一覧へ戻る

「大好きな動物のため」にできることを

夢ナビライブ2018東京会場にて収録

1分動画1

犬はなぜ吠える?

1分動画2

分かりづらい猫のSOSに気づこう

1分動画3

動物の異変に気づいて私たちができること

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 動物の体の事や、びょうきになった時のみ分け方などたくさんの事を学べてよかったです。
高校1年生 私は動物が大好きで、動物のためにできることというテーマにとても興味をもってので選びました。私も犬を飼っているので犬の表情などを見て生活しようと思いました!!
高校1年生 今回の講義でより動物への関心が高まった。そして動物のために理解しなければいけないことがたくさんあってとてもわかりやすかった。
高校2年生 動物のために何ができるのかを改めて考えてみようと思いました。
高校2年生 今回、いろんな、動物の感情のとらえ方や、種類について、知ることが、できていろいろ楽しかったです。(次回が、あれば、また、見てみたいと思います。)
高校1年生 私も、小さいころからずっと動物が好きで、共感できることが多くて、すごく楽しかったです。
高校2年生 とてもわかりやすく、犬や猫動物のことを教てくださり、より関心が高まりました。
高校1年生 物物の気持ちは人間にかんたんに理解できるものじゃないけどしっかり考えてあげれば分かるんだと思いました。
高校1年生 動物について多くの事を知ることができたとともに人間とのつながりもしれた。
高校2年生 とてもおもしろくためになる話でした。動物に対しての興味が前より深くなりました。ありがとうございました。
高校2年生 動物の気持ちしっかりと考えてあげようと改めて思いました。わんちゃんの表情をしっかり見る!!
高校1年生 動物が好きなので色んなことを知れて良かった。
高校1年生 動物の行動や表情には意味があり、それらを理解してあげることで、動物たちの治療に大きな影響があるんだと実感しました。
高校1年生 動物について深く学ぶことができました。今後から、行動について見ていこうと思います。
高校2年生 獣医になりたいと思ったきっかけや年齢が先生とほとんど同じで、しかも今結構大変な時期なので、私もここが分かれ道だと思って、絶対獣医になれるように頑張ります!!
高校1年生 私の家では猫をかっています。そのため、自分が大好きな動物へどう接っしたらいいのかが知れてよかったです。ただかわいいと思っているだけでなく、行動に移せる人が本当のかわいがることなのだと知れてよかったです。
高校1年生 すごくわかりやすいお話しで、元々あった興味・感心がさらに高まりました。ありがとうこざいました。
高校1年生 大好きな動物のために、まず動物のことをよく知ってから自分にできることは何か、考えていきたいと思います。
高校2年生 今まで知らなかったことを知れて、良い機会になりました。ありがとうございました。
高校2年生 犬がどういった時にストレスを感じているかについて教えていただきありがとうございました。自分は犬を飼っているのでいろいろと気にしてせわしていきたいと思います。
高校2年生 私は動物が大好きなのでくわしくきけて良かったです。犬とかは苦手な人とは目を合わせられず、ストレスがたまってしまうということがびっくりした。
高校2年生 イラストやグラフを使ったわかりやすい講義をありがとうございました。動物に関わるときに必要なことを理解できました。
高校1年生 私も犬を飼っていて、最近よく吠えてしまうのに困っていました。そのため、よく叱っていました。しかし、ただ叱るだけなのはダメだと感じました。ちゃんと表情をみて、その子のことを考えていきます。
高校2年生 動物に特に興味はありませんでしたが、おもしろく興味が出てきました。動物の気持ちを見て考えたりしてみようと思います。
高校1年生 行動と表情をよくみて感情を読み取ろうっていうことを学べました。
高校2年生 動物への関心が、より深まった犬の吠える原因とか、表現の変化とか知れてよかった。
高校1年生 先生の愛犬がすごくかわいい。動物を大切にしたいと思った。
高校1年生 大好きな動物のためにできることがわかったのでよかったです。今まで、吠える犬をうっとうしいと思っていたけれど、その犬のもともとの役割だからうっとうしいと思ってはいけないと気づけました。ありがとうございました。
高校1年生 自分の猫にもダイエットをさせてみようと思いました。
高校2年生 パワポがわかりやすく、話しも聞きとりやすく、おもしろかった。
高校1年生 大好きな動物にどのようなことをすればいいかわかって良かったです。
高校2年生 素人でもわかるようなとてもわかりやすい説明でためになりました。動物のために出来ることをもっとくわしく知りたいと思いました。
高校1年生 私は、大型犬4匹と猫一匹を飼っていたのですが、以外と知らないことが多かったので知れてよかったです。ありがとうございました。
高校1年生 犬とねこにただかわいいというだけじゃダメだとわかった。すごく面白かった。
高校2年生 とても分かりやすい説明でした。動物をこれからも大切にしたいです。
高校1年生 とても興味がわきました。ありがとうございました。
高校1年生 犬が大好きな先生だからこそこう言う風に話せるわけで今回佐野先生のお話を聞いて犬の事についてたくさん学べました良かったです。
高校2年生 犬や猫の感情のサインやケガや病気の動物についてを知ることができました。
高校2年生 動物が好きで動物に関わる仕事に就きたいと考えています。行動から理解できるようにしたいと思いました。
高校1年生 動物の行動や、体の動し方で動物の考えている事がわかるなんてすごいと思いました。
高校1年生 動物のことについてたくさん知れたのでよかったです。
高校2年生 本日はきちょうな話をしてくださりありがとうございました。私はドッグトレーナーになりたく、犬の感情をどうよみとればいいのか学びたいと思います。
高校1年生 最初から一番の夢ではあったけれど、より叶えたいと思った。動物行動学を研究したいりするのもおもしろそう!(イヌ・ネコの話)
高校2年生 少しじゅういになりたいと思うようになった。
高校2年生 すごくわかりやすく、学ぶことが多かったです。
高校2年生 私は家で犬を飼っているので、「大好きな動物のため」にできることの講義を聞いてこんな関わり方があるんだなとたくさん学べました。
高校1年生 動物の気持ち1つ1つが体、表情にでているんだなと思った。
高校1年生 犬や猫の表情や、態度が、今どう思い感じているか理解できるのだと知りました。受講時、資料があったのでとてもわかりやすかったです。
高校2年生 大好きな動物のために今するべきことを考えさせられる授業でした。たのしかったです。ありがとうございました。
高校2年生 動物の表情や動きで感情を察してあげることが大事だとわかった。
高校1年生 先生の講義を聞いて、今かっているねこのためになにかしらしてあげたいなと思いました。
高校2年生 動物たちの行動から私たちが動物の気持ちを理解していくことが大切だと分かった。
高校1年生 動物が大好きなのでとても楽しく聞けました。
高校1年生 犬や猫の本来の「能力」など、犬・猫の表情などでの感情の表し方などがきけて本当によかったです。
高校1年生 動物が感じていること、考えていることがとても分かった講義でした。動物の気持ち、原因をしっかりと考えてあげることが大切だと思いました。
高校1年生 犬や猫の感情の出し方で表し方によって、全然違うことが分かりました。家の中にいたほうが寿命が長いことにびっくりしました。
高校2年生 動物をよりよく理解するためのコツや、技術を知ることができてよかった。とても面白ろかった!!分かりやすかった!!
高校2年生 動物についての理解が深まったので、講義を受けてみて良かったなと思いました。
高校1年生 動物の行動の意味について分かった。
高校2年生 犬や猫にもリハビリが必要なんだと初めて知りました。自分もなにか動物のためにできることを、今からでもやっていきたいです。
高校1年生 動物の表情を見たりなど、色々な説明をしていただき、とても分かりやすかったです。
高校2年生 動物の気持ちによりそって育てることの大切さがわかりました。
高校1年生 動物の体のこと、病気などのことが今までよりも知ることができました。
高校1年生 犬について色々知ることが出事たので良かったです。また、犬と猫は似ている様で全く表現の仕方が異なる動物だと分かりました。家に帰ったら犬の様子を観察したいです。
高校2年生 内容がこくて、高2の自分でも理解できたので良かったです。動物への感心が高まりました。
高校1年生 わかりやすかったです。家の外に犬や猫をだした方が良いのか家の中にいさした方がいいのか脳んだ。
高校2年生 とてもおもしろかったです。またききたいです。私も動物を飼っているので考えたいと思いました。
高校1年生 動物の行動の意味を考えながら、動物と関わりたいと思いました。
高校2年生 動物の気持ちを表情、しせいで見分けるのは動物とすごしていく中でとても大切だと思いました。
高校1年生 大好きな動物のためになにをすればいいのかよくかわった。
高校1年生 分かりやすく、ためになりました。ありがとうございました。
高校1年生 動物には、やはり感情があって、人間の命と変わりないのだと改めて感じた。
高校2年生 知らなかったことが沢山あったので、とても勉強になりました。自ら勉強してもっと色々な知識を入れたいと思います。
高校2年生 言葉を話せない動物たちの行動や表情を私たち人間が気づいてあげないといけないのだなとあらためて思いました。
高校2年生 茨城県の保健所の殺処分率が1番高いので対策してほしい。
高校1年生 先生のおはなしをきいて、もっと動物にきょうみがわきました。
高校2年生 動物を飼っているので私も気を配っていきたいと思います。
高校2年生 動物への関心がとても高まりました。
高校1年生 動物さいこうでした。
高校2年生 動物が可愛いかった。
高校1年生 もともと犬や猫の知識はたくさん持っていたけれども、講義ライブでほかにもさまざまなことを知ることができました。
高校1年生 写真や動画が多くて分かりやすかったです!!ありがとうございました。
高校1年生 動物の習性についてよくわかりました!!これから動物を飼ってみたいので参考にします。ありがとうございました!!
高校1年生 今日の講義で、動物のことが前よりも深く知れたので良かったです。
高校1年生 動物への関心が深められました。将来につなげようと思います。
高校2年生 動物の感情は、しっぽや耳、ひげを見ることで理解できることが面白と思いました。
高校2年生 今まで動物の声が聞こえない点、動物の表情により感情がよみとれる点にすごい興味をもちました。
高校2年生 先生が動物大好きなことがわかりました。私も動物(大好きな)のために、できることを考えたいと思いました。
高校2年生 態度や様子で動物の気持ちを理解することは分かっていましたが、人間だけでなく、動物(犬)の寿命も伸びていることに驚きました。
高校2年生 猫を飼っているので、とても勉強になりました。
高校2年生 命と共に生きていくことの責任や深さを改めて知ることができました。
高校2年生 犬や猫などの例をあげての説明はわかりやすく、動物の行動や状態から気持ちや健康状態を理解するのはとてもおもしろいなと思った。
高校1年生 酪農学園には元から興味があった。講義を聞いてより関心が高まった。
高校1年生 動物たちのために、動物たちのことをよく理解して接していきたいなと思いました。
高校2年生 大好きな動物のために何ができるか考えていきたいと思いました。とてもためになりました。
高校1年生 本日はありがとうございました。犬と猫のことについてよく理解できました。
高校2年生 動物への大切さがとても分かりやすく教えてくれて、犬へのストレスなども教えてくれてありがとうございました。
高校1年生 動物が好きな私にとってとても勉強になり、とてもおもしろかったです。家で飼っている愛犬2匹の行動の謎がとけました。ありがとうございました。
高校2年生 将来動物関係の仕事につけるようにがんばります。
高校2年生 犬やネコの行動を理解できました。実際犬を飼っているのでこれからは学んだところ生かしたいです。
高校1年生 動物がどのような環境が適切か分かりました。また、犬についてよくお話をききましたが、飼ったときにやく立てたいと思います。
高校2年生 動物のために何ができるのかをよく考えて行動することが大切だということがわかった。
高校2年生 分かりやすく説明してくれたため、内容がよく分かって良かったです。
高校1年生 佐野先生の説明が分かりやすく良かった。私は犬を飼っているので、このような話を聞くことができてとても嬉しく思った。
高校2年生 受付が遅くなり途中からの参加だったのですが、わかりやすかったです。ありがとうございました。
高校1年生 犬、猫へのつき合い方が改まりました。飼う機会があれば、動物たちの表現を見てみようと思いました。
高校2年生 動物の示す行動の理由とか「大好きな動物のためにできること」というのがわかりました。
高校1年生 私は動物が好きで、将来は動物係の仕事に就きたいと思っています。言葉を話せない動物の心を、表情などから読みとるコツを学ぶことができてよかったです。
高校2年生 いつも何気なく見ていたペットの見る目がかわりました。
高校1年生 とても分かりやすかったです。自分のやりたい事を考えることができました。
高校1年生 先生の話しを聞いて動物が本当に好きなんだなー。と思いました。
高校2年生 分かりやすいよう1つ1つ丁寧に説明して下さった印象です。動物にもっと興味をもてるようになった気がします。
高校1年生 獣医になりたかったのですが、今は進路に悩んでいます。でも先生の講義をきいてもう一度しっかり考えようと思えました。
高校1年生 動物(犬)をかっていて、ほえることに対して今まではどうしたらいいか分からず怒っていたけれど、たいしょ法について知ることができた。
高校2年生 動物への見方がわかりました。
高校1年生 私は猫を飼っていますが、猫の行動を意識することをしていなかったので、今日から注意深く見てみます。外に出すのも猫のためにも控えます。
高校1年生 自分も犬を飼っているので、これから何をどうしたら犬の気持ちが理解できるのかよくわかりました。話が丁寧でわかりやすく、とてもためになりました。
高校2年生 とてもわかりやすい講義をありがとうございます。
高校2年生 動物についてさらに知りたいと思った。
高校2年生 動物のために自分ができることをやっていきたいと思いました。
高校1年生 自分も猫を飼っているのでこれからは、猫の行動などを今までよりも、よく見て、体調の変化に気づいてあげようと思いました。
高校2年生 写真がたくさんあってわかりやすかった。
高校1年生 飼育環境の変化に気づくことはペットにとって、とても大切なことだと思いました。
高校2年生 うるさいから、とおやつをあげることは無駄吠えをすることにつながってしまったり、目をじっと見るのはストレスにつながるということを新しく知ることができた。
高校1年生 動物への関心をさらに高めることができるようになりました。そして大切にしたいと思いました。
高校1年生 大好きな動物のためにできるということを聞いて、犬の表情を見れば気持ちを理解できると聞いたので、犬を飼っているので気持ちを理解できるようにしたいです。
高校1年生 犬や猫のことが、表情や、しっぽの降り方で分かったり、犬の歩き方などで、背骨が痛くなったことを示すということが分かり、飼っているペットにもこれから気をつけたいと思います。
高校2年生 ・今、どこの大学に行くかは決まっていませんが、この大学も視野入れていて、今回このような講義をきけて、本定によかったです。またお話をききたいです。
高校1年生 動物の命のこととかわかった。
高校1年生 猫を飼っています。ですが今、肺の細胞がつながり大きくなりすぎで、呼吸するのが困難な状態です。できること考えてみたいです。
高校1年生 動物の気持ちを理解していてすごいと思った。言葉が発せられないぶん行動で示していることがわかった。
高校2年生 動物への配慮の仕方がよりよくわかりました。ありがとうございました。
高校1年生 この講義をきいて、私はもともと看護師になろうと思っていたけど獣医もいいなと思った。動物も人と同じ高齢化しているんだなって思った。
高校1年生 犬や猫の性態がわかり、今よりもっと知りたいなと思いました。
高校2年生 私も動物が大好きで事宅に猫が2匹います。1匹はほとんど寝ていてもう1匹は好奇心旺盛なのでその子の態度を見て対応していきたいと思います。
高校2年生 とても面白く、役に立ちそうだと思いました。
高校2年生 犬とネコのお話をしていて自分もネコをかっているので聞いていて楽しかったです。ありがとうございました。
高校2年生 動物への愛がとてもかんじられました。
高校1年生 自分が飼っている動物の行動をきちんと見て少しでも気持ちを理解できるようにしたいと思いました。
高校2年生 私も犬を飼っているので今回のを生かして気持ちを読みとってあげたいなと思いました。
高校2年生 動物の、体の変化や行動を見て、気持ちを考えてあげることが大切だということがよくわかりました。
高校2年生 言葉が通じない動物のために、自分たちに何が出来るのかが分かり、良かったです。
高校2年生 動物のことについてよく分かりました。動物の気持ちをもっと理解しようと思います。
高校1年生 佐野先生のせつめいがすごくわかりやすく、今まで以上に動物に関心をもちました。
高校1年生 内容がスラスラ入ってきました!わかりやすかったです。さらに興味がでました。
高校1年生 私は動物が大好きで、犬も2匹かっていて、時々この子はなに言いたがっているのかわからない時があったのですがこのスピーチで理解できました。
高校1年生 自分も犬をかっているので、感情の判別などの話は興味深かったです。また、動物のためにできることがよく分かりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 飼い主 、
  • 介護 、
  • 高齢化 、
  • 痛み 、
  • 動物行動学 、
  • ペット 、
  • 猫 、
  • 犬 、
  • 動物 、
  • ストレス

講義No.g007390

動物の「行動」から、痛みやストレスを探る

動物は「行動」で示す

 動物の行動を観察し、生態などを研究する学問が動物行動学です。その中には、痛みやストレスについて研究する分野も含まれます。昔は動物は痛みに強いと思われていましたが、今では人間と同じように痛みやストレスを感じるとされています。動物は「人間の」言葉を話せないので、痛みやストレスの評価において重要になるのが「行動」です。言葉で表現できない分、動物は感じる異常を行動で表すからです。例えば、犬や馬などは足の関節に異常(痛み)があると歩き方に異常を示すようになります。また動きの異常だけでなく、横になる時間が増える、粗相(便を漏らすこと)が増える、食事量が減るなど、普段とは異なる行動から、病気やケガ、痛みやストレスを推測するのです。

問題となりつつあるペットの高齢化

 動物の痛みやストレスに関する行動データはまだ少なく、客観的数値がとれ始めた段階です。動物はここが痛いなどとは教えてくれませんから、行動の変化をデータとして蓄積し、病気やストレスなどと関連づけていく地道な検証が必要です。動物の痛みやストレスの解明は、ペットブームとともに必要性が高まりました。以前は外飼いだった犬や猫も今は室内飼いが増え、平均寿命も延びています。実は犬や猫の飼育頭数は2003年をピークに減っているのですが、高齢化が進み犬や猫にも徘徊や夜泣き、糖尿病や肝臓疾患などが増え、人間同様に介護が必要になってきました。

介護や緩和ケアなども重要に

 難しいのは、介護が必要な動物のケアをどうするかです。人間は治療法などを自分で選べますが、動物の場合には、治癒治療をするか、緩和ケアにするかを決めるのは飼い主です。だからこそ動物が感じる痛みやストレスを知り、それを飼い主に客観的に伝えることが必要で、これが介護や治療を行う上での指標となるのです。ペットのシニアケア、介護の問題は今後ますます増えていくでしょう。それだけにもの言わぬ動物たちの行動から彼らの感じていることを分析し理解できるよう、研究を進めていく必要があるのです。

この学問が向いているかも 獣医学、動物看護

酪農学園大学
獣医学群 獣医保健看護学類 准教授
佐野 忠士 先生

メッセージ

 私は小学生の頃から獣医になりたいと思い、ずっとそれをめざして勉強してきました。早くから目標が決まっていたので、苦しいときもその目標達成のための努力だと思いながら勉強してきました。高校までは競争のための勉強で苦しんだこともありましたが、大学での勉学は苦痛ではありませんでした。学びの一つひとつが獣医になるための知識、動物たちの役に立つための勉強だと実感できたからです。ぜひ目標・夢の実現のために大学を選び楽さ・辛さの両方を感じながら、自分の目標に向かって学んでほしいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 小さい頃から生き物が好きで、小学校のときに学校で飼っていたウサギがケガをして病院に行ったときに「あ、動物のお医者さんがいるんだ」と気づき、獣医になりたいと思いました。ある意味早くから目標が決まり、1本道でその後の勉強や進学を絞れたのはよかったと思っています。途中で不安になったこともありましたが、今が獣医になれるかなれないかの分かれ道だと考え、自分が勉強することがやがて動物に役立つこととして還元できると思いながら進みました。好きな分しんどいなと思う1本道でしたが、今も毎日が勉強だと思っています。

大学アイコン
佐野 忠士 先生がいらっしゃる
酪農学園大学に関心を持ったら

 北海道の政治・経済の中心都市札幌から快速電車で10分、本学はそこに132haの広大なキャンパスを構えています。世界の人口が増幅を続ける中、40%前後の我が国の食料自給率は、今後ますます問題となるのは確実です。そうした環境下にあって、大地を健やかに育て、健康な食物を育み、それを食して健やかな人が育つ。こうした「循環と共生」をテーマに掲げながら、学生一人ひとりの個性や能力を最大限に引き出せるような教育を実践することを使命と考えています。