一覧へ戻る

口の細胞を使って損傷靭帯を再生させよう

夢ナビライブ2018仙台会場にて収録

1分動画1

IPS細胞の意外な欠点

1分動画2

歯を動かす時に血管も作る

1分動画3

口腔研究が進化していくと

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 iPS細胞の仕組みを理解することができ、先生の研究も分かりやすく知ることができました。歯学への興味がより感じられるきっかけでした。
高校2年生 歯学についてあまり興味がなかったけど、講義を聞いておもしろそうだと思いました。
高校2年生 今まで興味がなかった分野だったが、聴いてみると意外と面白いと思った。
高校1年生 細胞の世界をわかりやすく、そして深く教えていただき、ありがとうございました。とてもわかりやすかったです。
高校1年生 生物の細胞や万能細胞などに興味があったので受講したのですが、あのような細やかな細胞の仕組みを知る機会は初めてだった為、とても面白かったです。
高校2年生 iPS細胞が、神経になった細胞を万能細胞に戻せるという機能を持つことを初めて知りました。先生のおこなっている研究もとてもおもしろいなと思って、歯学に対する関心も高まりました。
その他 体の細胞について詳しく教えてくださり、ありがとうございました。
高校1年生 今後の未来の可能性が大きく広がるような講義をしてくださりありがとうございました。
高校1年生 万能細胞について、簡単な仕組みを知ることができました。
高校1年生 口の中にある幹細胞を増やすことで、体のさまざまな部位に対応できるような細胞をつくることができると分かった。歯科に対する興味が少し湧いた。
高校1年生 iPS細胞など、分かりやすく説明して下さってありがとうございました。理科系は苦手ですが先生の講義は楽しかったです!
高校1年生 「歯学」という分野は、今までは特に関心を持ったことがありませんでしたが、歯の靭帯細胞から血管をつくることができ、それが様々な学問に応用できると知り、関心が高まりました。
高校1年生 難しい研究を分かりやすく説明してくださって、ありがとうございました。
高校1年生 ひざの靭帯を直すのに口の靭帯をつかうという考えがおもしろいと思いました。矯正のしくみも知ることができて、楽しかったです。
高校1年生 歯からスポーツのケガを治すことにつながるのがとてもすごいと思った。
高校1年生 とてもいい学習になった。
高校1年生 少し難しかったけれど、歯科きょうせいの期間を短くできるかもしれないと分かって、研究の力はすごいと思った。
高校2年生 生物はとってないけれど、DNAなどとても興味深くて、じんたいを治せたらいいなと思いました。
高校1年生 口の中の細胞を使って、靭帯が回復できるかもしれないことに驚きました。歯科についての研究がスポーツ医療にも役立つという見方を変えてみることが大切だとわかりました。
高校2年生 歯科矯正治療をスムーズに進められるように口の靭帯から幹細胞を作り出すことでスポーツ医療に応用できる点がすごいと思いました。
高校1年生 iPS細胞によって治療することによる、メリットや、デメリット、また、iPS細胞と他の細胞の違いなど、とても分かりやすかったです。
高校3年生 再生医療と歯が関係しているということを初めて知りました。私の住んでいる岩手で、このような研究がされていて、とても興味がわきました。
高校2年生 1つの物事をいろいろな角度から見て、その研究をどこか違う所に生かせないかを考えて協力していくことが大切だと知った。
高校1年生 講義の内容がとても興味深く、歯学、医療のことへの関心がとても高まった。
高校1年生 口の細胞を使ってじんたいを作ることができるようになると知って、けがをしたスポーツ選手ももう一度できるというのがすごいと思いました。
高校1年生 最新の研究について知ることができて、とても良かった。
高校2年生 歯のきょうせいが1日で終わる可能性があるときいて、とても興味がわきました。
高校2年生 靭帯損傷も矯正も経験ずみなのですごくタメになりました。手術からの1年はほんとに辛いので、いい治療法をはやくみつけてください!!
高校2年生 固定概念を持たずに様々な角度から物事を見ることが重要だと知った。内容自体は難しかったが、説明が分かり易かった。
高校1年生 口の中の細胞は、未知の世界で、知らないことばかりでした。プリントを用い、図で分かりやすく説明して下さりありがとうございました。
高校1年生 自分がやりたいと思って研究したものが、他の分野に生かされたことは、とても素晴らしいことだと思いました。来年も先生の講義を受けたいです。
高校2年生 IPS細胞や遺伝子のことを詳しく教えてもらい、新たなな発見があって面白かった。先生の今やっている研究への熱意が伝わってきて素敵だった。
高校1年生 とても分かりやすい説明で、これからの進路選択に役に立ちました。今日はありがとうございました。
高校1年生 iPS細胞の発見によって得られる利益が私たちにとってとても役に立つことが分かった。今まで成し得なかったことがiPS細胞によって可能になることはすごいことであると感じた。
高校2年生 歯科治療がスポーツ医学につながるのは意外で、研究って楽しそうだと思いました。
高校1年生 一年生でもよく分かるもので自分の興味の幅が広がったもっと自分の将来で他のことにも役立てるものを探していきたいと思った。
高校1年生 授業で学んだ内容をふまえた講義は、学んだことが応用できているようで楽しかったです。また、講義後の質問にも分かりやすく、まめちしきを含ませて答えて頂き、うれしかったです。
高校1年生 簡単に説明して頂いたけどとても難しいことなんだろうなと思った。
高校1年生 少し難しい話もあったけど歯科のきょうせいについての研究結果などをくわしく教えてもらうことができたので良かったです。
高校2年生 iPS細胞が何をどうのようにするものかははっきり分かったのと、歯の靭帯から細胞をとって、血管をつくるといのがすごく実用的ですばらしい研究だと思いました。
高校1年生 少し難しい内容でしたが、よく理解することができました。
高校1年生 IPS細胞について名前などしか知らなかったが、今回学んで理解することができて、万能な細胞だと思った。歯や他の体の部位にも応用が利くのがすごいと感じた。
高校2年生 現在学校で学習している内容をふまえた講義でとてもおもしろかったです。また、知らないこともたくさんあり、新しい発見をすることができよかったです。
高校2年生 とても分かりやすく説明してもらい、よく理解することができました不可能のことが可能になる、とてもすばらしい内容でした。
高校1年生 とってもわかりやすかったです!幹細胞について、すごく興味があります!自分でも、いろいろしらべてみたいと思いました。
高校1年生 歯の治療のために行われてきた研究がスポース選手の靭帯損傷を治す治療につながったということにとても驚きました。
高校2年生 口の細胞が他の臓器を作れるようになることで病気の治療に新たな方法がうまれ期待が高まるなと思いました。
高校1年生 口の中の細胞はむずかしいし、知らないことばかりでした。プリントを用い、わかりやすく説明していただきありがとうございました。
高校2年生 歯学なのに、靭帯も再生できるのってすごい医療だなーと思いました。もっとくわしく知りたくなりました。
高校1年生 難しい用語がおおくて、難しかったです。ほねがとけて、ほねがまたできる説明がおもしろかったです。
高校1年生 口の細胞を使って他の細胞へ分化させるしくみについて理解できた。
高校2年生 ノーベル賞で話題になっていたiPS細胞は、免疫的に拒絶されることが無いという利点に加えて、ガン化の可能性があるという問題点があることがわかった。歯学に興味が、湧いた。
高校1年生 口に関しての研究が、スポーツ医学にも応用できる。どんな医療でも、応用しだいで、様々なことにつかえる。すべての医療につながっている。
高校1年生 「研究に垣根はない」という言葉に感動しました。
高校2年生 自分はけっこう靱帯切っているので、こんな再建方法ができたら、すごく楽に競技復キできるのかなーっておもった。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 歯槽膿漏 、
  • スポーツ 、
  • 靱帯(じんたい) 、
  • 歯 、
  • 細胞 、
  • アスリート 、
  • 治療 、
  • 遺伝子 、
  • 血液

講義No.g004104

口の中の研究が、スポーツ選手の選手生命を伸ばす!?

歯槽膿漏の治癒が、じん帯再生につながる

 あなたは口の中にも「じん帯」が存在することを知っていますか? じん帯と言えばスポーツ選手の肘や膝などのケガでよく耳にし、損傷すると選手生命を左右するほどの影響を及ぼす、いわばアスリートの生命線です。じん帯は完全には再生しない組織です。その理由は周辺に血管があまり通っておらず、回復に必要な栄養が行き届かないためです。
 ほとんど知られていませんが、あごの骨と歯の間にも歯周じん帯というものが存在し、クッションのような役目を果たしています。この歯周じん帯の損傷により引き起こされるのが歯槽膿漏です。今この歯槽膿漏の、言い換えればじん帯の治癒についての研究が進められています。

血液を行き渡らせることで自然治癒を促進

 じん帯の治癒で最も大事なのは、組織のまわりに血液を巡らせることです。血液は治癒に必要な栄養を供給したり、その組織を作ってくれる細胞を損傷した部位に届けたりなど、非常に重要な役割を担っています。またさまざまな組織の源となる未分化細胞が体のいたるところに眠っていることも徐々に判明してきました。それがどのような条件下で血管をはじめとする治癒に必要な組織になるか、あるいはどうすればその細胞の数が増加するかなど、現在遺伝子レベルでの研究が進んでいます。

将来は、じん帯移植手術が不要になる?

 ヒトの遺伝子は約2~3万個あり、その中から、おそらく数個というじん帯に血液を巡らす遺伝子を見つける調査が現在も進められていますが、言うまでもなく一朝一夕に成果を挙げられるものではありません。しかし、この調査が進めば、現在のじん帯損傷の対処法である移植手術が将来は不要になる可能性があります。
 口の中の研究が進むことでじん帯の治癒が可能になり、その治療法を活用することで選手生命が長くなる日はそう遠くないのかもしれません。口の中とアスリートの選手生命、一見まったく関係ないようで、実は密接な関わりがあるのです。

参考資料
1:お口の中のじん帯細胞が血管をつくる様子
この学問が向いているかも 歯学、再生医学

岩手医科大学
歯学部 歯学科 教授
石崎 明 先生

メッセージ

 「なぜだろう?」と感じたことや、興味が湧いたことはとことん調べてみてください。私へのメールなどでの質問も大歓迎ですし、直接話をするなどして、自分ができる限りの手助けをしたいと思っています。大事なのはいろいろな方向性を模索してみることです。高校生くらいの年代では本当に自分のやりたいことがわからない場合もあると思いますが、理系・文系を問わず、全体を見渡すことであなた自身が進みたい道が見えてくるのではないでしょうか。

大学アイコン
石崎 明 先生がいらっしゃる
岩手医科大学に関心を持ったら

 明治30(1897)年の私立岩手医学講習所を前身とし、以来120年以上「医療人たる前に誠の人間たれ」を建学の精神として、医師7,000余名、歯科医師3,000余名、薬剤師600余命を全国に送り出してきました。2017年の看護学部開設に伴い、医・歯・薬・看護学部の4学部が同一キャンパスに揃う医療系総合大学とし、学部・講座の垣根を越えた密接な連携による教育・研究を行っています。チーム医療教育の強化により、「病気を診るのではなく、『人』を診ることのできる」深い人間性を備えた医療人の育成を目指します。