体もランドスケープの一つとして認知されているのかもしれません。先入観で否定する前に考えてみる必要があるのです。

何を加え、何を守るべきかを考える

 古くても価値のある建物の中には、その寿命を伸ばしたり、防災性を高めたりすることで維持が可能なものがあります。もちろん、古いものなら何もかもいいと考えてしまうのはよくありませんが、私たちの社会の中では、壊す必要のない建物やランドスケープが壊されてしまっていることも事実です。また新しく作るものは持続可能なのでなくてはなりません。今あるものに何を加え、何を守っていくべきか、環境デザインの考え方は、これからの私たちの社会や文化を作っていく上で、なくてはならないものなのです。

この学問が向いているかも 環境デザイン学

多摩美術大学
美術学部 環境デザイン学科 教授
岸本 章 先生

メッセージ

 環境デザイン学科は、建築、インテリア、ランドスケープのデザインを勉強する学科です。インテリアは家具など身近にあるもので、その外側にあるのは建築、その外に広がる庭や風景はランドスケープになります。つまり人間が生活するすべての環境をデザインという視点で考えます。
 その対象は、家なら一人から、街なら何万、何十万人で、人々を喜ばせ、幸せにするものを作るのが、環境デザインの仕事です。部屋の模様替えに興味のある人は、もう環境デザインの道に一歩入っています。ぜひ一緒に学びましょう。

大学アイコン
岸本 章 先生がいらっしゃる
多摩美術大学に関心を持ったら

 1935年の創立以来「自由と意力」を理念とし、社会に数多くの優れた芸術家やデザイナーや教員を輩出し続ける、日本を代表する美術大学のひとつです。大学院と美術学部のある八王子キャンパスでは約4,000人の学生が学び、作品制作する上で理想的な施設・設備を整えています。