一覧へ戻る

未知の微生物を探る

夢ナビライブ2017名古屋会場にて収録

1分動画1

微生物は目に見える?

1分動画2

私たちの身体は微生物だらけ!?

1分動画3

講義を視聴する(1分 その3)

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 とてもわかりやすく、非常に興味深かった。薬学部へ行きたい気持ちがさらに大きくなった。
高校1年生 未知のものを探る楽しさや、それが人の役に立つことのうれしさなどが伝わってとても興味がもててよかった。
高校1年生 薬学はまったく興味がなかったのですが話をきいてみて、自分で細菌を発見したらどんな気持ちかを考えると、とてもわくわくしました。
高校2年生 「薬学部」という学問は薬をつくるために研究するというイメージが強かったのですが、さまざまな菌などの生物をも研究しているということに驚きました。
高校1年生 とっても面白かったです。
高校1年生 とても内容がわかりやすく、楽しみながら授業を受けることができました。
高校3年生 とても難しい話でしたが、かなりわかりやすかったです。微生物はけっこう興味のある分野だったので、とても楽しく聞けました。
高校1年生 富田先生は、微生物の新種について研究していらして、新しく発見したことを論文で発表する等、世界にこうけんする素晴らしい仕事をしていらっしゃると分かりました。
高校1年生 はじめは、あまりおもしろくなさそうだと思っていたけど思っていたよりおもしろかった。
高校2年生 ものすごくよくわかりました。この学問についてもっとしりたいとおもいました。
高校1年生 一言一言がとても丁寧でわかりやすかったです。
高校1年生 言葉がわかりやすくてよかったです。最近学校で教えてもらったことに近かったのでよくわかってワクワクしました。
高校1年生 私たちのまわりにはおおくの微生物がいて富田先生の多くの実験に興味がわきました。
高校1年生 自分も、自分で新しい菌を見つけて、自分でその菌を命名してみたいと思った。
高校2年生 手にいる微生物の話が、おもしろかったです。
高校1年生 声がハキハキとしていて聞きとりやすく、とてもわかりやすくて楽しかったです。図も多くて、見やすかったです。
高校1年生 先生のおかげで薬学にかんするきょうみがふかまった。新しいびせいぶつに名前をつけたいです。
高校1年生 同じ薬学でもいろいろな分野がありおもしろかった。
高校1年生 微生物について詳しい説明ありがとうございます。自分が知らないことがいっぱいあって、おもしろかったです。
高校2年生 微生物の研切もいいな、と思いました。薬学でも、微生物について詳しく探究していけるのを聞いて、研究してみたいと思いました。
高校2年生 薬学部に興味を持ち始めていたので、とても参考になる講義でした。更に関心が高まり、非常に満足です。
高校2年生 とてもためになりました。
高校2年生 ・微生物に興味がわいた。・薬学を学ぶにも、数学・物理学・生物学など、いろんな知識が必要なんだなと思った。見つけた微生物に、自分で名を付けれるのは魅力的。
高校2年生 微生物、というものを今まで気にしたことがありませんでしたが、今後知らべてみようと思いました。
高校2年生 小さな微生物に大きな力があるのはなぜだろうという考えの中でたくさんのことを知ることができてよかったです。ありがとうございました。
高校2年生 微生物について理解することができ、薬学について感心も高まった。
高校2年生 微生物についていろいろわかった。
高校3年生 菌など詳しい微生物を身近に知れたのでよかったです。
高校2年生 微生物について関心が高まりました。
高校2年生 細菌、微生物にさまざまな形があることを知りました。
高校1年生 けっこうおもしろかった。
高校2年生 とても興味がわき、もっと知りたいと思いました。
高校2年生 菌についての話が面白かった。
高校2年生 微生物をもちいて、個人を特定するという考えはとてもおもしろいと感じました。
高校2年生 微生物についてよくわかりました。
高校1年生 小さい頃の身近な疑問から、自分のやりたいことがみつかるのはすごいことだと思った。
高校1年生 徴生物についてよくわかりました。
高校2年生 薬学部の先生だったのでとてもきょうみがわきました。
高校1年生 細菌分類学にはこれからもたくさん研究できるものがあるのは楽しそう。薬学への興味があったので参考になった。
高校2年生 とても興味深い講義でした。ありがとうございました。
高校1年生 微生物のしくみとか色々しれて、すごいなと思いました。
高校2年生 微生物のいろいろな可能性について知れてよかったです。少し微生物に興味がわきました。
高校2年生 未知の細菌を発生するのは大変だけど感染症などに苦しむ人々の大きな希望だと思いました。
高校1年生 一概に薬学といっても様々なものがあり、どれも素敵だなと感じました。
高校2年生 微生物はいろんな環境を好んでいるのが知れたし、たくさんの場所で生きているのが知れてよかった。
高校2年生 新しい生物がある。
高校2年生 微生物は個性豊かなんだなと思いました。
高校2年生 微生物について初めて知ることがありました。
高校1年生 菌を見ているのが楽しかったです。私も微生物を見ているのが大好きです。
高校1年生 微生物はまだ沢山発見されているということが分かった。
高校2年生 薬学部で調剤以外に研究もできることがわかりました。
高校1年生 さまざま菌類がいることが分かった。とても小さいことが分かった。小さいのにすごい力をもっていることがよく分かった。
高校1年生 微生物と薬の関わりを知れた。
高校1年生 微生物から様々な薬ができていることに驚いた。
高校2年生 微生物はすごいことが分かった。
高校2年生 微生物はとても小さいですが、たくさん種類があって、それが人にとって良いものも悪いものもあると分かりました。
高校2年生 地球上にはたくさんの微生物がいて、10万種同定されているとしても、それはほんな一握りしかいないことがわかりました。
高校2年生 未知の微生物を発見していて、すごいと思った。
高校2年生 感染症が総死亡の1/4をしめているということが一番の驚きでした。ほかにも細菌のことをたくさん説明してくださり、ありがとうございました。
高校2年生 微生物について興味を持つことができました。
高校2年生 びせいぶつの働きについての話をきかせていただきありがとうございました。
高校1年生 微生物についての貴重な話。ありがとうございました。
高校1年生 医療に使われている微生物のことがよく知れてよかったです。便の半分が微生物ということや、ウイルス、真菌、細菌にわかれているなど、初めて知れてよかったです。
高校2年生 微生物という目に見えない生物のことがいままで以上に興味深くなりました。講義も分かりやすかったのでよかったです。
高校1年生 微生物の形や種類にさまざまなものがあることがわかりました。
高校2年生 微生物の働きや関わりがよく分かった。また、発見方法も知った。
高校2年生 生物学も学べるようで、興味がわきました。
高校2年生 未知の菌の研究はとても楽しそうだと思いました。
高校1年生 微生物について、今までそんなに考えたことはなかったけれど、これからに役立つことがよくわかったので調べてみようと思います!
高校1年生 カビの培養の写真を見てすごいなー、と思いました。 微生物を見つけて名前をつけて培養するところまでやってみたいと思いました。 ありがとうございました。
高校1年生 今まで、薬学と微生物は、まったく別のものと思っていました。しかし、講義を聞いてとてもその研究は大切だと分かりました。
高校1年生 高校生でも分かりやすい説明で、自分のためになったと思います。また、DNAなどのいま習っている所も教えてくれたのが授業予習になりました。
高校1年生 生物の中でも微生物のことについて話を聞いて微生物についてこまかく話を聞くことができとてもよかった。
高校1年生 手のひらなどについている菌が人によって違っていて、手を洗ってもまた同じ菌がつくということは驚きでした。
高校2年生 微生物や細菌について分かりました。
高校1年生 微生物以外のことについても知りたいと思いました。
高校2年生 常時人間の体表、体内に菌がいることがわかった。菌はとても小さいが、人間に良いことも悪いことも影響を及ぼすとわかった。
高校1年生 とても分かりやすかったし、興味がものすごくわいてきました。
高校2年生 薬学からは幅広い分野が学べると分かった。人類はすごい。
高校1年生 世界にはまだ発見されていない生物などがいてとても興味をもちました。
高校1年生 くわしく生物について解説していたのでとてもわかりやすかった。
高校1年生 私は薬学部に興味があったので、今回の講義を聞いてよりいっそう興味が高まりました。
高校1年生 私はもともと生物にとても関心があり、微生物の発見についての講義がきけてよかったです。
高校1年生 りかいがふかまった。
高校1年生 人の体内にも、たくさんの微生物がいることがわかって興味がわきました。
高校2年生 これからも様々な有好な微生物を発見していってください。
高校2年生 微生物についてよく理解できた。
高校2年生 もっと声を張ってくれたらなと思いましたが、説明の内容は良くとてもわかりやすかったと思います。微生物は本当に消えないことに驚きました。
高校2年生 最初の方の説明は理解できましたが、後半はわかりませんでした…。
高校1年生 微生物の考えがより深まりましたが、むずかしかったです。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • 感染症 、
  • DNA(デオキシリボ核酸) 、
  • 培養 、
  • 皮膚 、
  • 血液 、
  • 薬学 、
  • 医療 、
  • 病気 、
  • 細菌・バクテリア 、
  • ウイルス

講義No.g007211

未知の病原性細菌を見つけて、感染症の治療に生かそう!

細菌についてどれだけ知っていますか?

 細菌は肉眼では見ることができない微生物の一種ですが、私たちの肌・口内・胃腸にもいる身近な存在です。よく混同されるウイルスに比べて10~100倍も大きく、形・構造・増殖の仕方なども異なります。ウイルスは動物や人間などほかの細胞に寄生しないと増殖できませんが、細菌は寄生せずに増殖できる特徴があります。
 また細菌は、腸内細菌のように「人間によい影響をおよぼす細菌」「何も影響をおよぼさない細菌」「病気をひきおこす病原性細菌」に分けられ、新種を見つける研究が薬学を含めた医療分野で進められています。

細菌を培養し、解析するのに1年以上も

 新しい細菌を特定するためには、まず患者の血液・皮膚などから採取した菌を培養しなければなりません。細菌は放っておけば死滅・変化するので、研究のために元気な状態に育てて、必要な量を確保する必要があるのです。
 それぞれに合った条件で細菌を培養したら、DNA(遺伝子)・形・細胞壁の構成成分・薬に対する感受性などを調べて、今までになかった種かどうかを解析していきます。新しい細菌を特定するには1年以上かかることもありますが、機器の進化で全遺伝子の解読ができるようになり、未知の病原遺伝子を見つける可能性が高くなりました。

新種の細菌を見つけて、病気の治療に生かす!

 これまでに見つかった新種の細菌を挙げると、2011年にアトピー性皮膚炎の患者から採取されたブランチビウス・サービシス菌があります。このように名前がつけられた細菌は、2015年の時点でおよそ7000種ありますが、毎日新しい細菌が見つかっているので、今後はさらに増えていくことでしょう。
 世界で亡くなる人のおよそ4分の1は、感染症が関係していると言われています。感染症をひきおこす細菌の種類や特徴がもっとわかるようになれば、生物の多様性を解明できるだけではなく、あらゆる病気を治療する手がかりにもなるはずです。

この学問が向いているかも 細菌分類学、微生物学

愛知学院大学
薬学部 医療薬学科 講師
富田 純子 先生

メッセージ

 医療の現場では、各分野の専門家が連携して患者をケアする「チーム医療」が行われています。薬の専門知識と技術を持った、医薬品のスペシャリストである薬剤師も重要なメンバーです。
 薬学部は、さまざまな分野が存在する、とても幅広く魅力的な分野です。あなたが少しでも薬学に関心があるなら、その中からさらに興味が持てる分野が見つかると思いますので、ぜひ一緒に学びましょう。そして、薬剤師や研究者として活躍し、患者や社会に貢献してください。

先生の学問へのきっかけ

 小学生の頃、薬というとても小さな物質がいろいろな病気を治してしまうなんて「スゴイ!」と感動しました。小さな薬が持つ大きな可能性に心ひかれ、薬剤師になりたいと思うようになったのです。そして、高校3年生の時、化学が好きで、薬剤師という国家資格に改めて魅力を感じ、大学では薬学部に進学しました。
 ところがさまざまな講義や実験を体験するうちに、生物系、特に微生物の構造や作用に興味がわくようになりました。現在では、さまざまな細菌を研究し、新しい種類を見つける細菌分類学に面白さとやりがいを感じています。

大学アイコン
富田 純子 先生がいらっしゃる
愛知学院大学に関心を持ったら

 愛知学院大学は、建学以来、時代の要請に応えながら社会に貢献できる人材を育成してきました。130年を超える歴史を通じて受け継がれてきたのは、人間性を重視する仏教精神です。禅の教えをもとに「行学一体」の人格形成に努め、「報恩感謝」の生活のできる社会人を育成することを建学の精神としています。9学部16学科+短期大学部で構成された中部地区有数の規模と伝統を誇る総合大学。日進・楠元・末盛と2014年4月に名古屋都心部に開設した名城公園の4つのキャンパスで12,000人の学生が学修・研究に励んでいます。